仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 38 view

そんな期待はしない方がマシ

こんにちは! 水野です。
本編の前にお知らせを。
今月の開催セミナーは以下の通りです。
3月の自身力養成講座の募集ページが準備できました!
は3月18日・14:00~17:00開催となります。
第35回 感情をコントロールする
  ~感情に振り回されない人になろう~
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s02180318/
 
という事で本題を。
育てる人に対して期待を持ちながらも、苛立ちを感じている人は、
その「期待」をすることをやめてしまおう。
 
なぜなら、おそらくその人は、「期待」というもの自体の考え方が
間違っているだろうから。
 
私自身もそうだったけれど、結構な人たちが、期待というものを
 
「こうなってもらいたい」
 
と理解しているようだ。
 
しかし、こうなってもらいたいは「要求」であり、期待とは
本質的なところは、まったく別のものなのだ。
では、期待という言葉の本質はなにか。それは、
 
「求める」
 
ことではなく、文字通り
 
「期を待つ」
 
こと。
だから、期待する人は、待つ覚悟も併せてしておかないと、
期待をするだけ、焦りを生み出すことになってしまう。
 
じゃあ、待つ覚悟をするためにはどうしたらいいかというと、
 
「相手を100%信頼する」
  
ということが前提としてないと、なかなか出来ない。
ここで言う期待は、未来の変化成長の可能性を信じること。
相手に対して、この信頼をする前提がないまま、要求だけを
ぶつけていったら、そりゃあ焦って苛立ってしまうだろう。
 
その焦りは、おそらく人を育成する上で、良い影響を与える
ことはないだろう。
 
そんな期待ならば、しない方がまだマシだよね。
 
 
注:
ここで言う「要求」とは、あなたが相手に求める姿を、
相手もきちんと理解し、合意している場合の話。
期待要求とすり替わって問題になるケースの多くは、この合意すら
ないために引き起こされていることも多い。
当たり前だけれども、その点も留意されたし。
■□■□■□■□■□■ 今日のひと言 □■□■□■□■□■□
期待すると言いながら、要求していないか?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20180315
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
●毎月開催されている自身力養成講座の詳細とご案内はこちらへ

自身力養成講座〜自らの人生を切り拓く力を身に付けよう〜


● 個人セッションにご興味ある方はこちらへ

セッションメニュー


● 継続セッションの無料相談面談始めました
  詳しくはこちらへ

私、プチンと切れてしまいました。


━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立したものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ある意味、これは秀逸なTips!
250 名前:回想774列車[sage]   投稿日:2018/03/12(月) 09:17:36.85 ID:5W6lWcWC
東京駅で大がしたくなり駅トイレに行ったが、大混雑していたので
入場券を買って発車前の新幹線グリーン車のトイレで用を足した
ことがあるw
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup