仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 29 view

それでも他人を変えたいという人は

おはようございます。水野です。
本編の前に、お知らせです。
来る11月21日に、私の朋友、上村光弼さんと一緒に行う、
出版記念講演の開催が9日後に迫って参りました。
9月に「一流の部下力」と言う本を出された上村さん。
そして、10月に「結果を出す人の勉強法」を出した
水野が、本には書ききれなかった話を、半日かけて
させて頂きます。
私のメルマガをお読みになっている方なら、絶対聞く価値ありの、
このW講演会に、是非皆さんいらして下さいね。
講演会の詳しい内容はこちらです。
 → http://www.bestseminar.jp/event/w_publication.html
さて今日は、昨日に引き続き、メールマガジンの読者からの
ご質問にお答えしようと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● さらに食い下がった質問が……
─────
先日、「狩野英孝に学ぶ行動力」というタイトルで、
恥ずかしくても行動することの大切さをお話ししました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1000432.html
そして昨日、このメルマガを読んだ方から、
  そのメルマガを読んだ読者の方から、恥ずかしがって
  行動しない人たちに対して、どう接して行けばいいか、
という質問を頂き、それにお答えしました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1006331.html
そのお返事を、かいつまんで書きますと、
 人は自分が変わろうとしない限り変わらない。
 だから、その人が変わろうと自分で決断するまで
 待ちましょう。
というものでした。
その結果、ご質問頂いた方も含め、多くの方から
納得したというコメントを頂きました。
しかし、一部の方から、
「それはもう、その通りだと思うのだけれども、それ以外にも、
 他人を変える様なことが、何か自分には出来ないだろうか」
と食い下がった質問をしてきた方がいらっしゃいました。
また、納得した、という方のコメントからも、行間からは
少々のがっかり感が伝わってきた感もあります。
ということで今回は、それでもなお、他人を変える方法について
考えてみたいと思います。
 
 


━━━━━
  ● それでも他人を変えたいという人は
─────
昨日のお話の通り、洗脳とか薬物とか脅迫など、外からの
強制力がない限り、人を変えることはなかなかできません。
であるにもかかわらず、普通の人が他人を変えようとする場合、
変えたい気持ちがない人に
 ■ 変わるための行動や方法論を一生懸命押しつける
ということをやってしまいがち。
勉強しなさい! とか、もっと積極的に仕事に取り組め!
といった感じですね。
でも、多くの方は、これが徒労に終わっているわけです。
なぜなら、しつこいようですが、変わる気がない人が、
自分が変わるような行動や方法論を実践するわけが
ないからです。
ということは、まず、行動や方法論を押しつける前に
「変わりたい!」と思わせることが必要となるわけですよね。
では、その方法とはなんでしょうか。
普通の人が出来る、ひとつの方法に、
 ★ 変わった後の結果を自分自身で魅力的に体現する
というものがあります。
変えたい人の前で、その人が変わった後の姿を
楽しげに見せるわけです。
例えば、勉強に楽しげに取り組み、そして良い成績を取ったり、
試験に合格するといった姿を見せる、とか。
積極的に仕事に取り組み、お客さんから喜ばれたり、周りの人の
役に立ち、そして認められている姿を見せる、とか。
そういった、変わった後の楽しさや喜びの結果を
自らの行動を通してみせることで、
 「この人のようになりたいな」
と思われるように、行動しようというわけです。
そして、その人があなたのように変わりたいと思ったところで、
そうなるための行動や方法論を教えてあげれば、きっとその人は
あなたが望んだとおりに変わることが出来るでしょう。
もし、どうしても変わって欲しいと思う人が、あなたの身近に
いたら、ぜひこの方法を試してみて下さいね。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・質問
  変わり方を指南するのではなく、変わった姿を魅力的に見せよう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
さて、2回に分けて読者の質問に答えてみましたが、
きっと読者の方たちの中には、まだこの解答に不満を
持つ人もいることでしょう。
 「いくら自分が変わった姿を魅力的に見せても、その本人が
  ああなりたいと思わなければ変えられないではないか」
という言葉が、おそらく真っ先に出てくるかと思います。
そうなってしまう理由は、
 1.自分の魅力がまだまだ足りない
 2.本当にその人がその姿を魅力と思わない
のどちらかです。
1.の場合、人にとやかくちょっかいを出すステージにいないと
思っておいた方が良いかもしれません。
自分のことを満足に輝かせることが出来ない人が、
人を変えてやろうということの方が、思い上がった
間違いだとも考えられますよね。
だから、この場合は、本当に自分自身の生き方が、
本当に満足できるものになっているかどうか、
もう一度見直してみると良いでしょう。
2.の場合は、もうまっとうなやり方ではあきらめるしか
ありません。
それでも、相手を思い通りに変えたい人は、洗脳などと行った
強制力を持って変えるのが、手っ取り早いと思います。
人に迷惑をかけたり、危害を加えたりと行った状態ならば、
それもまた、やむを得ないこともあるでしょう。
ただ、そうではなく、単に自分の生き方とは違うという
だけだとしたら、そこまでして、相手をなぜ変える必要が
あるかどうか、もう一度考え直してみるべきかもしれません。
ひょっとすると、自分の価値観を押しつけ、強引に相手の
生き方を変えようとしている、そんなあなた自身こそ、
変わらないといけないかもしれませんよ。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20091113
  ※リンク先にはコメント欄があります。
   なかなかお返事ができませんが、
   よかったら感想や、叱咤激励など、
   聞かせて下さいね。 
 
    ▽▲▽▲▽▲ 出版記念講演開催のご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」の出版を記念して、
朋友でもあり、「一流の部下力」を出版された、
上村光弼さんと一緒に、出版記念講演を行うことと
なりました。
200人規模の講演会となります。是非皆さんいらしてください!
詳しくはこちら
 → http://www.bestseminar.jp/event/w_publication.html
   ▽▲▽▲▽▲ 招聘セミナーのご案内 ▽▲▽▲▽▲
今までの自分の枠を踏み越える「自分開発」法
勉強し、努力もしているのに結果が出なくて、ストレスを抱えてい
たり、やる気を失ったりしている営業パーソンやマネージャーが、
少しだけ考え方を変えるだけで仕事が楽しくなり、結果も出るよう
になる究極の方法とは?
詳しくはこちらへ
⇒ http://www.itbt.biz/event/20091123_MY.html
※ このメルマガ読者限定で、13日中に申し込んで
  くれた方は、1万円引きの特別価格で受講できます。
  お申し込みの方はお申し込みのコメント欄に
  「水野のメルマガを見た」とご記入下さい。
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
マイケルジャクソンの映画「THIS IS IT」を見てきました。
さすが、世界のエンタティナーですね。
完全に見入ってしまいました。
かみさんも、ポップコーンとジュースを買って
劇場に入ったんですが、ポップコーンの袋を
開けることなく、映画に没頭していました。
この映画については、今後のメルマガでまた取り上げたいと
思いますが、これはぜひ、皆さんに見て欲しい映画ですね。
特に、マイケルのことをニュースでしか見聞きしていなかった
という人には、ぜひ見て欲しいです。
トップクラスのエンタティナーの仕事を、ぜひ見て欲しいです。
私自身の仕事観にも、大きく影響を及ぼしました。
そもそも2週間の期間限定講演だったようですが、
さらに2週間延長ということで、11月27日までは
後悔しているようです。
映画館に急ぐべし。
ちなみに、この映画のオフィシャルサイトはこちら
 http://www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit/
さて、昨日の我が家のネコブログ。
かみさんと啓介は、本当に仲が良いんです。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20091112.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーのご紹介の依頼を頂くことが良く
ありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup