仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 19 view

嫌いな人から言われた言葉の受け取り方

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
年末のセールで在庫切れになってしまい、販売を
中止していた
「高品質セミナー作成講座 DVD教材」
ですが、ようやく、増刷が出来、本日より
販売を再開することになりました。
参加者に行動変容を起こし、成果を生み出すセミナーや
研修カリキュラムを構築したい方は、まずはこちらの
サイトをご覧ください。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=1262&u=1882
さて今回は、ネットで見つけた、ちょっといい話を
ご紹介しましょう。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● A子、デブを笑う
─────
ネットの某掲示板で見かけたある女性からの書き込みです。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
587 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage]  投稿日:2011/08/28(日) 14:10:23.26 ID:0zE06rA1
じゃあつまんない私の精一杯の武勇伝。
数年前まで160cm80kgのデブだった。
デブだから入る服もあんまりないし地味だけど、清潔には
してたし、卑屈にならないように明るく振舞ってた。
基本負けず嫌いなので「デブだから汚い」とか「デブだから根暗」
とか言われたくなかったってのもある。
しかし、同じ会社にいた女、A子はそんなことお構いなしで
私のことをデブデブと罵る。
誰かがお菓子を配ってるのを食べてると
「太るよ~。あ、それ以上太る余地ないか(笑)」
とか、重い荷物を持とうとすると
「脂肪で重いんだからそれ以上負荷かけたら腰痛めるよ(笑)」
とか。
他の人もたしなめつつ笑ってて、本人はいじりの一環と
思ってる様子。
私は前述の通り負けず嫌いなので生まれて始めて
ダイエットを決意。
とりあえず食べずに運動すればいいんだろうと思って
お昼をコンビニ弁当からカップヌードル1個にし、
毎日サウナスーツを着てジョギングをすることにした。
翌日早速ダイエット宣言してカップヌードルを食べていると
A子がやってきて
「カップヌードルとか(笑)さすがデブ(笑)」
と笑われた。
むっとして
「400kcalもないんだよ?!」
と反論すると
「ばっかじゃないの?そんなの栄養ほとんどないし、
 同じカロリーなら野菜サラダとヨーグルトとコッペパン
 とかにするよね普通は(笑)」
と爆笑された。
ムカついたけどそのとおりだと思ったので翌日からは
サラダうどんにヨーグルトとかにした。
 
 


━━━━━
  ● 嫌いな人から言われた言葉の受け取り方
─────
数日後、ジョギングしているとA子にばったり会った。
中途半端に田舎なので会社の人は結構近くに住んでたりする。
「サウナスーツ!うける(笑)」
と爆笑された。無視して行こうとすると
「熱中症になるんじゃん?てか、水分出るだけで脂肪減らないし」
と笑いながら自転車でついてくる。
ムカついて泣きそうになりながらもくもくと走ってると
「つーかその体重でジョギングとか、腰とか膝痛めるし絶対。
 ダンベルウォーキングとかスロージョギングとか知らないん
 だーデブだから(笑)」
と高笑いしながら走っていった。
家に帰ってネットでスロージョギングを調べた。
腰や膝に負担がかからないと書いてあったので翌日から
スロージョギングを始めた。
そのまた数日後、会社の人たちと
「今月中に10kgは落したいんだ」
と決意を語ってたらまたA子がやってきて
「身の程知らず(笑)」
と笑いやがった。
「デブって無知なんだねー。だからデブなんだねー。
 1ヶ月に落としていいのって体重の5%ぐらいじゃん?
 てか常識だし。1ヶ月に10kgリバウンドけってーい(笑)」
と指差されて笑われた。
朝と夜抜いて絶食状態だったのを食べるようにした。
しかし食べてないのに体重が増え出した。
昼を抜こうとコンビニに行くのやめたら
「デブがまた無茶なことしてる~♪(笑)」
と歌うようにはやし立てられた。
「うるさいなあ!体重が増えたんだよ!同じ量しか食べてないのに!」
と切れたら
「生理前でむくんでんじゃないのぉ?(笑)」
と笑われた。確かに生理前だった。
時間なくてコンビにはいけそうになかったけど、A子に買いすぎ
たから引き取れとトマトサラダを買わされたからそれを食べた。
そんな風に罵倒されても罵倒されてもくじけなかったおかげで
1年半かけて30kg痩せた。
自分の負けず嫌いにこの時ばかりは本当に感謝した。
痩せたらA子がやたらと買い物に行こうだの合コンに行こう
だのと媚びるようになってきた。
意地悪女を自力で見返した武勇伝です。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
    相手に持つ感情と、相手の言葉は、切り分けて受けとめよう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
これはいまだに私自身も抜けきれない悪いクセなのですが、
好きになれないような人の言葉を聞くと、ついついその言葉
そのものも否定したり、無視してしまう事があるんですよね。
もちろん、その言葉がたいした話でなければ、別段否定しても
無視してもかまわないのですが、今回のような話となると、
否定したり無視してしまうことが、自分にとってデメリットに
なってしまいます。
多分10年前の私だったら、「ほっといてくれよ!」と一蹴し、
A子さんのいった事をことごとく無視し、もしその後に
その時の言葉が正しいことだと知ったとしても、
意地でもそれを取り入れず、自分のやり方に固執して
しまうことでしょう。
もちろん、この文章を読めば、この女性がA子さんのことを
にくからず思っていて、ちょっとひねって感謝の気持ちを
表現していることは分かります。
しかし、痩せるまでのA子さんとのやりとりや、その時
A子さんに抱いた感情は、あながちウソでもないように
思うんですよね。
しかし、この女性は、相手への悪しき感情と、その発言とを
きちんと切り分けた上で、相手の言葉の真偽を確かめ、
正しいと分かったら、素直にそれを取り入れている。
これを読んで私は、
「責めて10年前に、この人のような素直さがあったら」
と後悔してしまったくらいでして、それほどこの人の
 ★ どんな人からの言葉も、良ければ素直に受けとめる姿勢
の素晴らしさに心打たれ、この素直さを身につけたいと
心底思わされたんですよね。
ですから、もしあなたに嫌いな人がいて、その人の言葉を
頭から否定していたとしたならば、この女性にならって、
自分にとって良いことであれば、素直に受けとめましょう。
特に、嫌いな上司からのアドバイスを無視している部下。
嫌いな先生の教えを無視している学生。
大きな成長のチャンスを失っている可能性が大きいですよ!
私のように、年を取ってから後悔しないよう、今からきちんと
その人たちのアドバイスを受けとめて、自分を成長させて
下さいね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=1263&u=1882
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● ライブセミナーのご案内
■ 2012年 3月 3日 新習慣獲得セミナー in 博多
■ 2012年 4月20日 メルマガ読者勉強会 in 大阪
■ 2012年 4月21日 初めてのセミナー入門in 大阪
※ いずれも、現在告知準備中です。
  今しばらくお待ちくださいませ。
┌────
● 各種教材
■【1分間自己アピール講座 DVD教材】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=1264&u=1882
■【人の心を動かす文章の作り方 メールセミナー】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=1265&u=1882
 
■【高品質セミナー作成講座 DVD教材】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=1266&u=1882
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
すいません、2日ほど前から、編集後記が混乱しておりました。
2日続けて「父親がベビーフードを買いに行くと、こういうことになる」
と書いて、下のリンクを張ってしまったのですが、
http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=1267&u=1882
こちらは、粉薬を飲むのがヘタな人の写真でありました。
正しくはこちらの写真であります。
http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=1268&u=1882
ちなみに我が家では、ネコのカリカリを私が買いに行くとき、
こんな感じになります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup