仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 17 view

効果的なビジネス文章を書くには

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
企業研修に取り組まれている独立系講師の方や、企業の
研修担当者の方向けに、受講者に行動変容を起こさせ、
成果を生み出す研修をどのように設計し実施すればいいかを
お伝えする、
 ★☆ 選ばれ、リピートされる研修講師養成セミナー ★☆
を、1月29日に開催します。
ご興味のある方は、こちらをご覧下さい。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=833
※ 残席2名です。 本日申込締め切り!
さて今回は、ビジネスの現場で頻繁に書かなければいけない
ビジネス文書の書き方について考えてみましょう。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● きちんとまとまってはいるんだけれど……
─────
私の研修では、事前課題とか、事後のアンケート、また、終了後に
書いて頂く実践レポートなど、色々と提出してもらうんですよね。
ですから、企業で働く方たちが書く文章を見る機会がよくあります。
その文書を見てみると、ほとんどの方は、非常に立派な文章を
書いてこられます。
てにおはもきちんと合っているし、誤字脱字もほとんど無い。
私のように、毎回必ず誤字脱字があったり、頻繁に変換時に
<「の」の連続>といって怒られている人間の書く文章に
比べたら、よっぽどちゃんとしている訳です。
なおかつ、書かれていることは、簡潔明瞭。
伝えるべき事をびしっと伝えて、余計なことは書かない。
私のように、毎日毎日、長々ダラダラとメルマガを書き散らかし、
読者の方に、
「水野さんのメルマガは読むのが長くてかったるいので
 編集後記だけ楽しみに読んでいます♪」
なんていうメッセージをもらってしまうような文章にくらべたら
よっぽどちゃんとしている訳です。
しかし、体裁も整い、簡潔明瞭であるその文章を読んでみて、
頻繁に思うことがあります。それは、
「何が言いたいのか、さっぱり分からない」
というもの。
イヤ、もちろん、書いている文章は読めますよ。
そして、そこに何が書かれているのかも、一応は
理解出来ます。
にもかかわらず、さっぱり分からないんです。
しかも、私の体感覚では、そういう文章が、全体の9割以上を
占めているんですよね。
それらの文章をじっくり見てみると、極めて重要かつ大切な
3つのポイントが、ごっそり抜け落ちているんです。
その抜け落ちてしまっている3つのポイントは何かというと……
 


━━━━━
  ● 効果的なビジネス文章を書くには
─────
ビジネスパーソンは、小説家と違って、
「自らの内面からわき出るメッセージをたくさんの人に伝えたい!」
という気持ちを持ちながら文章を書くことはまず無いと思います。
たいていの場合、必要に迫られて、仕方なく文章を書いています。
私がいつもお願いしている、課題やレポートなども、そういった
 ■ 本意でなく書かされている文章
である訳です。
そういう「書かされる」というメンタリティで文章を書くと、
どうなるでしょうか?
まず、主体的な目的意識を持って書かないですから、
 ★ なぜ私はこの文章を書くのか?
という、主体的な目的意識が無くなるんですよね。
これがポイントのひとつめ。
さらに、そういった強制モードで文章を書いてしまうと、
書くという作業にばかり意識が向いてしまい、
 ★ 誰に向けてこの文章を書くのか?
という意識がなくなってしまいます。
これがポイントのふたつめ。
そして、誰に向けて書くのかを意識しなければ、
当然のことながら、
 ★ その人に、どうなって欲しくて書くのか?
という事も、全く考えずに書くことになってしまいます。
そんな3つのポイントを外した文章は、いくら書いてある
事が理解出来たとしても、
「いったいこの人は何を伝えたいのだろう」
と思ってしまうほど、読んでいて意味が分からない文章に
なってしまうんですよね。
何を、どうやって書くか、という事ばかりに囚われず、
最も重要で大切な、この3つのポイントを、まずしっかり
把握した上で、文章を書いてくださいね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  人を動かすビジネス文章を書くために、3つのポイントを意識しよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ビジネス文章とは、日記や私小説などと違って、常に
明確な目的があります。
それは、
 ★ 相手を動かすために必要なことを伝える
という目的です。
意思決定してもらったり、必要な行動を取ってもらうために
文章を書き、人に読んでもらう訳です。
そのためには、繰り返しになりますが、上に挙げた
 1.なぜ私はこの文章を書くのか?
 2.誰に向けてこの文章を書くのか?
 3.その人にどうなって欲しくて書くのか?
という、3つのポイントが、必要になります。
逆に、こういったポイントを押さえていない文章は、
読み手を無視していることになってしまいます。
そんな失礼なことをして、相手があなたの言葉を
受けとめて満足に動くはずがありません。
個人的には、こんな相手を無視した文章が9割以上も
あるのに、よく会社が回っているな、と思うところも
あるのですが、おそらくそういう会社は、文章を受け
取る側も、やらされている気持ちが強いため、結果的に
質質はともかく、仕事にはなっているんでしょうね。
でも、周りをその気にさせ、本気にさせながら、前向き
能動的なスパイラルを起こして、質の高いビジネスをして
行こうと思ったら、3つの視点を押さえて文章を書かな
ければ、成立しないでしょう。
ですから、仕事で文章を書くときには、必ずこの3つの
ポイントを意識した上で、人を動かす文章を書いて
くださいね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=834
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
━━━━━
  ● 福島先生のセミナーのお知らせ
─────
私が師と仰ぐお一人である、福島正伸先生のセミナー、
「超人気コンサルタント養成講座」
が、2月15日に開催されます。
友人の今井さんが定期的に主催しており、私も過去何度も
参加していますが、非常に勉強になります。
人を育てる本質を、是非福島先生から学んで欲しいと
思います。
今井さんのご厚意により、今回のこのメルマガをお読みの方
だけは、15,000円のところ10,000円で参加できるそうです。
クレジットでも銀行振り込みでも、備考欄に「水野の紹介」
と書いていただいて、会員種別で「その他」を選んでください。
割引価格が適用されます。
講師やコーチ、コンサルタント、または部下を持つ上司の方は、
是非一度、福島先生の話を聞いてみて下さいね。
という事で、以下今井さんからのご案内です。
━━━━
【講師業、コンサル業のあなたへ】
教えずして10社以上を上場させた、カリスマコンサルタント!
福島正伸先生による「超人気コンサルタント養成講座」
http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=835
━━━━
自分を磨くことで、他人を導くことができます。
そして、以下のような成果が出ています。
・倒産寸前の建設業社長 ⇒ 数千万円の受注を取ってきた!
・社員教育で悩む経営者 ⇒ スタッフから、748個の改善提案が挙がった!
・ジリ貧の葬祭会社 ⇒ 顧客獲得数が2倍になった!
・協力し合わない商店街 ⇒ 自分たちで会議をするようになった!
・売上低迷の美容院 ⇒ どの店舗も毎年10%ずつ売上をUP!
これらは、受講生の方々が支援したクライアントの成果です。
”他人を成功させることの本質”を知ると世界が変わります!
「手ごたえ」と「やりがい」と「自信」が手に入ります。
講師は、教えずして10社以上を上場させた、
カリスマコンサルタント福島正伸先生!
政府で数々の委員を歴任し、大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールや
楽天大学でも教鞭を取り、数々の大手企業からの依頼も絶えない人気です。
あなたも、講師として、コンサルとしてのあり方を磨き、
相手が動き出す【影響力】を手に入れませんか?
福島先生が30年かけて到達した、
起業家・経営者を育てる「3つのノウハウ」をご紹介します!
☆詳しくは→ http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=836
 
 
┌────
● ライブセミナーのご案内
■【選ばれ、リピートされる研修講師養成セミナー】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=837
   ※ 2012年1月29日開催 残席3席
┌────
● 各種教材
■【1分間自己アピール講座 DVD教材】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=838
■【人の心を動かす文章の作り方 メールセミナー】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=839
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
個人的には、上から6個目~11個目がツボ(笑)
657 名前: 名無しさん@12周年 Mail:
 投稿日: 2012/01/24(火) 08:45:59.57 ID: AiN/KVV80
 「子ども手当」
 「子どものための手当」←いまここ
 「新・子ども手当」
 「続・子ども手当」
 「真・子ども手当」
 「子ども手当2号」
 「子ども手当V3」
 「子ども手当SP2」
 「最後の子ども手当」
 「さらば子ども手当」
 「子ども手当・完結編」
 「子ども手当Ver.2.0」
 「子ども@手当」
 「子ども手当Vista」
 「子ども手当実写版」
 「子ども手当ディレクターズカット版」
 「子ども手当は生きていた」
 「いちばんあたらしいこどもてあて」
 「子ども手当リターンズ」
 「KDM48」
 「やるならやらねば子ども手当」
 「子ども手当.com」
 「子ども手当劇場版」
 「子ども手当ニューヨークへ行く」
 「子ども手当カロリーハーフ」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup