仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 16 view

それはかっこいいのか

おはようございます。水野です。
今日は、自分のことが人にどう見られているのかを気にする人に向けて、
お話ししてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 自分が求めていたかっこよさ
─────
昔から、私はかっこいい人になりたいと思っていました。
自分がかっこいいと思うだけでなく、周りの人からも
「かっこいい!」
といわれる人になりたいと思っていたんです。
このかっこいいという意味は、外見のことではありません。
顔や体は、親からもらった造形で行くしかないと思っていましたし、
服装にも無頓着だったので、ブランドもので着飾りたい、という
気持ちもありませんでした。
そういうところではなく、生き方とか、普段の行いとか、仕事っぷりとか
そういったものがかっこいいという状態になりたいと思っていたんです。
そして、そういわれるように、自分なりに頑張ってはみたんですね。
しかし、そのがんばりの割には、周りからは期待していた声が
聞こえてきませんでした。
というより、むしろ望む声とは逆方向の意味の言葉を言われていたような
気がします。
そして、時が流れて現在。
昔は全く言われなかった「かっこいい」という言葉を
人から頻繁にかけてもらえるようになったかというと、
そんな事はありませんが、少なくとも、逆方向の意味の
言葉は、言われなくなりました。
自分自身も、今の自分がかっこいいとは思っていませんが、
それでも昔の自分に比べたら、ずいぶんとましになったんじゃないか、
と思うようになりました。
そして、仕事を通じて年間に何百人もの方たちとお会いするように
なった今思うと、昔の私と同じ勘違いをして、かっこよくなろうと
している人がいることに気づいたんですね。
さて、昔の私は、かっこよさをどう勘違いしていたのでしょうか?
 
 


━━━━━
  ● それはかっこいいのか、それとも……
─────
以前の私も含め、かっこいいと言われたい人たちの多くは、
かっこうよくなるプロセスの中で
 ■ 何かを身にまといたがる
傾向があるように思います。
整形手術や衣装によって、かっこよさを求める人もいるでしょうし、
知識や情報を身にまとう事によって、かっこよさを求める人もいる
ことでしょう。
以前の私は、後者のタイプで、
 「水野さんって、頭良くってステキ♪」
といわれたがっていたんですね。
しかし、こういった「身にまとうことでかっこよくなる」という
考え方では、決してかっこいいという評価はもらえないんですよね。
むしろ、そういうことをしている人は
 「あいつ、ええかっこしいしやがって」
と陰口をたたかれてしまうのがオチなのであります。
本当にかっこいい人というのは、
 ★ 着ているものを脱ぎ捨てて裸になれる
ような人なんだと思うんですよね。私は。
素の自分をためらいなく出せるような人。
成功や失敗を含め、過去の自分すべてを受け入れて
てらいなく語れる人。
そんな人がかっこいいんじゃないか、と私は思うんですよね。
その上で、素の自分をしっかり成長させていく努力を
怠らない人は、ますますかっこいいと思うんですよ。
昔の私が求めていたかっこよさとは、全く違いますが、
今は、こちらのかっこよさを目指して行きたいと思っています。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  ええかっこしいを目指すのでなく、本当のかっこよさを目指そう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
しかし、冷静に思い返してみると、昔の自分は、今自分が目指している
ようなかっこいい人を見て、かっこいいと思わなかったのかというと、
決してそんな事はなかったんですよね。
そして、衣装を着飾ったり、知識をひけらかしているような、
ええかっこしいの人を見て、「この人かっこいいなあ」と
思ったかというと、そんな事なかったんですよね。
他の人が思うのと同じように「なんだあいつ、ええかっこしい
しやがって」って思ってましたよ。
なのに、何でかっこいい人を見習おうとせずに、ええかっこしいの
方向に走ってしまったんでしょうか。
潜在意識レベルまで掘り返していったら、色々と理由が
出てくるかもしれませんが、顕在意識のレベルで言うならば、
 ■ 自分がええかっこしいの方向に走っていることに気づかなかった
というのが、一番の理由だと思います。
人間って、不思議なもので、口で言うこととやってることとが
全く違っていて、しかもそれに本人が気づいていないことが
よくあるんですよね。
だから、もしあなたがかっこいいという評価が欲しくて、
それに向かって努力をしているにもかかわらず、その評価を
してもらえていない状態だとしたら、
 ★ 自分の求めていることとやっていることにギャップがないか
チェックおよび軌道修正をしてみた方がいいかもしれません。
その時に私がお勧めする方法は、
 ★ 自分がかっこいいと思う人の生き方を出来るだけまねてみる
というやり方。
ポイントは「やり方」ではなく「生き方」をまねてみると
いうところにあります。
やり方だけまねようとすると、上っ面をなでるだけで
終わってしまうことにもなりかねませんが、生き方を
まねようとすると、結構一生懸命その人を観察し、
そして継続して実践していかないとうまくいきません。
また、まねしようと思っても、なかなかまねできない生き方を
していることもよくありますので、すべてをまねることは
なかなか難しいでしょう。
しかし、そういったところに目を向けていると、自分が今までやってきた
努力の方向性が、実は間違っていたんじゃないか、と気づくことも
できますので、少なくとも、より自分が求めているかっこうよさに
近づけるような軌道修正は出来るでしょう。
そうやって、お互いに、少しずつ自分が理想とするかっこいい姿に
近づいていきましょうね。
 
 
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 私に5時間ください。そうすれば私はあなたを、
  『参加者に確実な成果をもたらす講師・教育者』
  に大変身させることができます。
  セミナー参加者の8割に対し、48時間以内に行動を促すほど
  高品質なセミナー・研修構築術を今ここに公開します。
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
一昨日は、お仕事仲間の方と、銀座のもつ鍋屋さんに行きました。
いつもメルマガで「ホルモン、ホルモン!」と騒いでいるので
だったらおいしいお店に連れて行ってあげましょう、とのことで。
おお、うれしい! と期待していきましたが、確かにおいしい!
もう、モツのフルフルした柔らかさは、期待以上の味わいでありました。
以前の打ち合わせのときも、お店の前を通ったときに行列していましたが、
今日も、日曜日だというのに、お店は行列状態。
しかし、この味なら納得と言わざるを得ません。
残念ながら、昼に食べたマーラー麺に、辛さがたりないとラー油を
たっぷりとかけて食べてしまったせいか、もつ鍋を食べる前から
胸焼けをしていて、沢山食べることは出来ませんでした。
何とももったいないことをしたと、ほぞをかみながらお店を後に。
また今度、絶対戻ってくるからな! と堅く心に誓って
お店を後にしたのでありました。
ということで、Uさん、ご心配かけて申し訳ありませんでしたが
これに懲りず、ぜひまた連れて行って下さいませ(深々礼)。
 
 
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://www.itmedia.co.jp/bizid/mizuno_index.html

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup