仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 38 view

自分はまだまだ未熟です

おはようございます。
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
6月分は早々に満席となりました、1分間自己アピール講座。
7月開催が27日に決定しました。
自分のことをきちんと伝えたいと考えている人は、
この機会に是非いらして下さいね。
詳しくはこちらです
 → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
さて今日は、つい先日自分のみに起きたことについて
考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 社会人失格の烙印を押されました
─────
今日、所用で都心に向かうべく、西八王子で電車を待って
いたときのこと。
お昼前でほとんど列もなく、私はある男性がひとりで
立っていた真横に並びました。
中央線は、電車を待つときは、通常2列で並ぶので、
ひとりだけ男性が立っていた脇に立つのは、まあ普通の
事だったと思っていたわけです。
程なくして、電車がやってきました。
止まる間際になったので、ドアに向かって一歩前に進んだら、
突然隣の男性が、
「お前、割り込みするなよ!」
と私に向かって言いました。
何のことか分からないまま、扉が開いたので
乗り込もうとすると、
「割り込むなと言ってんだよ!」
と言って、押し戻したんですよね。
しかし、どう見ても、私はその人の前に
入り込んだわけでもないし、ルール通りに
2列に並んで電車に乗ることは常識のはず。
電車のドアに一歩近づいたのが、その男性より
私の方が早かったと言うことはあるかもしれませんが、
お互い先頭に並んでいる人間ですから、それについて
とやかく言われることもないはず。
なんだかモヤモヤした気持になったんだけど、
まあ、2列乗車のルールを知らなかったのかと
思ったので、その男性に、
「ここは2列で並んで乗るんですよ」
というか言わないかのうちに、
ルールを揉まれない大人は最低だ!
そんなヤツは社会に出ても通用しない!
と、一方的に大声でまくし立ててきました。
そのあとも、私が口を開くと、同じような言葉で
大声で罵り続け、こりゃ駄目だと撤退することに
したのですが……
 
 


━━━━━
  ● 自分はまだまだ未熟です
─────
昔は自分は短気でして、今回のようなことが起きたら、
すぐに喧嘩になっていました。
まあ、本質的には今でも短気なんですけど、でも今は、
すぐに喧嘩などもせず、少しは腹が立つかもしれませんが、
すぐに落ち着いて、怒りに振り回されることはなくなりました。
……と、思っていたんですが……
その時の私は、そうなりませんでした。
まあ、喧嘩まではしませんでしたが、押さえきれないほどの
激しい怒りがわき上がってきたんですよね。
あまりに激しい怒りで、指先が震えるほどでした。
そして、懺悔と共に告白しますが、その男性に対し、
 ここには書けないような、残虐でプライドを引き裂く言葉を100、
 一番その男性が困り、苦しむであろう報復方法を50、
 もっとも残酷で痛々しい殺害方法を10、
を、脳内で考えて、それを男性に実行するシミュレーションを
行ってしまったのでありました。
そして、その後も、ちょっとでも気持がゆるむと、無意識のうちに
その男性に対しての報復行動を考える様になってしまったんですね。
ようやく今になって落ち着いてきましたが、本当に腹が立って
腹が立って、仕方がありませんでした。
しかしまた一方で、この一件を通じて痛切に感じたのは、
 ■ 己の未熟さ
でありました。
私は、このあたりの感情のコントロールは、ずいぶん出来る
ようになったと思っていたんですが、全く出来てない。
手先が震えるほど、腹を立ててしまい、脳内とはいえ、
人としてやってはいけないことを山ほどやってしまっている。
それに気づく自分もいるのだけれど、それでも怒りが抑えられず、
気が付くとまた脳内で、あんな仕打ちやこんな辱めをやってしまう。
もちろん、こんな時にどうしたら良いか、どう考えたらいいか、
このメルマガにも何度か書いているわけですから、自分も知って
いるんです。
そして、実際に今回だって、怒りからの脱出法を自分でも
実践しているんです。
でも、それでも、怒りが収まらない。
結局、ある程度の時間の経過と、そして、こうして皆さんに
このことをお伝えすることによって、今ようやく落ち着いて来た、
といった有様であります。
いやはや、もう出来ると思い込んで、私は思い上がっていましたよ。
まだまだ精進が足りませんねぇ……
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
    大丈夫だと思っていることほど、大丈夫ではないもの
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今回は、私の愚痴話に付き合っていただくような形になって
しまいましたが、それでもあえて、実のありそうな話を
頑張ってしようとするならば、
 ★ 自分の未熟さを許すということはとても大切
だということでしょうか。
結局、その男性に対しても、怒りに震えてしまう理由のひとつが
 ■ 彼の言動を、自分は許すことが出来ない
という気持から来るものだとおもうんですよね。
ということは、彼の言動を、自分の中で許すことが出来たら、
ここまで腹を立てることはないわけですからね。
自分の未熟さを許せない人間は、人の未熟さを許すことって
やっぱり難しいことだと思うんです。
だから、この自分の未熟さを、まずは許してやりたいんですよね。
その上で、理不尽な罵声を浴びせたあの男性を許せる時が来るのを
心待ちにしていきたいと思います。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100618
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 自分の売りを伝え、あの人と一緒に仕事をしたい! と思わせる
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 正価25,000円のセミナーを5,250円で提供! その理由はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
    7月27日開催分、募集開始しました!
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
今回のメール、色々未消化の所もたくさんあって、
正直発行しようかどうしようか、悩んでおりました。
まあでも、未熟でグシャグシャしているところを
見てもらうことも、たまにはいいかな、と思って、
思い切って発行してしまうことにしました。
水野も、こんな感じで、行きつ戻りつしながら生きて
いってるんだな、って優しく受け止めてやってくださいませ。
さて、昨日の我が家の猫ブログ。
以前、あつみ♂が隣に進入したときは、まじで焦りました……
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100617.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup