仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 24 view

実践から学ぶ効果的な方法

おはようございます。水野です。
メルマガの前に、セミナーのお知らせを。
今度の12月23日に、今年最後のライブセミナー、
  「人の心を動かすメールセミナー メルマガ事例編」
を開催いたします。
個人ブランディングをしていくにあたり、重要なスキルの
ひとつとなる、
  「人に喜ばれる情報を継続的に発信できる力」
を身につけるための考え方、方法をお話ししますので、
ご興味のある方は、是非いらして下さいね。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/
 ※ 12月18日まで早期割引特別価格です!
さて今日は、日頃私が言っていることについて、
掘り下げて考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 実践が重要と言っているけれど……
─────
普段から私は、
「何事も実践することが重要」
と、しつこいくらいに言っています。
一つの理由は、
 ★ 実践しなければ、成果が生まれない
というもの。当たり前ですが、忘れがちです。
だから、成果を生み出すために実践するのですが、
もちろん、その実践結果の全てが、期待する成功
であるとは限りません。
むしろ、失敗と呼べるような成果の方が多いでしょう。
そして、多くの人は、その失敗を経験してしまうことで、
「ああ、うまく行かない」
とぼやいて、実践をやめてしまうようです。
そういう人たちを見ていると、明らかに
 ■ 実践から学ぶ方法論を分かっていない
と、私には見えてしまうのです。
ということで、今回は、実践から学びを得る、効果的な
方法についてお話ししましょう。
 
 


━━━━━
  ● 実践から学ぶ効果的な方法
─────
まず、一番始めに説いておかなければいけない誤解があります。
それは、
 ★ 実践した後には成功も失敗もなく、
   ただ結果という情報だけが存在する
ということ。これ重要です。
多くの人は、実践の結果を【成功か、失敗か】で測ろうとします。
そして、一喜一憂して終わり、ということを繰り返しています。
しかし、本当に実践から学び、求める結果を出していきたいのなら、
こういった考えは捨てて、もっと科学的な考え方を持たないと
いけません。
では、科学的な考えとは何か。それは、
 ★ 仮説と検証を繰り返す
ということです。
私は、自分の力で、欲しい成果を生み出していくためには、
この方法しかない、と思っています。
では、具体的に「仮説と検証」を行うための方法について
お話しします。
まず、仮説ですが、多くの人は、たどり着きたい結果を
想定して終わってしまいますが、それではいけません。
効果的な仮説を立てるためには、結果を想定すると同時に、
 ★ その結果にいたるプロセスによる反応も想定する
ということが必要です。
例えば、A社からの売上を上げたい、といった場合、
売上を上げるための営業プロセスを考える、という
ことは、やっている人がいますが、
 ■ その各プロセスで起きる反応の仮説を明確に立てていない
というケースは、非常に目につきます。
例えば、
「この提案書の1ページ目の1段落目を読んだら、担当の気持ちが
 こう変わり、そして2段落目を読むと、その気持ちがこう変化して……」
といったように、相手の反応の仮説を、細かく立てている人は、
どこまでいるでしょうか。
しかし、そういった仮説を立てておかないと、
 ★ 期待通りの結果がどこで出なかったのかが分からない
ということになってしまいます。
しかし、こういった細かい仮説を立て、各プロセスで、
仮説通りの結果が出たかを検証すれば、どこでうまく
行かなかったのかが、はっきりと分かるわけです。
そして、うまく行かなかったところを改善することで、
望む成果に近づいていくことになるわけです。
出てくる結果に単純に一喜一憂するばかりではなく、
その結果を粛々と検証して、次の手に活かすことで、
望む成果を手に入れられるようになってくださいね。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   結果を感情的にならずに受け止め、仮説と検証を繰り返そう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
各プロセスの反応を明確にせよ、というと、おそらく
「でも、その時々のプロセスの反応なんて、分かりませんよ」
という人が出てくることでしょう。
分からなくても良いんです。まったく問題ない。
そんなときは、
 ★ 起こる反応とその理由を、勝手にでっち上げればいい
んです。
もちろん、根拠のないでっち上げですから、たいていの場合、
その通りにはならないでしょう。
でも、うまく行かなかったことを検証することで、
「こうしたらうまく行かない」
という情報が集まっていき、次の仮説が立てやすく
なるわけです。
これを繰り返していくうちに、単なるでっち上げから、
ある程度根拠のある予測が出来るようになっていくのです。
もし、分からないからといって、想定結果をでっち上げる
ことをしないと、いつまで経っても、予測力が身につきません。
だから、最初はでたらめでもでっち上げでも良いから、
各プロセスで起きる反応と理由を、きちんと作って
みて下さいね。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20091217
  ※リンク先にはコメント欄があります。
   なかなかお返事ができませんが、
   よかったら感想や、叱咤激励など、
   聞かせて下さいね。 
 
 
 ┌───
┌────
● 個人ブランドを確立するために必要な情報発信力を身につけよう!
    ★ 相手をうならせ虜にする自己表現力を身につける ★
           人の心を動かす文章の作り方
           ~ メルマガ事例解説編 ~
              12月23日開催
  → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/index.php
       ※ 早期申込み特別価格は12月18日まで!
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ちなみに、今日の話を、もっと詳しく知りたいという方や、
結果を出す全行程をきちんと理解したいという方は、
私の本「結果を出す人の勉強法」をぜひ読んで下さい。
→ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4769610130/mizuno0e-22
この本と併せて、このメルマガ毎日読めば、効果絶大です。
ということで、メルマガ読者の課題図書にしておきましょう。
なんか、強制的な感じで聞こえるかも知れませんが、
そうです、強制です(笑)。
ということでぜひ買ってください。よろしくお願いします!
さて、昨日の我が家のネコブログ。
あつみ♂のツボが、よく分かりません……
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20091216.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup