仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 42 view

サリバン先生に学ぶ、力尽くで人を変える方法

おはようございます。
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
コーチ、コンサルタント、カウンセラー、士業の方などで
これからセミナーをビジネスに取り入れていきたいという方
向けに、セミナーを開催いたします。
今まで、高品質セミナー作成講座と何が違うのか、
と言う問い合わせをたくさん頂きましたので、
違いが明確に分かるよう、サイトの内容を一新し、
さらに、受講者の声も掲載しました。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semplan/
 ※ 早期割引特別価格は7月27日まで!
さて今日は、身近に生き方を変えて欲しい思っている
人がいる方にむけて、お話ししたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 相談事を何件か頂きました
─────
ちょっと前のメルマガで、お酒を飲んで運転するお父さんを
どうにかしたい、という方からのご相談を取り上げさせて
頂きました。
詳しくは、この<完結編>からのリンクをご覧下さい。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1226603.html
で、その後、このメルマガのせいか分かりませんが、
何人かの方から、
「この人を変えたいと思っているがどうしたら良いか」
という相談が何件か舞い込みました。
まあ、私はカウンセラーではないし、こういった問題の
専門家でもありませんから、正直納得して頂けるような
答が出来ないので、まずは相手を理解しましょう、といった
メッセージを送るんですよね。
これについては、相手と良好なコミュニケーションを
取りながら自分のメッセージを伝えていくならば、
必須のプロセスですので、間違ったことは言っていないはず。
しかし、相談者から見ると、分からず屋の相手と、
中途半端に歩み寄るようなコミュニケーションを
取りながら相手を変えるなんて、まどろっこしくて
仕方がない、と思う人もいるようです。
確かに、引きこもって何年にもなるニートとか、
こじれて関係修復が不可能と思われるような
状態では、のんびりと理解し合ってなんていう
やり方ではどうにもならないと思う方もいらっしゃる
ことでしょう。
ということで、今回は、力尽くで相手を変える方法について
考えてみたいと思います。
 
 


━━━━━
  ● サリバン先生に学ぶ、力尽くで人を変える方法
─────
私が大好きで、何度も折に触れてみる映画のひとつに
「奇跡の人」があります。
耳と目と口が不自由という、三重苦を抱えたヘレン・ケラーが
サリバン先生と出会い、大きな成長を遂げていく、という
感動的な物語です。
わたし、このメルマガを書くために改めて調べて驚いたんですが、
「奇跡の人」というのは、ヘレン・ケラーを指すのではなく
サリバン先生のことを指すそうですね。
現代は「the Miracle Worker」といって、日本語に訳すと
「奇跡を起こした人」という意味になり、ヘレンを導き
成長させる奇跡を起こしたサリバン先生の話、となるそうです。
ということで、その奇跡を起こしたサリバン先生の教育を描いた
映画なのですが、私的に一番印象深かったところは、食事の
しつけをヘレンに行うシーンでした。
コミュニケーションが取れないヘレンに対して、家族が教育を
放棄してしまった結果、歩き回り、他人のお皿から手づかみで
食事を取る様な子供に育ってしまった姿を見たサリバン先生。
離れにある小屋を借り、ヘレンと二人きりでそこへ閉じこもって、
きちんと座り、お皿から、フォークとナイフを使って、食事を
取ることを教えることにしました。
このとき、サリバン先生は、ヘレンに対して、徹底的に
力尽くで料理をマナーよく食べさせようとします。
わがまま勝手に育ったヘレンは、徹底的に反抗しますが、
サリバン先生も負けません。
そして、お互いの意地と意地とがぶつかり合い、取っ組み合って
大暴れをしながら、最後にやっと皿からフォークを使って
料理を食べさせることに成功したのです。
このシーンは、映画史にも残るのではないか、と私は勝手に
思っているくらい、二人の演技に鬼気迫るものがあるんですよね。
その時、サリバン先生は、なぜヘレンにきちんと料理を食べさせる
ことが出来たのか。
私思うに、これは、
 
 ★ 【意志】の強さによるもの
だと思うんですよね。
このときのサリバン先生には、
 「マナーを守って料理を食べるのが正しい」
という【考え】で、ヘレンと接していたわけではありません。
 「ヘレンにマナーを守って料理を食べさせる」
という【意志】で接していたと私は思うのです。
対するヘレンは
 「絶対に良いなりにならない」
という【意志】を持って反抗していました。
そういう状態の中で、どちらかが相手を良いなりにさせようと
したら、それはもう【意志】が強い方に軍配が上がるに
決まっています。
さらに、このときのサリバン先生は、
 ★ 皿から食事を取るまで、小から一歩も出さないし、出ない
と、堅く【覚悟】を決めていました。
そして、その意志を貫ききったからこそ、最後にはヘレンは
根負けし、皿から食事を取ることになったんですよね。
もちろん、その後もヘレンへの教育は、順風満帆というわけには
行きませんでしたが、それでもなおこの一件は、ヘレンに大きな
意識の転化を植え付けるきっかけになったのです。
ということで、もしあなたが、誰かを力尽くで変えたいとしたら、
 ★ 相手の意志を上回る【意志】
を持つことが必要であり、なおかつ
 ★ 一旦決めたら、死んでもそれを貫き通す【覚悟】
も、また合わせて持つ必要があります。
そんな意志も覚悟もなく、安易に人を力で変えようとして、
途中で諦めてしまうならば、あなたは相手から、
 ■ 一生信頼されない、取るに足らぬ人
という存在になってしまっても、文句は言えないんでしょうね。
ということで、人を力尽くで変えたいときは、ぜひ、死にもの
ぐるいの意志と覚悟を持って取り組んでくださいね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  人を力尽くで変えたいなら、相手の意志と覚悟を越えるものを持ち
         それに死にものぐるいで取り組もう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
さて、人を力尽くで変える意志と覚悟が決まったら、さらにもうひとつ
大事なことを、奇跡を起こした人、サリバン先生から学ぶ必要が
あります。
それは何かというと
 ★ なぜ、その人を変えようとするのか、という想い
を明確に持つ、ということ。
サリバン先生は、三重苦のために外界から幽閉された
ヘレンに対して、一貫して伝えたかったことを持っています。
それは、
 「ものに名前があり、人に言葉がある」
ということ。
それを知ることで、幽閉された暗闇の牢獄から脱出することが
出来、素晴らしい世界があるのを知ることが出来る。
ぜひ、ヘレンにその素晴らしい世界を感じさせて上げたい!
という想いが根底にあるからなんですよね。
けっして、サリバン先生にとって、都合の良い人間に
育てようとしていたわけではないんです。
ですから、もしあなたが、力尽くで人を変えようとするならば、
まずは徹底的に、自分にとって都合が良いという考えを
廃し、その上で、
 ★ 相手の知らない素晴らしい世界を教えたいという強い想い
を持つ必要があるでしょう。
その想いを持った上で、相手を上回る意志と覚悟を持てば、
多分誰もが、力尽くでも、また、ひょっとすると、力尽くで
なくても、相手のことを変えることが出来るんでしょうね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20100723
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● コーチ・コンサル・士業で独立を目指す方へ
  自分のブランドを創り上げ、高品質なサービスに育てるための
      誰にでも取り組める、具体的な方法とは?
  → http://sp.m-stn.com/seminar/sembegin/
         ※ 次回開催は8月14日です!
┌────
● 自分の売りを伝え、あの人と一緒に仕事をしたい! と思わせる
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 正価25,000円のセミナーを5,250円で提供! その理由はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
       8月6日開催分募集開始 残席8名です!
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日と今日は横浜で研修でした。
昨日は、初日と言うことで、上着を着て向かいましたが、
この暑い中でスーツを着て外を歩くのは自殺行為ですね。
営業の人達は、本当に忍耐強くて立派だと思います。
私はへなちょこですから、今日はスーツの上着は失礼させて
もらいました。
ということで、今日も暑くなりそうですが、皆さんも
この気温に負けず、頑張って下さいね!
ということで、昨日のかみさんの猫ブログ。
昨日のメルマガで書いたゴッキーの話。かみさんとコラボしました。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20100722.html
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup