仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 33 view

あなたは社会人ですか?

本日のテーマ:【人生に活かす物語の読み解き方】
おはようございます! 水野です。
ここ2日間、どらま「リーガルハイ」について書いていますが、
友人から
「『半沢直樹』についてももっと語ってみろ」
というリクエストをされました。
こちらについては、10月1,2日に取り上げてはいるんですが、
実はまだ書きたいことがありましたんで、今回のリクエストに
答えるという形で、また違った切り口で書いてみたいと思います。
半沢直樹を見ていて、痛切に感じたことがあります。
それは何かというと、


 ■ このドラマには、社会人がほとんど出てこなかった
ということです。
ん? と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。
あのドラマに登場していた人たちは皆、学校を卒業して
社会人となって活動している人たちばかりじゃないか。
にもかかわらず、「社会人がほとんどいない」とは、
いったいどういう意味なのか? と。
確かに、学生などは出てきていませんし、みんな働いて
いる人たちばかりが登場しています。
しかし、そんな彼らのほとんどは、
 ■ 社会人というより、【会社】人だった
と思うんですよね。
半沢直樹を取り巻く人たちは、敵も味方も皆、
会社のことばかりを考え、会社の方ばかりを
見ている人たちであふれかえっていました。
その中で、唯一半沢直樹だけが、みんなが見ている
ベクトルとは逆を向いて、【社会】に目を向けて
仕事をしているように見えたんですよね。
私はもう、独立して13年になりますが、この期間、
「会社」を見て仕事をしたことがほとんどありません。
なぜなら、会社には私1人しかいませんし、この私が
お金を稼いで生きていくためには、社会にしっかり目を
向けて、仕事に取り組まなければいけなかったからです。
だから、このドラマを見ていて、非常に大きな違和感を
感じていたのは、
 「なぜこの人たちは、会社のことばかり考えているんだろうか」
ということ。
半沢を追い落とそうと、社内に根回しをしたり、トラップを
仕掛けたりと、社会に価値を提供しているとはとても言えない
ような仕事を、多くの人たちが嬉々としてやっている姿を
見ていて、ものすごく気持ちが悪かったんですよね。
かみさんも、
「ねえ、サラリーマンって、暇な人の集まりなの?」
と言ってましたが、私も全く同感でした。
果たして、こういった姿が、まともな「社会人」と言えるのか。
とてもそうとは言えないでしょう。
まあ、もちろんアレはフィクションのドラマであり、
実際は、あそこまで会社ばかりを見ている人たち
ばかりでは無い、という人もいることでしょう。
ただ、研修講師として、あちこちの企業に行ってみると、
ほとんどの受講生たちは、社会人ではなく、会社人の
ように見えてしまうんですよね。
では、社会人と会社人の違いは何か。
私は、
 ■ 社会人とは、まずは社会を考え、その上で会社を見ている人
 ■ 会社人とは、まずは会社を考え、その上で社会を見ている人
だと考えます。
こうして文字にしてみると、単語の順番が変わっただけ、
と思うかもしれませんが、この施行の順番の違いは
天と地ほどの違いを生みます。
特に、今の時代のように、社会の変化が激しい時代には、
社会をまず見据えた上で、会社のあり方を考える必要が
あるはず。
そうしないと、ビジネスの世界で生き残っていけなく
なってしまいますから。
にもかかわらず、多くの人は、自分たちが今いる会社を
起点として考えてしまうので、社会の変化に対応出来ない
状態になっている人が少なくないんですよね。
これは、組織の規模が大きくなればなるほど、この傾向が
顕著に表れる傾向があります。
なぜなら、大きな組織の内側にいる人たちは、その組織に
結果的に庇護されてしまっていて、社会の変化を敏感に
感じることが出来ないから。
そうなってしまうと、よほど意識をしていない限り、
社会を見据えていこう、などという考えは持てない
でしょうし、そもそも見据えるべき社会が見えない
でしょう。
そうなると、働き方も、社会を見据えている人とは
大きく変わってくることでしょうし、当然のことながら
提供出来る価値や貢献の度合いもまた、大きく変わる
事でしょう。
社会に価値を提供し、貢献することが社会人である、
という原点を、もう一度確認した上で、
「今の自分は、立派な社会人と言えるだろうか?」
と問い直すことを、是非してみましょう。
ひょっとしたら、働き方に変化が出てくるかもしれませんよ。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20131018
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら感想を聞かせて
   下さいね。
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
果たしてこれは、喜ばしい勝利と言えるのだろうか……
529 名前:やまなしおちなしいみななし [sage]     :2013/10/14(月) 03:17:48.46 ID:???
 最後に愛は勝つのはいいが何に勝つんだ
530 名前:やまなしおちなしいみななし [sage]     :2013/10/14(月) 03:19:56.66 ID:???
 >>529
 理性 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup