仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 11 view

やりたくないことはやらない、の考え方とは?

どうもです! 水野です。
私も最近、
「やりたくないことはやらなくてもいいよ」
という事を言うようになりました。
ちょっと前の自分だったら、こんな言葉を聞こうものなら、
「こんなのただの甘えで、人を堕落させる悪しき考え方だ!!」
と激高していたでしょう。人は変われば変わるものです(笑)。
ただ、ここで言う、
「やりたくないこと」
とは何か、ということは、ちょっと慎重に考えておいた方が
良いかなあ、と思うんですよね。
  
私思うに、究極的に言えば、ここでいう、やりたくないこと
と言うのは、
 ■ 自分の魂が望むことに背くこと
 
なんですよね。
 
でも、普通の人がやりたくないことというのは、
 ■ 表層的な感情が判断する、避けて通りたいこと
だったりします。
例えば、恥をかきたくない、とか、無能と思われたくない、とか、
プライドを傷つけたくない、とか、そういったたぐいのものなどは、
表層的な感情で判断している、避けて通りたいことなんですよね。
で、今回、あなたがやりたくないと言っているのは、どっち側なのか、
という事を、ハッキリ自覚しておかないと、人生をミスリードさせて
しまうことになりますよ、という事なんです。
 
成長のプロセスにある人にとっては、自分の魂が望むことをやるためには、
表層的な感情が判断する、避けて通りたい事をやっていかなければいけない
ことなどしょっちゅうあります。
 
それを、
 
「これは私が本当にやりたくないこと。
 で、やりたくないことはやらないことが大事だから」
 
っていいながら、やらないで行くと、人生がこじれていく
可能性が非常に高いんですよね。
 
といっても、表層的な感情がいやがっていることを絶対にやれ、
とは言いません。
体調不良の時に無理をしたりするのは本末転倒ですし、
どうしても、その気になれない、っていうタイミングも
あるでしょうからね。
 
でも、何度も言うように、それは、魂レベルで「やりたくないこと」の
話じゃないんだ、という事だけ、解っておいてもらえたら良いんです。
 
で、いつかきっと、避けて通ってきたそのことを、やるときが来る
だろうな、って覚悟しておけば良いんです。
そうしていくうちに、いつしか、表層的な感情で嫌がっていたことも、
魂が本当に望むことをやるためには避けて通れないことなのだ、
という事が解るときが来るでしょう。
その時に、えいっと一歩を踏み出して、勇気を持って、やりたくないことに
チャレンジしていって下さいね。
その向こう側に、本当にやりたかったこと、手に入れたかったものが、
待っていますから。
 
★☆イベントのお知らせ★☆
  
9月10日
 水野浩志と語り合う前者後者勉強会
 http://m-stn.com/seminar/bf/
 ※定員15名 残席8席
 
9月22日
 前者後者番外編
 自分と他人を理解するユング的タイプ論ワークショップ
 http://m-stn.com/seminar/bf/mbti/
 ※ 定員15名 残席6席!
9月24日 
 【第17回】自身力養成講座
  ~言いたいことをきちんと言える人になる方法~
 18:15~21:00中野にて開催予定
 
10月1日
 【第2回】性格改善トレーニング 
 http://m-stn.com/seminar/bf/manual01/
 ※ 定員6名 残席1名! 
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20160902
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションにご興味ある方はこちらへ

セッションメニュー


● 継続セッションの無料相談面談始めました
  詳しくはこちらへ

私、プチンと切れてしまいました。


━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立したものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
こういう子たちは鉄児とでも言うのだろうか……
86 ワロス↓ (アウアウ Sa01-t1qj) sage 2016/08/30(火) 15:00:13.07 ID:w+jg5fcGa
 園児A「電車ごっこやろう!」
 園児B,C「やろうやろう!」
 園児A「こちら山手運転指令、各列車乗務員に連絡です。
     中央快速線、御茶ノ水駅構内にて人身事故。
     各列車乗務員におかれては旅客案内方に注意されたい」
 園児C「山手1839G了解」
 園児B「山手1842G了解」
 
  

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. 科学的人材育成法 観察編

  2. どんな人でも育てられるようになる、重要な考え方

  3. ネガティブなことをを感じたときの正しい対処法4ステップ

  4. 間違った部下の信じ方

  5. リーダーは「頑張る」を過剰評価しない

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31