仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 20 view

新入社員に仕事の厳しさを教えてはいけない

おはようございます。水野です。
さて今日は、新入社員を受け入れる上司や先輩達に、
是非聞いておいて頂きたいお話をしたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● いつまでも学生気分じゃ困るんですよ
─────
今はおそらく、新入社員研修まっ盛り、という企業も
多いのではないでしょうか。
この時期になると、講師たちも大忙しのようで、
東奔西走しているようです。
そんな講師の方たちからよく聞く話なのですが、
発注元の企業担当者から、
「いつまでも彼らが学生気分じゃ困りますんで、
 ぜひ、仕事は厳しいという事を、まずは教えてください」
というリクエストをよく聞くそうなんです。
まあ確かに、この大不況、のんびりゆったりやっていたら、
あっという間に会社は傾いてしまうことでしょう。
それに、今まで勉強していれば良かった学生時代とは違うと
言うことも事実であります。
しかしながら、私思うに、新入社員達に,一番始めに
仕事の厳しさを教えるというのは、絶対にやっては
いけない事だと思っているのです。
その理由はといいますと……
 
 


━━━━━
  ● 新入社員に社会の厳しさを教えてはいけない
─────
そもそも、仕事って何でしょうね?
厳しさを実感するためにやるものでしょうか?
そうではないですよね。
私が思うに、何かしらの価値を生み出して提供することにより、
社会に貢献することが、仕事というものだろうと。
その為に自分たちは、ひとつの理念の元で、価値を創造し、
提供するために行動していくわけです。
そうやって、社会に多くの価値を提供し、貢献することが
出来たら、おそらくはたくさんの人から、感謝の言葉を
頂くことでしょう。
その感謝の言葉を頂くことは、何よりも嬉しく、喜ばしい
ことであり、さらには、売上や利益をも生み出します。
と、こういうことを、皆さんの会社に合わせて伝えて
行くことこそが、一番大切なのだと、私は思うんです。
つまり、新入社員に一番最初に教えることとは、
 ★ 仕事とは、理念に従って社会に貢献し、人に喜ばれ
   感謝されながら利益を生み出す、楽しくやり甲斐のあるもの
である、という事なんですよね。
もちろん、それを実行するのは、簡単ではないでしょう。
いや、むしろ大変であり、おっしゃるとおり、厳しい状況に
おかれることも、多々あります。
しかし、その厳しさの向こう側には、社会の貢献と、
人々からの感謝と、利益が待っているのです。
そういうことを教えずに、いきなり
「仕事は厳しいものなんだぞ」
と教えてしまうのは、私に言わせれば、ものすごい嫌がらせ
でしかなく、誰の得にもならないと思うのです。
新社会人となる彼らにとって、一番最初に学ぶことによって、
彼らの一生の考え方が決まると言っても過言ではありません。
そんな彼らに、まず一番始めになにを教えるか。
よーく、よーく、考えてくださいね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 仕事の厳しさを教える前に、仕事を通じて得られる喜びをまず教えよう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
じつは、この「仕事は厳しいものだと言うことを教えてくれ」
というリクエスト、最近増えてきているようです。
昨今の不況は、深刻なダメージを企業に与えており、
その影響のせいで、「仕事は厳しい」と言うことを
ことさらに伝えたがっているようなんです。
でも、これもまたおかしい。
そもそも、仕事が厳しくなったのは,一体誰の責任なのでしょう。
おそらくは、学生時代を過ごしてきた彼らのせいではなく、
社会で働いてきた、私たち既存の社会人達が生み出した
結果でしょう。
そういう事態を招いてしまったことを棚に上げて、新社会人に
「仕事は厳しいものだ」
と教えるのって、なんか図々しいような気がするんですよね。
そう考えてみると、一番始めに教えることは、新入社員達に
仕事の喜びを教える前に、まず私たち自身が、
 ★ 仕事とは他人に喜びを提供するものであるという本質
を、今一度深く理解する必要があるのではないかと思うのです。
義務やノルマで働いたり、出来るだけ楽したりズルをしながら
働いて、お客様をだまし、迷惑をかけながら働いている人。
そこまでとは言わずとも、お客様から感謝のメッセージを
ほとんどもらわない状態で働いている人。
そんな人たちは、新入社員があなたの元に来る前に、
ぜひ、他人に喜びを提供するという仕事の本質に
もう一度立ち戻り、新入社員の範となる先輩として
接して上げてくださいね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100415
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 人が集まり、満足度が高く、口コミが生まれるセミナーを企画する
      ★☆★☆  高品質セミナー企画講座  ★☆★☆
     高品質セミナー作成講座をさらに掘り下げた新バージョン
  → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日から3日間、筑波で新入社員研修であります。
まっさらな状態の彼らに対して、今日話したことを
伝えて行きたいと思います。
片道2時間以上という遠方の場所ではあり、現在このメルマガも、
つくばエクスプレスの中で書いておりますが、今からもう、
ワクワクしています!
さて、昨日の我が家のネコブログ。
啓介、頑張っております。えらいえらい。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100414.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup