仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 18 view

宮崎駿氏の引退宣言に思う

こんばんは!! 水野です。
本編の前にお知らせを。
夏期特別セールも終わり、引越もすっかり落ち着きましたので、
9月より、改めて個人セッションの募集を積極的に再開します。
以前のように、都心から離れた八王子ではなく、
新宿からバスで15分ほどの場所にセッションルームも
構えましたし、希望があれば、新宿までは出向きますので、
都内にお住まいの方は、対面セッションも行いやすく
なったと思います。
今月は、5名の方をお受けできますので、水野との
セッションにご興味ある方は、こちらをご覧の上
まずは、無料お試しセッションにお申し込み下さい。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7943
さて今日は、先日発表された驚きの報道について
考えて見たいと思います。
では、まいりましょう!
 
 
━━━━━
  ● 宮崎駿氏の引退宣言に思う
─────
もはや知らない日本人はいないと言っても過言ではない、
アニメ作家の宮崎駿さん。
「風の谷のナウシカ」や「となりのトトロ」など、たくさんの
人たちに愛されたアニメ映画を作り続けている人ですよね。
私も、1979年に公開された「ルパン三世 カリオストロの城」に
すっかり嵌まってしまい、カセットテープに録音した音声を
(当時はビデオ録画など出来ませんでしたから)何度も聴いては
脳内で映像を再生し、ついには全てのセリフをそらで言えるくらい
のめり込んだものでした。
また、その後の作品も、長編映画については、DVDはもちろん、
メイキング映像や絵コンテなど、手に入れられるものは全て手に入れ、
また、宮崎さんの書いたエッセイなども読みあさっているくらいの
大ファンであります。
「崖の上のポニョ」最新作「風立ちぬ」は、公開して1ヶ月以上
経ちますが、いまだに1位の座に居座っており、興行収入が
100億円突破も目前だそうで、これもまた、宮崎映画の代表作と
なることは、間違いないでしょう。
そんな宮崎さんが、つい先日、引退宣言をしました。
映画公開中でのこの発表に、世間は大騒ぎとなり、テレビ局に
よっては、ニュース速報でテロップが流れる程の取り扱いに
なりました。
とは言え、宮崎さんは、もののけ姫を作った1997年から、
長編映画を作り終えるたびに、何度も引退をほのめかしてきた人。
ですから、今回の引退発表も、真に受けない人も多いようです。
しかし、他への影響も大きく、大騒ぎになるうえに、結局は
取り消してしまうようなことをなんで宮崎さんは言うのでしょう。
口の悪い人は、作品公開中にこういうことを言えば、それだけ
騒がれ、注目されるからだと、引退商法のように揶揄する人も
います。
しかし、私には、その都度言っている宮崎さんの引退宣言は、
結構本気であるように思うんですよね。
一度驚いたことがあるんですが、ずいぶん前にとある長編アニメを
作っていたときのことです。
その時、すでに注目をされていた宮崎駿さんは、制作発表会見を
行ったのですが、その時には髪の毛は真っ黒でした。
しかし、数年後に行われた完成披露会見では、あれだけ真っ黒
だった黒髪が、真っ白になり、精も根も尽き果てたような顔を
して映っていたんですよね。
その後しばらくしてえ、テレビに映ったときには、髪の毛がまた
黒髪に戻っていました。
その変わり様を見たとき、私は、まるであしたのジョーの最終回で、
真っ白に燃え尽きてしまった矢吹丈を思い出してしまい、
「この人は、文字通り、作品作りに命を賭けているんだな」
と思ったんですよね。
老若男女に喜ばれ、なおかつ商業的にも成功するような作品作りを
求められながら、それに応えつつ、さらに自らも納得する作品に
するべく、作品作りに、一切の妥協をしない。
その状態が、どれほどのストレスがかかるものかは、もう想像すら
出来ませんが、よほどの神経の持ち主でも、そのプレッシャーに
耐えることは出来ないでしょう。
そうやって、極度のプレッシャーの中で、ギリギリまで自分を
追い込みながら作品を作っていたら、そりゃあ終わった直後は、
「もう二度と作るまい。引退しよう」
と思うのも無理は無いと思うんですよね。
にもかかわらず、時間が経って回復してくると、発したい
メッセージがあるため、大変なことにあるのを承知で、
また作品作りの世界に戻っていく。
こういったことが繰り返されていたんでしょうね。
こういったスタンスでの取り組みは、賛否もあるかと思いますが、
私的には、もうメチャ憧れる生き様なんですよね。
で、憧れるというのはつまり、そこまで自分を追い込んだ仕事が
出来ていない、ということであり、もっと真剣に仕事に取り組ま
なければなあ、と思ってしまうのでありいます。
もう引退しようと思う位、精も根も尽き果てるほど、仕事に取り組む。
なかなか出来ることではないからこそ、その姿を究極の理想として、
仕事に取り組みたいと思うのであります。
 
 


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 精根尽き果て、引退をしたいと思うほど仕事にのめり込んでいるだろうか?
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
もちろん、ここで言う精根尽き果てるまで、というのは、
自らが取り組む仕事に対し、きちんとやるべき意味と価値を見出し、
自らが積極的にその仕事に取り組んでいる状態のことを言います。
やらされ感満載で、嫌な仕事に無理矢理取り組んでいる状態が
続いたら、それこそ、あっという間に、精根尽き果て、すぐにでも
引退したいと思ってしまうでしょう。
これは、私が理想とする働き方とは全く逆であります。
が、こういった仕事に取り組んで、精も根も尽き果ててしまって
いる人は少なくないようです。
そうなってしまうひとつの原因は、会社側にもあると思いますが、
最も大きな問題は、
 ■ その仕事に命懸けで取り組む意味を、働く人が見出していない
という事が大きいのでしょうね。
ですから、もしあなたが、これと同じ問題を抱えているとしたら、
働く意味を見いだせる仕事に取り組むか、または今の仕事から、
働く意味を見つけ出すことをしなければ行けません。
で、もしすでにやりたいこと、取り組みたいことが明確に
あるならば、転職したり独立をしてでも、その仕事に
取り組むべきでしょう。
でも、もしそう言ったものを持ち合わせていない場合は、
今の仕事に意味が見いだせないからと言って、安易に
転職しても、新しい仕事でも、同じように働く意味を
見いだすことが出来ないでしょう。
その場合は、今の仕事に意味を見出す努力をまずはしてみることと、
それと平行して、自分の仕事の意味を見出して働いている人の
生き様に触れることが効果的であると思います。
そう言った意味でも、これに該当する人は、今回の
宮崎さんの全力を注いで作った作品、「風立ちぬ」を
見て、宮崎さんの作り手の思いと、その映画の主人公で、
零戦開発にかけた堀越二郎の生き様を見て、命懸けで
働くことの意味を見出した人の生き方に影響を受けて
見てはいかがでしょうか。
という事で、私は明後日、かみさんと2人で
観に行ってきます♪
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7944
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら感想を聞かせて
   下さいね。
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
            個人セッションのご案内
ひとつ上のステージを目指す人、自分の人生をもう一歩前に進ませたい人、
私と一緒に、成長を加速させませんか?
 詳しくはこちら
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7945
 ※ 9月は、新規クライアント5名迄受け付けます。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
┌────
● 自分の知識や経験を伝えるセミナーをやりたいけれど、どうやって
  始めてたら良いのか分からない方へ、一歩踏み出す方法をお伝えする
      ★☆★☆  初めてのセミナー入門  ★☆★☆
 ダウンロード教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7946
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 ダウンロード教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7947
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7948
┌────
● 継続的な取り組みで、ビジネスにおける高い信頼を獲得できる
  ★☆★☆  メルマガ・ブログを毎日書き続ける技術  ★☆★☆
 ダウンロード教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7949
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7950
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
図々しいなあ、という気持も越え、
むしろすがすがしいくらいのお願いの仕方。
http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7951

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup