自分が出来るかどうか、真剣に考えないのが、プロフェッショナルになるポイント

囲み枠b 前回、前々回と、革製品修理職人の 保科美幸さんのお話をしております。 前回のブログはこちら。 欠乏感を悪者扱いしていないか? 前回のブログでは、保科さんが好きな 仕事を手に入れられるまでには、 1.迷走期 2. … 続きを読む 自分が出来るかどうか、真剣に考えないのが、プロフェッショナルになるポイント