仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 38 view

夫婦げんか、その後

こんばんは! 水野です。
本編の前にお知らせを。
東京で開催しております、
【本当の使命と出会うための自己改革ワークショップ】
ですが、2月15日に大阪で開催する事となりました。
詳細はこちらをご覧下さい。
http://m-stn.com/seminar/realmission/
さて、本題です。
前回のメルマガで、年末早々の夫婦げんかのお話をしました。
【年末年始、かみさんとケンカをしていました】

年末年始、かみさんとケンカをしていました


「夫婦げんかは犬も食わぬ」
と言いますが、こちらの夫婦げんかは、皆さん美味しく召し上がって
頂けたようで(笑)、結構な反響がありました。
ちなみに、その後でありますが、家事仕事を終えてからは、
テレビばかり見ていたかみさんが、ほとんどテレビを見なくなり、
読書にいそしむようになりました。
心の勉強も始めたようで、この変容ぶりにビックリであります。
いやはや、人って変わるものですね。
でも、この変化って、私が起こしたわけではなく、かみさんが
勝手に変わっていっただけ。
私がやったことと言えば、深く自分の怒りと向き合った上で、
互いの関係をどうしたいか、本当の気持ちを、真摯に自分に
問うただけです。
そうしたら、かみさん自身が、
「自分を変えてみたい」
と言いだし、2,3アドバイスをしたところ、自発的に
そのアドバイスを実践していったんですよね。
正直、数日で飽きて、元の生活に戻ってしまっても
おかしくないと思っていましたが、いまだその生活を
続け、本人も、それを楽しんでいるようであります。
今も、私の本棚を明後日は、心屋仁之助さんの本を
引っぱり出して読みつつ、
「うん、仁之助は良いこと言ってるね!」
とか言ってます。お前何様だ!(笑)。
さて、よく世間では、
 ★ 他人は変えられない
なんてことを言いますね。
これはもう、本当にその通りだと思います。
でも、また一方で、
 ★ 自分と他者は、深いところで繋がって、ひとつになっている
とも言われています。
これもまた、私は真実だと思っています。
なので、
 ★ 他人を変える事は出来ないが、自分が変われば他人も変わる
と言うことは、大いにあり得ると思っています。
と、こういうと、
「じゃあ、他人を変えるために、まずは自分を変えていこう!」
と思って、自分の言動を変えていく人がいますが、その結果、
思い通りに他人が変わってくれたと言うことを経験する人は
ほとんどいないでしょう。
では、いったいなぜ、自分が変わっても、他人が変わらないのか。
今回の経験を振り返って感じるのは、
 ★ 自分の痛みと向かい合い切ること
 ★ 他人との関係をどう築きたいかを真剣に考え抜くこと
この2つを、きちんとやり切っておかないまま、うわべの
行動を変えても、何も起きない、と言うことなのだと思います。
なぜなら、自分と他者は、深いところで繋がっているのだから、
その深いところまで自分が降りていかない限り、他人との
つながりを感じ、他人に影響を与えることなど出来ないから。
そもそも、他人を変えようという気持ちがある段階で、
隣にいる人に意識が向いてしまい、自分の奥底に向かって
深度を深めていくことなど出来なくなるわけです。
だから、他人に対しての期待や要望などという気持ちは、
一端全て捨ててしまい、
 ★ 自分は他人との関係で、どのような痛みを感じているのか?
 ★ 自分は、その他人と、どんな関係を気づきたいのか?
ということを、ただひたすら感じ抜き、考え抜くことから
始めないと、他者と繋がっている深いところには、辿り
付けないんですよね。
今回は、部屋に三日間籠城し、この2点を徹底的に考え抜いた
ことで、おそらく、かみさんと繋がっている深いところにまで
降りていくことが出来たのでしょう。
事実、私は、かみさんに対して、こうあって欲しいとか、
こうして欲しい、などという要望や期待などは、全く
考えませんでした。
ただひたすら、
「自分のこの痛みと感情は、いったい何なのだろうか?」
「究極的に、本質的に、自分はかみさんと一緒にいたいのか?」
ということだけを、感じて感じて感じ抜き、考えて考えて考え抜いた。
その結果を、自分の中に受け入れただけです。
だから、かみさんが変わることも期待しませんでしたし、
 「お前がこう変わってくれたら、俺はお前と一緒にいたい」
などという、くだらない条件なども持ち出すことも
ありませんでした。
ただただ、
「自分は、かみさんと一緒に人生を過ごしたいのだ」
という気持を固めたうえで、かみさんと向かい合っただけです。
その中では、もちろん、かみさんの言動により、自分が
どう悲しみ、どう痛んだのか、という話しをする事は
ありましたが、だからそれを変えろという気持は
ありませんでしたし、要求もしませんでした。
でも、かみさんは、それを受けて、
 ・自分も一緒に過ごしていきたいこと、
 ・今の自分を変えたいこと
を、勝手に言いだして、その行動を取るようになった
だけなんですよね。
ということで、もしあなたが、他人との関係に悩んでいたと
したら、ぜひ、今回の話を参考にして、まずは他人をどうにか
しようとするのではなく、自分自身と深く深く向き合ってみて
下さいね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
自分の器を広げ、自分の本当の使命を受け止めていきたい人へ
【本当の使命に出会うための自己改革ワークショップ】
http://m-stn.com/seminar/realmission/
 2015年2月15日 大阪開催!
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20150119
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス移行のお知らせ
2014年9月8日より、株式会社マイルストーンの
水野浩志として、個人セッションをお受けすることは
終了しました。
今後は、私のもうひとつの活動で行っていきます。
ただし、精神世界に対して、拒否反応やアレルギーがある方は、
お勧めいたしません。
そうでない方に取っては、非常に価値あるサービスであると
自負しておりますので、もしご興味ある方は、こちらのサイトを
ご覧下さい。
http://soulmission.jp/
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
http://www.mstoneshop.com/
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup