仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 22 view

不況の地域・評価の低い業界で働くときの心構え

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
企業研修に取り組まれている独立系講師の方や、企業の
研修担当者の方向けに、受講者に行動変容を起こさせ、
成果を生み出す研修をどのように設計し実施すればいいかを
お伝えする、
 ★☆ 選ばれ、リピートされる研修講師養成セミナー ★☆
を、1月29日に開催します。
ご興味のある方は、こちらをご覧下さい。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=800
※ 残席3名です!
さて今回は、札幌でであった人たちと、そこで見た出来事を
お話しましょう。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 札幌の皆さん、ありがとうございました!
─────
19日の夕方から昨日にかけて、札幌にセミナー出張に
行ってまいりました。
今年は全国を回ろうと思っていて、その第一弾となる
札幌セミナー、結果的には素晴らしいスタートを切る事が
出来ました。
今回集まられた方たちは、皆さん素敵でやる気のある人たち
ばかりで、積極的、かつ前向きに受講してくださいました。
いやあ、北海道は良いなぁ、元気があるなぁ、なんて思って
いたんですが、セミナー修了後の懇親会などでお話を聞くと
決してそんなことはないのだとか。
北海道は、全国的にもビジネス的に勢いが無いそうで、
有効求人倍率も、全国的に見てもかなり低く、活気が
無いとのこと。
そういう意味では、皆さんビジネスでご苦労されて
いらっしゃるとのことでありますが、それでもなお、
こうして前向きに取り組もうと頑張っている方たちが
いらっしゃるというのは、素晴らしいと思うんですよね。
中でも、一番強く印象に残ったのは、22日に開催した
セミナーでのこと。
この日は、パチンコ業界で働く人たちが7名参加して
くださいました。
こういう言い方をすると失礼ですが、パチンコ業界は、
非常に社会的にも偏見の目で見られがちであり、しかも
法律や制度などもかなり厳しい締め付けを受ける世界。
しかも、東京より人も活気も少ない北海道であります。
果たしてこれでモチベーション高く働くことが出来るのか。
さらに言うなら、今回参加してくださった方たちは、
店舗で働く人ではなく、店舗の人たちを育てる立場に
ある方たちばかり。
何人かは、役職の高い方もいらっしゃる訳です。
つまり、自分ばかりが前向きに仕事に取り組めば良い
だけでなく、店舗のスタッフや部下達をも巻き込み、
モチベーションに火を付け、本人に成長を促し、
それによってサービスクオリティを上げ、業績を
向上させなければいけない。
しかし、印象も評判も悪い業界ゆえ、優秀な人が
先を争うように集まってくれるはずもありません。
そんな厳しい環境で働く人たちが、めちゃくちゃ
モチベーション高く、前向きに受講してくださって、
終了後には、皆さん全員挨拶に来てくださって、
これから自分がどのように仕事に取り組んで行くか、
ということをお話しされるんですよね。
東京でも、これだけ情熱的な受講生はなかなか出会えません
ので、素晴らしいと思ったんですよ。
しかし、その後さらに、今までの素晴らしさを上回る、
さらに素晴らしい2つの出来事に出会うことが出来たのです。
 
 


━━━━━
  ● 不況の地域・評価の低い業界で働くときの心構え
─────
ひとつ目は、セミナー後の帰りに、地下鉄に乗ろうとしたときのこと。
7名いらしたパチンコ業界の方たちの一部と、一緒に地下鉄で移動する
事になったんですよね。
すると、その中で一番若い男性が、先に走って行ってしまったんです。
その時は、トイレか何かで先に改札に入るのかな、と思って、
気にせず見送ったんですよね。
しかし、後に続いた私たちが改札に付いたとき、その彼が、
待っていて、私に切符を差し出したんです。
つまり、私が、不慣れな地で切符を買うのも迷うだろうと
気を配ってくれて、先行して切符を買っておいてくれたん
ですよね。
私も結構気遣いはする方ですが、それだって、せいぜい、
相手を改札に誘導し、「○○まではいくらですよ」と教えて
あげるくらいしか思いつきません。
そんな私の気配りより、一歩も二歩も上を行く気配りを
見せてくれたんですよね。
パチンコホールで働くスタッフの、ホスピタリティ教育を
やっているからというのもあるでしょうが、ここまでの
気配りをしてくれたというのは、もう日常的に
 ★ 人のお役に立とうというマインドセットが出来ている
証だと思うんですよね。
それに感心した私は、彼らが育てているスタッフ達が、いったい
どんな仕事をしているか、気になりました。
で、翌日、東京に戻る前に、すすきのにある彼らのパチンコ店舗を
覗きに行ったんですよね。
そこで見た風景は、東京で経験したことのないものでした。
以前も書きましたが、私は30歳と38歳の頃、パチンコに明け暮れた
事があります。
当時は、ホールのスタッフもひどいもので、チンピラみたいな
スタッフが働いていて、ホスピタリティなども、ほとんど無い
状態でした。
その後、業界そのものが急成長を遂げ、当時とは比べものにならない
ほど、ホスピタリティのクオリティが上がりました。
私は今でも、時々ホールを覗き、面白そうな台があったときは
数千円ほど打ってみたりもするんですよね。
で、仕事柄、ホールスタッフの接客も観察しているんですが、
以前と比べて接客態度は向上したものの、ほとんどの人は、
 ■ 訓練によって体得した接客技術
としか、受けとめることが出来ませんでした。
しかし、札幌で私がみた、パチンコホールで働いている
スタッフは、今までよく見ていた接客技術のあるスタッフと
大きく違うところがありました。
それは、
 ★ 常に笑顔で働いていた
という点。
今まで私が見てきたスタッフは、ほとんど、笑顔が
ありませんでした。
接客技術があると思うスタッフであっても、すれ違ったり、
ドル箱を持ってきてくれるときは笑顔で接してくれるものの、
それ以外の時は、笑顔ではない事が多かったんですよね。
でも、そのホールで働いていたスタッフは、接客時だけでなく、
移動しながら、ドル箱を拭きながら、常に笑顔で働いているんです。
たまたまの笑顔かと思って、しばらく台選びをするフリをしながら
一人ひとりのスタッフを観察し、それでもみんなが常に笑顔だったから
きっと、この笑顔は本物なのでしょう。
しかし、彼らは、どうやってこの笑顔を身につけたのか。
おそらく「お客様には笑顔で接しなさい」という教えで
身につけたものではないと思うんですよ。
彼らは、笑顔でありながら、常にホールを見渡し、お客様に
気を配っています。
(だから、私ともしょっちゅう目が合ってしまい、会釈をされて
 しまうので、気付かれないように観察することが非常に難し
 かったのですが)
そして、何かあったというお客様の所に、笑顔で飛んでいき、
それによってお客様の役に立てたことを自らの喜びとしている
ように見えるんですよね。
つまり、彼らの笑顔は、お客様への義務やサービスとして行って
いるものではなく
 ★ 貢献する意志と、貢献することの喜びにより内から溢れた笑顔
なのではないかと、思えてならないのです。
ビジネスの勢いがない地域で、社会的に素晴らしいと評価されない
業界で働いている人たちが見せてくれた、このふたつのエピソード。
仕事の取り組み方として、大きな学びを頂く事が出来、
感謝しながら札幌をあとにしたのでありました。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 圧倒的に貢献する意志を持ち、貢献することを大いなる喜びとしよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
世間では、やれ景気が悪いだの、売上が下がっただのと
いった愚痴や不満ばかりを口にする人がたくさんいます。
しかし、そんなことを行っていても、不毛なだけ。
そんな愚痴や不満を口にするエネルギーがあるならば、
とにかく目の前の向かいあった人に、自分自身の仕事を
通じて、徹底的に、かつ圧倒的に貢献し尽くすこと。
そうすれば、世間はそれを認め、そういう人を選び、
その人達にお金を払うでしょう。
世の中が不景気だからと行って、その不景気の中に
溶け込む必要は、全くありません。
世間は世間、あなたはあなた。
だから、あなたが出来うる貢献を精一杯行い、貢献出来る
レベルを上げるために、精一杯成長することに、意識を
フォーカスして行きましょうね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=801
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● ライブセミナーのご案内
■【選ばれ、リピートされる研修講師養成セミナー】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=802
   ※ 2012年1月29日開催 残席3席
┌────
● 各種教材
■【1分間自己アピール講座 DVD教材】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=803
■【人の心を動かす文章の作り方 メールセミナー】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=804
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
笑えない程マジだから困る……
81 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい[sage] 投稿日:2012/01/22(日) 18:31:35.41 ID:2kZTeLbi0 [3/4]  昔日本の刑務所で、受刑者の手に職を付けさせるため
 Ruby言語教育してプログラム製作を受注する、という
 取り組みがあって、それを聞いた技術系ニュースサイトでは
 「俺達よりはるかに労働条件いいじゃねーか!
  布団で寝れるのかよ!」
 と怒号が渦巻いたという

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup