仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 24 view

頑張る教だけど人生うまく行っていない人へ

◆───◆
       水野浩志の「自身力を高める思考のヒント」    
◆────────────────── 日刊発行 #0422 2016/07/29 ─◆
 
どうもです! 水野です。
本編の前に、今後のイベント情報であります。
明日7月30日開催の前者後者勉強会、
お申し込みのラストスパートを頂いております。
現在、残席2名。本日いっぱい受け付けます!
お申し込みはこちらへどうぞ
http://m-stn.com/seminar/bf/
 ※定員15席 残席1席 お申し込みは本日いっぱい!
ということで本編を。
今日は朝から、面白いブログを見つけたので、
まずはそちらをご紹介しましょう。
【不思議に思う話し。】
http://ameblo.jp/chivitan-saya/entry-12184585998.html 
 
もう、基本的には、個々のブログに充分大切なことが
書いてありますので、私が何も言うことはないんですが、
それではアレなんで、ひと言だけ。
ここで出てくる頑張った結果ボーナスがゼロになった
彼女を見て、頑張り原理主義者の人たちはきっと、
 だからといって、頑張らないことが正しいということには
 絶対にならないんだぞ!
 きっとこの人は、がんばり方を間違えているんだ。
 がんばり方を正して頑張れば、きっと成果も出るはず!
 
 人間やっぱり、頑張ってナンボなんじゃ!!
 
って思うかもしれません。
でも、今頑張っていて、望む結果が出せていない人が、
自分で正しいがんばり方を見つけることはまず不可能でしょう。
なぜなら、こういう人は、がんばり方を間違えている、というより
 ★ 頑張るという定義そのものが間違っている
 
からなんですよね。
がんばり方とか、そういう以前に、頑張る、という定義
そのものが間違っていたら、この人は、どんな改善や見直しを
測ったとしても、根本的な間違いに気付くことが出来ません。
だから、こういった、頑張っても実らない人というのは、
勇気を振り絞って、
 ★ 頑張ることをやめてしまう
 
という決断が必要なんですよね。
自分を間違った方向に導いている「頑張る」を手放し、
一度、トコトン「頑張らないこと」をやり切ってみる。
そうすると、今まで気付かなかったこと、見えなかった
ことが見えてくるはずなんです。
私も以前は頑張り原理主義者で、間違った頑張り方を
していたにもかかわらず、
「頑張らないヤツは人間のクズだ!!」
と信じていたクチなので、この、間違った頑張り方の
怖さや、頑張らないことの素晴らしさを、身をもって
感じています。
なので、もしあなたが、頑張っても頑張っても、
思ったような人生になっていかないのならば、
一度勇気を振り絞って、ぱーんと頑張ることを
手放してしまいましょう。
その先に、新しい世界が待っていますよ。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20160729
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションにご興味ある方はこちらへ

セッションメニュー


● 継続セッションの無料相談面談始めました
  詳しくはこちらへ

私、プチンと切れてしまいました。


━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立したものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日に続き、このオチも想定外だ(笑)
804: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)11:28:42 ID:KBh
 うちの玄関前にファービーが12体も捨てられていた事がある。
 旦那が見つけてダンボールに入ったファービーを持ち上げ、
 別の場所に運ぼうとしたら転倒。
 ファービーは物凄い勢いで吹っ飛び、
 12体のうちの何体かが「うぉおおおう」と喋りながら覚醒。
 「ぼくまだねっむーい」「ぐごぉお」「クックドゥルドゥぅ↑」
 と非常にカオスな状態となった。
 とりあえず旦那は無傷でしたが、
 ちょうど帰宅した当時小2の娘が帰ってきてしまい、
 ファービーの群れの大合唱に恐れおののき泣きながら逃走。
 同時に私が抱いていた2歳の息子も号泣。
 旦那が「娘ちゃん!待って!これ!今流行りのファービー!」と
 言いながら追っかけていった。
 一部始終をお向さんに見られ、「壮絶ですね・・・」と言われ赤面。
 もう本当に泣けてくるのが、追いかけた旦那が車に跳ねられたんだよね。
 娘は無事でした。  

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup