仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 40 view

爆笑問題を売れっ子にした太田光代社長の採用基準

おはようございます。
水野です。
本編の前にお知らせを。
コーチ・講師・コンサルタント・カウンセラーの方
またはその業界を目指している方向けのセミナーです。
自分の商品・サービスの単価が倍増し、かつお客様が今まで以上に
満足し感謝される、品質向上のための具体的手法が学べるセミナー
 ★☆ 水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー☆★
が、11月20日に開催されます。
詳しい内容はこちらをご覧下さい。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/analyze/
 ※ 17日の募集終了まで、あと3日!
さて今日は、爆笑問題が所属する芸能プロダクション社長、
太田光代さんのドキュメントを見て思ったことをお話
したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 株式会社タイタン社長 太田光代
─────
今や、テレビに出ていない日はない、とも言われている
爆笑問題のお二人。
レギュラー番組も数多く、テレビ・ラジオで10本を超え
さらに特番やゲスト出演など、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの
人気であります。
その爆笑問題が所属する芸能事務所が、株式会社タイタン。
大手芸能プロダクションである、太田プロから独立したものの、
仕事を干されてしまい、どうにもならなくなったとき、太田さんの
奥さん、光代さんが一念発起し、爆笑問題を売るために立ち上げた
会社です。
二人の才能は、多くの人が認めていたものの、大手プロとの
あまりいい関係ではないやめ方だけでなく、太田光さんの発言の
過激さも相まって、なかなか売れない時代も長かったようです。
しかし、光代さんの営業努力により、徐々に頭角を表し、
現在では、ご覧の通りの売れっ子に。
今では、爆笑問題以外にも、何人もの芸人を抱えていますが、
とにかく、普通だったら売りにくいだろうと思われる芸人を、
見事に商品化してしまうことでつとに有名だそうです。
特に、現・大阪府知事である橋本知事をタレントとして
所属させたことで(正確には業務提携だそうですが)
その手腕が高く評価されたのだとか。
その太田光代さんに密着取材した、NHKの番組、
「ヒューマンドキュメンタリー『太田光代“爆笑”を売る法則』」
が、先日放映されていました。
光代さんのビジネスの考え方や、爆笑問題のお二人が、光代さんを
信頼している様子など、見ていてなかなか興味深い番組でした。
その中で、芸人さんのオーディション風景が紹介されていました。
タイタンに所属したい芸人さんが、光代さんたちの前でネタ見せを
行っているのですが、その時、インタビュアーが
「光代さんは芸人さんをどうやって選ばれるのですか?」
と質問た時の答えが、なるほど、成功する人の考え方は
違うなあ、と思ったんですよね。
 
 


━━━━━
  ● 爆笑問題を売れっ子にした太田光代社長の採用基準
─────
もしあなたが、光代さんの立場であったら、どんな人を
芸人として採用するでしょうか?
おそらく、かなりの数の人が
「売れそうな人」
と答えるんじゃないかと思うんですよね。
今の時代に受ける人、人気が出そうな人、格好いい人……
理由はいろいろあるでしょうが、とにかく今の世の中の
人に対して、「これは売れる」と思える人を採用すると
思うんですよね。
でも、光代さんの回答は違っていました。彼女は、
「特に何か考えて採用しているというわけではなく……」
と前置きしたうえで、
 ★ 「この人たちに、自分が何ができるか」ということを
   たくさん発想できるかできないかで決まる
と答えたんです。
もちろん、才能などの見極めも行われているのでしょうが、
それ以上に、
 ★ 価値を生み出す責任は自分にある
という意識を持っているからこその発言なんでしょうね。
この言葉を聞いたとき、芸能プロとして売りにくい
芸人さんたちを売り物にしている光代さんの、成功する
考え方に触れたような気がしたのでした。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  人を採用するときに「この人に何ができるか」の思考はあるか?
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
こんなことを言うと、
  会社にとって、売り上げを上げ、収益をもたらすために
  人を採用するのだから、ストレートに言えば、会社を
  もうけさせてくれる人をとる、というのが当たり前の
  考え方だろう。
  なのに、なぜこちら側が「何をしてあげられるか」などと
  考えなければいけないのだ!
と思う人もいるかもしれません。
確かにそれは正しいように思うのですが、その考えは
ともすると
 ■ 採用者に依存した経営体質
になってしまい、非常に危険だと思うんですよね。
もちろん、最低限の能力や才能というものは必要であると
思いますが、そういう人間を採用した後で、売り上げや利益を
生み出す責任者は、経営者自身ですよね。
その責任を果たすならば、その人たちに対して、最高の
パフォーマンスを出して働いてもらうことが、業績アップに
あたって一番のポイントであるとするなら、
 ★ 一番のポテンシャルを引き出すために何をしてやれるか
という発想は、非常に重要な考えだと思うのです。
もちろん、これは、経営者だけではなく、部下を持つ上司に
とっても、大いに参考になる考え方ではないでしょうか。
たいていの場合、人事的権限がない状態で、あてがわれた
部下を活用してビジネスをしなければいけないわけです。
そのとき、彼らのポテンシャルを引き出すためには、やはり
光代さんのように、潜在的な特性や能力を見いだした上で、
「その人たちに何が出来るか」
を考えた方が、部下に不満や文句を言っているよりも、よほど
生産的な仕事が出来ると、私は思うのです。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20101115
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
  DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
      先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ネットで見つけた、かなりびっくりした話。
  285 名前 : 陣太鼓くん(兵庫県)[]     投稿日:2010/11/13(土) 19:15:08.73 ID:oU55eSVz0
  無線教習は、双方向通信だから気をつけろよおまえら。
  おれは一方通行と勘違いして、
   無線「じゃあ発進して」
   おれ「うっせーんだよ糞が。発進してくださいだろ馬鹿」
   無線「つぎ右曲がれ」
   おれ「ぶっころすぞてめー何が曲がれだこんのやろう」
   無線「聞こえてるから。さっきから。ちゃんと返事してな」
   おれ「……あ……はい……わかりました……すいません……」
  おれは貴重な1時間を落とした。
……無線教習って……今はそんなのあるんだ!!
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup