仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 32 view

常に人に対して厳しい人が、優しく接するようになるためには……

どうもです! 水野です。
組織のリーダーという立場や、親という、
人を導き、人を育てていく立場にある人と
接する機会がありますが、その中で、


他人に厳しく接する人と話をするケースが
あります。
まあ、たいていの場合、自分のその厳しい接し方を
良しとしている人が多いのです。
なにせ、そういう人は、大抵、自分は正しく、
厳しくされる側の方が間違っている、という
考えに固執していますから。
ただ、そんな厳しい人たちの中にも、きちんと
自分の指導育成の実態を受け止めて、
 「厳しさだけでは、全ての人を育てる事は出来ない」
と反省し、もっと優しく接する方法を身に付けたいと
相談される場合もあります。
私自身、情熱的に厳しく接することしか出来なかった
人間から、優しく接することが少しずつ出来るように
なって来た人間ですので、そんな人には、こんな話を
するのであります。
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
次回の自身力養成講座は、10月31日 18:15~21:15に
中野で行います。(参加費5千円)
テーマは「第6回 全てのことをたのしむ技術」
準備が整い次第、募集開始します!
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
常に人に厳しく接することしか出来ない人が、
人に優しく接することも出来る人になるためには、
一度、
 ★ 厳しく接する、という今までの信念を、一度完全に手放す
必要があります。
 
なぜなら、あなたが厳しく接している背景には、この厳しさを
手放したら、人は満足には育たず、組織は一体感を無くし
崩壊してしまう、という、
 ■ 強い思い込みによる恐怖感
があるから。
 
だから、私もそうでしたが、常に人に厳しく接することしか
出来ない人というのは、この恐怖に支配されている、弱虫
なんですよね。
 
しかし、自分がその恐怖に支配されている弱虫であることを、
本人は気付いていないことがほとんど。
私も気付きませんでした。
だから、そのままの状態で、やさしく接するテクニックを
学んだとしても、奥底にある恐怖に支配されて、本当に
人に優しく接することなど、まず出来ないんですよね。
だから、本当に優しくしたいのであれば、一度厳しく
接することを手放し、自分が気付いていない恐怖と
向かい合う必要があります。
そして、自分が、その恐怖に支配されている弱虫である
自分を自覚しなければいけないんですよ。
そんな自分はみたくないでしょうが、でも、そんな弱虫の
自分を受け入れなければいけない。
そして、弱虫の自分は、他人に支えられて生きて行かねばならず、
そのためには、自分の仲間を信じること、そして、自分は仲間から
必ず助けられると信じなければいけないのです。
その、自分と他人との信頼をしっかり持って、自分の中にある
その恐怖を乗り越えなければいけません。
 
このプロセスをきちんと通ったとき、あなたは初めて、
本当の優しさを手に入れる事が出来るのです。
そして、その恐怖を乗り越えた後、振り返って見ると、
実は自分の勝手な思い込みや勘違いで、自ら恐怖を
生み出していた事に気付き、そのおのれのバカさ加減に
ついつい笑ってしまうことでしょう。
そうやって、思い込みがひとつはズレると、自分を苦しめる
他の恐怖や義務感も、きっと単なる思い込みかもしれない、
と思えるようになって来て、どんどん自分の殻が破れ、
自由になっていくことでしょうね。
その自由を手に入れる一歩を、是非子のお話をヒントに、
踏み出していって下さいね。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20150929
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス
通常のコーチングに、深層意識やスピリチュアルな
アプローチを加えた、自身の生き方や使命を深く
読み解くセッションです。
弊社マイルストーンのビジネスとは若干毛色が違うので、
別のブランド名で行っております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

セッションメニュー


■□ 各リーディングのskypeセッションも始めました! ■□
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
http://www.mstoneshop.com/
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
このような、厳しいことを言い過ぎるのはやめましょう……
11 名前:名無しさん必死だな[sage]   投稿日:2008/05/22(木) 00:18:36 ID:/Kx6N/DX0
  2chをやってる人は貴重な時間を失っている
12 名前:名無しさん必死だな[sage]   投稿日:2008/05/22(木) 00:19:26 ID:m7AJdjkc0
  2chやってるような奴の時間が貴重なものか
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup