仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 40 view

ママチャリの二人をバイクで轢いた大学生

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
企業研修に取り組まれている独立系講師の方や、企業の
研修担当者の方向けのセミナーを、来年の1月29日に
開催いたします。
受講者に行動変容を起こさせ、成果を生み出す研修を
どのように設計し実施すればいいかをお伝えする、
 ★☆ 選ばれ、リピートされる研修講師養成セミナー ★☆
を、2012年1月29日に開催いたします。
詳しくはこちらへ。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=488
※ 今月中にお申し込みの方は、2万円の特別割引となります。
さて今回は、読者の方から頂いたメールをご紹介しましょう。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● ママチャリの二人をバイクで轢いた大学生
─────
先日、メルマガ読者の宮本ゆかりさん(本名)という方から、
ちょっとショッキングなメールを頂きました。
ちょっとこちらをお読み下さい。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
突然ですが、昨日、交通事故に遭ってしまいました。
朝、いつものようにママチャリの後ろに娘(8歳)を乗せて
駅に送っていく途中のこと。
突然、後ろからドンと衝撃を受けて、気がついたら、
道端に倒れていました。
自転車に乗っていて、後ろからバイクに追突されたんです。
私の隣りには、倒れて泣きじゃくる娘の声。
慌てて娘に寄り添うと、足から血が流れ・・・
乗っていた自転車は車輪のフレームが曲がって近くに倒れていました。
しばし呆然としていたら、目の前にバイクの運転手が現れて
(あとで聞いたところによると大学一年生の男子)
私に向かって開口一番こう言いました。
「あの・・・自分は今日これから、学校で試験があるから
 早く行きたいんです。
 あっ、それから事故やっちゃったら免許証の点数が
 減らされるから警察には連絡しないでくれますか?」
ぼんやりした頭で彼の言葉を聞きながらまず最初に言うべきは
「大丈夫ですか?でしょ!」
と心の中で突っ込みを入れていました。
実はこの時、通行人の方が、すでに救急車と警察を
呼んでくれていて、私と娘は、まず救急車の中で
応急処置を受けました。
幸い、二人とも足に軽い傷を負っただけでした。
娘は、自転車から吹っ飛んで一回転したのですが、
ランドセルを背負ってたのがクッションとなって
幸いにも頭を打たずに済んだのです。
娘が無事だったことが、ありがたくてありがたくて、
感謝の気持ちが湧いてきました。
その後、警察官と調書をとりながら、だんだん
冷静になって考えたのがバイクの大学生のこと。
こんな時でも、自分のことしか考えられないなんて……。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
もしあなたがこの方と同じ目にあったとしたら、こんな
ひどいことを言った大学生を目の当たりにして、どんな
ことを思うでしょうか。
まずはご自分なりの気持ちを考えてみた上で、次に
お進み下さい。
 
 


━━━━━
  ● 人を育てる考え方
─────
皆さん、色々な感情が湧いて出てきたことと思います。
では、当事者である宮本さんは、いったいどんなことを
感じたでしょうか。
以下をお読み下さい。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
……その後、警察官と調書をとりながら、だんだん
冷静になって考えたのがバイクの大学生のこと。
こんな時でも、自分のことしか考えられないなんて……。
そんな彼を思うと、責めたい気持ちよりも、情けなくて悲しくて、
彼のような人間を生み出したのは私達大人のせいだ、
彼は今の日本社会の縮図そのものだと感じました。
すべての取調べが終わった後、私は彼とお互いの連絡先を
交換しながら最後にこう言いました。
「今回の事故のこと、こんなに軽く済んだのは本当に良かった。
 これからもっと気をつけなさい、ってことだよ。
 これでもし、死んでしまったり、半身不随になって
 しまったらお終いだよ。
 お互い、無事に生かされたことに感謝しよう」
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
これを読んだとき、私は、
「うわあ、素晴らしいなぁ!」
と思ったんですよね。
私も以前メルマガで、今の若者の悪口を言う大人がいるが、
そういった若者を作ったのは、他ならぬ、我々大人たち
ではないか、といった事を何度か書いたことがあります。
しかし、実際に宮本さんのような事故に遭い、自分だけ
でなく、愛する子供にも被害が及んでしまったような
状況で、果たして、加害者の大学生に対峙したとき、
こういった事を「考える」のではなく「感じる」ことが
出来るだろうか。
正直、自信はありません。
いや、むしろ、その大学生と親を呼びつけ、丸一日かけて
相手の非を責め、日が暮れても説教をし続けてしまうかも
しれません。
何か起きたとき、環境や他人を責めるのではなく、
まず自分に対して、起きた出来事の原因を探る。
これを自責と言いますが、おそらく宮本さんは、
「子供を育てる」ということに対して、普段から
 ★ 大局観を持った自責思考
をお持ちなのだろうと思うんですよね。
でなければ、なかなかこういったことを感じる事など
出来ないと思うのです。
さらに、その後大学生に対して宮本さんが語った言葉は、
加害者を責める被害者の言葉ではなく、
 ★ 愛情と受容の中で若者を育てるメッセージ
となっています。
この言葉に至っては、私なんぞは逆立ちしたって
出てこないような言葉であり、感心、というか
感服してしまったんですよね。
今の社会を作り上げているのは、私たち一人ひとりの
大人であり、そこで起きた出来事は全て、私たち
一人ひとりの大人たちに原因の一端がある。
だからこそ、その出来事を他人事と捉えず、悪者を探し
非を責めるだけではなく、その非を正すことを自らの
責任と捉えて、出来る事を実践していく。
しかし、その行為は、愛情をベースにした人間関係に
よって行うということを、決して忘れない。
分かっているようで、なかなか出来ないこのことを、
今回の宮本さんのメールで、改めて胸に刻もうと
思ったのでありました。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   大局的な自責思考を持ちながら、愛情を持って人を育てよう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
その後、その大学生はどうなったのか。
実は、こんな事になったそうです……
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
……そうやって朝、彼と別れて、その日の夜・・・。
なんと私の携帯に彼から電話が入ったのです。
「あの……バイクを運転してた○○ですけど……
 今朝はすみませんでした。大丈夫ですか?
 できれば、お詫びしに伺いたいんですけど……」
この言葉を聴いて、心がパッと明るくなりました。
思わず
「ありがとう。その気持ちだけで十分よ。
 そうやって誠意を尽くすことが大事なんだよ」
と言ってしまいました。
その後、ベッドに入ってからいろいろ考えました。
いろんな社会問題があるけど・・・
やっぱり人と人は愛をもって関わり合うことが
大事だなぁと。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
今回のお話は、腹に堕ちる人もいれば、釈然としない人も
いると思います。
たまたま命には別状がなかったから、そんなこと言って
いられるんだ、という人もいるでしょうし、この大学生が
たまたま素直だったから通じたんだ、という人もいる
でしょう。
この宮本さんの考え方の是非については、皆さんが勝手に
ご判断頂けたらと思います。
ただ、もしあなたが宮本さんの考え方とは反対の考えを
お持ちで、なおかつ子育てや人の育成に携わっていて
それがうまくいっていなかったら……
是非、宮本さんの考え方を、ご自分に取り入れて
みて下さいね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=489
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
━━━━━
  ● 日中お母さんサミットへのお誘い
─────
今回本名でご登場頂いた宮本さんですが、彼女は、主婦で
ありながら、起業家でもあり、3人のお子さんを育てながら、
日本だけでなく世界を飛び回る、というアグレッシブな
お母さんであります。
私のセミナーに来てくださったことがきっかけで知り合った
のですが、芯が太く、ずばっとしたものの言い方が気持ち
良いうえに、人なつっこい笑顔と情の深さも感じさせる、
非常に面白い方でありました。
そういう人間性の背景が、今回頂いたメールでも色濃く
出ており、改めて、その「お母さん」的魅力に納得した
のでありました。
その宮本さんが、来年の1月9日に、
「第3回日中お母さんサミット」
というイベントを開催します。
すでに言い古された言葉として、
「女性の社会進出」
という言葉がありますが、今の時代、社会に進出しなければ
いけないのは、本当は、
 ★ 「女性」ではなく「母性」
だと思うんですよね。
今の社会は昔と違って、男だけでなく、女性もたくさん
活躍されていますが、私の目から見ると、いまだに
 ■ 「父性」と「母性」のバランスが極めて悪い社会
であると思うのです。
急速に社会が発展していく時代には、父性の強さが
功を奏したのですが、成熟期を迎えた今の社会には、
この父性の極端な強さというのは、かなりあちこちに
問題を起こしているように思います。
だからこそ、これからの時代は、お母さん(または
お母さんマインドを持った人)が、社会にどんどん
参加して行く必要があると思うんですよね。
今回ご紹介するこのイベントは、まさにその父性と母性の
バランスが良い社会を作って行く、ひとつのきっかけに
なるのではないかと、私は思っています。
ということで、世のお母さん及びお母さんマインドを
お持ちの方は、このイベントに参加されてはいかがで
しょうか。
イベントの詳細はこちら
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=490
お申し込みはこちらから
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=491
ちなみに私は、父性バリバリの人間ではありますが、
母性も是非持ち合わせたいと思っておりますので、
このイベントに参加して勉強させて頂こうと思っています。
良かったら会場でお会いしましょう!
 
 
┌────
● ライブセミナーのご案内
■【メルマガ読者勉強会・講師編】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=492
   ※ 2012年12月21日開催 残席2席
■【選ばれ、リピートされる研修講師養成セミナー】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=493
   ※ 2012年1月29日開催 残席10席
■【メルマガ読者勉強会・in札幌】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=494
   ※ 2012年1月20日開催 残席6席
┌────
● 各種教材
 ※ 2011年12月26日まで年末割引キャンペーン中!
■【高品質セミナー作成講座 DVD教材】◎29,800→25,000
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=495
  ※年内発送可能な在庫、残り1本です!
■【1分間自己アピール講座 DVD教材】◎7,350→6,000
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=496
■【人の心を動かす文章の作り方 メールセミナー】◎6,300→5,000
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=497
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
徹子さんなら、涼しい顔してシレッと言いそう……
544 名前:可愛い奥様[sage ]  投稿日:2011/11/29(火) 21:23:23.83 ID:G2eR1vgjO
 ゲストのCHEMISTRYを紹介する徹子
 「こちらが高校を卒業された方で
  こちらは高校を卒業なさってない方です」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事