仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 9 view

自分に○(丸)をつけようとしない

ふんわりフワフワ系の自己啓発(笑)では、

「今の自分に○(丸)をつけよう」

なんてことが言われています。

・ダメな自分に○をつけよう。
・出来ない自分に○をつけよう。
・今の自分が0点でも○をつけよう

などと言いながら、自分に○を付けることを
推奨する考え方です。

まあ、この考え方は、自分のことを、全く
肯定出来ない、メンタルを病んでいる状態で、
なおかつ、この言葉を素直に信じて実行
できる人にとっては、一定期間は効果が
あるでしょう。

しかし、ある程度心身が健全になった人に
とっては、この考え方はメリットより、
デメリットの方が大きくなるでしょう。

理由を説明します。

まず、ここでいう「○」とはなにかを、
一言で言ってしまえば、

 ■ ×を生み出す元となるもの

なんですよね。

光あるところに影があるのと同じく、
○があるところには、×が生まれます。

つまり、自分に○をつけよう、という考えは、
自分に×がつくかもしれない可能性を、常に
含み続けている考え方なんですよね。

そして、自分を肯定出来ていない人間は、
自分が肯定出来ないがゆえに、いくら自分に
○をつけようとしても、その対立概念である
×が、自分の内に芽生えてしまい、無意識の
うちに、自分に×をつけてしまう。

こういうことが起きてしまうのです。

なので、こういう人は、そもそも論として、

 ★ 自分で自分に、○×をつけない

という考え方をした方が良いんです。

今の自分は、常に、○でも×でもなく、
そういう自分である、というだけのこと。

その上で、今後どう生きるかを、意思決定し
行動していく。

ただそれだけ。

そう考えておいた方が良いんですよね。

例えば、自分が大学受験のみであるとして。

東大を狙っており、合格には900点が必要
だとする(すいません、最近の受験事情が
わからないので、このあたりの点数適当です)。

で、模試を受けたら、600点だった。

このとき、600点取った自分に○をつける
のではなく。

かといって、×をつけるわけでもなく。

ただただ、

「合格にはあと300点が必要な状態だ」

という事実を受け入れ、その上で、必要な
勉強をする。

ただそれだけの話。

ここに、○も×も、一切必要ありません。

では、実際に大学受験をして、東大に
落ちてしまい、滑り止めにしか合格
しなかったとする。

こういう状態の自分に対しても、○や×を
つけることなく、ただただ、

「東大は不合格だったが、滑り止めには受かった」

という事実を受け入れ、浪人して東大を
目指すか、滑り止めの大学に入って、次の
人生のステップに進めていくかを選択する
だけの話です。

もちろん、目指していた東大に入れなかった、
と言うことは、残念であり、悲しいことでは
あるでしょう。

その感情は、それとして尊重し、否定は
しない。

そして、東大からは○ではなく、×をもらって
しまったことも、事実として受け入れる。

でも、それはただの事実であって、

 ■ 東大に合格できなかった自分は×である

と考える必要も無いし、

 ■ 東大に合格できなかった自分も○である

などと考える必要は無い。

ただただ、この事実を踏まえ、今後どう
生きていくかを選択するだけなんですよね。

今まで私が見る限り、自分に○×をつける
人のほとんどが、自分や周りの人を苦しめ
ているように見えます。

今の自分に、○なんかつける必要ありません。

これからの自分がどう生きるか。

そのための意思決定を的確に行うためにも、
今の自分に、○とか×とか、変なバイアスを
かけて、曲げて理解するよりも、ただただ、
淡々と、自分の現状を、理解・把握して
いきましょう。

それが、平穏に自分を成長させ、より自分を
幸せにさせていく考え方になるんだろうな、
と思いますです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup