仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 30 view

自分の激しい嫉妬心、どうしたら良いの?

どうもです! 水野です。
今日は、読者の方から頂いた質問について
お答えしましょう。
今回のテーマは、恋愛です。


……なんか、聞く相手を間違えているような気もしますが(汗)
まあでも、水野なりに考えてお答えしてみましょう。
ということで、Mさんから頂いた質問はこちらであります。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
私は、嫉妬心が強いです
今、社内恋愛中です
少人数の会社で、
~中略~、
私が女性。
相手は専務で、誰一人として関係は知りません
職場なので、彼氏の立場や考えを理解してあげたいのですが、
嫉妬心が邪魔をして理解してあげられません
それを彼氏にぶつけ、何度も大喧嘩をしてます
理解し、嫉妬心を無くせる方法を探しては試みているのですが
ダメでした。
そんな自分や考え方をを変えたい
どうしたらいいでしょうか
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
……とのことだそうです。
さて、この嫉妬心、どうしたら良いでしょうね?
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
次回の自身力養成講座は、8月22日 18:15~21:15です。
テーマは「自分が変わる生き方」です。
お申し込みはこちら
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20150822/f20150822/
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
人はなぜ嫉妬するんでしょうね?
改めて考えてみると、本当に不思議です。
だって、嫉妬が生み出すもののメリットって、何にも無いでしょ?
逆に、デメリットばかりですよね。
好きな人に、自分だけをみて欲しいと望み、それを強要する
ことで、結果的に、相手に疎ましがられ、関係が悪化し、
最悪の場合、別れにもつながって行きます。
嫉妬する人も、される人も、精神的にもヘトヘトに疲れるでしょう。
こんな、なんのメリットもなく、デメリットしか無いようなことを
解っていながらやってしまう人に、嫉妬心を無くすことなど出来ません。
なので、Mさん、申し訳ないけど、嫉妬心を無くそうとすることは
諦めちゃって下さい。
そして、嫉妬心と上手く付き合っていこう、という方向に、
気持ちを切り替えていきましょう。
では、嫉妬心とどう付き合っていくか。
Mさんのお話によると、嫉妬心が湧き起こると、それをすぐに
彼氏にぶつけてしまっているご様子。
なので、嫉妬心を無くそうとする前に、
 ■ 嫉妬する → 彼にぶつける
という、このプロセスを、変えていきましょう。
嫉妬も感情のひとつの表れですが、人を否定・攻撃したく
なるような感情が現れたとき、まずやって欲しいのが、
 ★ その感情をじっくりと味わってあげる
と言うことなんですよね。
味わう、というのは、その感情を、まずは自分がしっかりと
受け止めてあげ、その上で、そのわき起こる感情をつぶさに
見つめ、感じてあげる、ということです。
ここで重要なのは、
 ■ なぜ嫉妬しているか、という理由にフォーカスしない
ということ。
理由にフォーカスすると、嫉妬心が、汲めど尽きせぬ和泉のように
延々と沸き起こり続けて行きますし、それと共に、彼に対しての
怒りも、どんどん高まっていってしまいますから。
だから、理由にフォーカスするのでは無く、嫉妬心という感情
そのものを受け止めてあげ、見つめてあげ、感じて上げるのです。
そして、その感情を味わいながら、自分自身に対して、
「つらいよね。悲しいよね。苦しいよね。
 それでも、彼のことを理解してあえたいんだよね。
 えらいね。素晴らしいね。優しいね。
 本当に自分って素敵な人間だね」
といった感じで、なぐさめ、認め、褒めてあげて下さい。
それでも、嫉妬心は収まらないかもしれません。
でも、それでも、その感情をまたしっかりと味わいながら、
ひたすら、自分自身をなぐさめ、認め、褒めていきましょう。
そうやって、嫉妬心を肯定的に受け入れてあげて、
そこから生まれる感情をきちんと味わってあげてると、
嫉妬心は無くなりませんが、あなたの、彼に対する言動は、
きっと変わってくることでしょう。
では、なぜそうなるのか。
嫉妬心にかぎらず、必要以上に自分を大事にして欲しいという
気持ちが強く湧いてくる人というのは、たいていの場合、
 ■ 自分が人から大切にされていないという思い込み
を持っているようです。
でも、そういう人たちの一番の問題な部分は、他人云々よりも
 ■ 何より、自分が自分の事を大切にしていない
ということなんですよね。
だから、自分が満たされないことによって起きる感情のまま、
他人を傷つけ、ものを傷つけ、そして、巡り巡って、自分自身を
一番傷つけてしまうんですよ。
今回Mさんだって、こんなことやってたら、一番好きな人に
嫌われて、最悪は別れることになってしまいかねない、という
ことも解っているはず。
にもかかわらず、嫉妬心をむき出しにして、自分だけをみろ、と
相手に詰め寄ってしまうのは、自分自身を大切にしてない
何よりの証拠であります。
だからこそ、今の自分というものを全て受け入れ、そしてそれらを
愛してやることが、とっても重要な事なんですよ。
今回の件で言うなら、Mさんの中に沸き起こる嫉妬心を、
邪魔なものだと決めつけて、亡き者にしようとしていること。
これが、今の自分を大切にしていないという、一番の証拠です。
であるならば、この状態で、自分を大切にするためには
どうしたら良いか、と言うと、自分の中から排除しようと
するこの嫉妬心を、きちんと受け止めて、そしてそれを
味わいながら、慈しんであげる、と言うことなんですよね。
そうやって、自分の醜さを否定するのでは無く、それすらも
受け入れてあげること。
その嫉妬心を、じっくり味わい尽くしてあげ、その上で、
その嫉妬心も含め、今の自分全てに、自分が愛情を注いで
あげる。
そうすると、嫉妬心そのものはなくなりませんが、自分が
自分を愛していることを実感することが、徐々に出来る
ようになります。
そうなってくると、自分自身のネガティブな感情に振り回される
ような言動は少なくなってくるはずです。
そして、自分にきちんとした愛情をもてるようになってくれば、
人から寄せられる愛情についても、深く理解をすることが
出来るようになってくるでしょう。
嫉妬心に限らず、自分の中にある醜さは、なくすることが
出来ません。それも含めて、あなたなのです。
大事なことは、その醜さを受け入れ、慈しんで上げる事で、
その醜さを落ち着かせてあげること。
その醜さに自分が支配されてしまわないようにすることなのです。
Mさんだけで無く、嫉妬深くて悩んでいる、という方は、
是非試してみて下さいね。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20150810
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス
通常のコーチングに、深層意識やスピリチュアルな
アプローチを加えた、自身の生き方や使命を深く
読み解くセッションです。
弊社マイルストーンのビジネスとは若干毛色が違うので、
別のブランド名で行っております。
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://soulmission.jp/
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
http://www.mstoneshop.com/
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
かなり衝撃を受けた! でも、きっと今も綺麗だよね……
87 名無しさん@1周年 sage
  2015/08/08(土) 17:00:09.11 ID:uTi7i5450
 キヤッツアイ・・・34年前連載
 今は泪(63)、瞳(57)、愛(50) か・・・(‘A`)
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup