仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 16 view

感謝の意を示す方法

おはようございます。
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
毎回好評を頂いております、1分間自己アピール講座。
次回は、10月31日に開催いたします。
自分の売りや強みをきちんと伝えたいと考えている人は、
この機会に是非いらして下さいね。
詳しくはこちらです
 → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/
さて今日は、人に対して、感謝の意を示す方法に
ついて考えて見たいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● ミナサンダイスキデス アリガトウ
─────
ネットで見つけた、ちょっと素敵なエピソードを
ご紹介しましょう。
107 :おさかなくわえた名無しさん
:2010/10/07(木) 00:11:21 ID:qcBAwNxs
日本びいきじゃないけどいい奴らだった留学生の思い出。
高校のときのオーストラリアからきた交換留学生3人(男1女2)
半年くらい?英語の授業を中心に一緒に勉強して、帰る前日に
クラスでお別れ会をやった。
クラスで順番に一言ずつ英語で別れの言葉を言ったんだけど、
みんながたどたどしい英語でありがとうとか元気でなとか言って、
ウケを狙う奴とか、かわいい演出をする女子グループとかもいて、
楽しい感じだった。
でも留学生たちはそれが嬉しかったらしく、女2人は感極まって
泣き出してしまった。
その後、3人は「これだけは言いたい」って言って英語で
しゃべりだした。
英語の先生の通訳を介して、日本はとても素晴らしい国だ。
本当に真面目で礼儀正しくて、素晴らしい人達がいる。
美しい自然も何もかも思い出になった。
そんなことを涙ながらに話してた。
一方、クラスの俺たちは結構冷めてるというか、ポカーンて
感じで、本人たちと温度差があった。
で、次の日の朝登校すると、黒板に何か書いてある。
そこには大きくて不揃いでやや崩れ気味のカタカナが。
アリガトウ
アリガトウ
ミナサンワスレマセン
ミナサンダイスキデス
アリガトウ
先生曰く、みんなが頑張って英語でメッセージをくれたのに、
自分たちは日本語が話せなかったと。
だから最後だけでも日本語で気持ちを伝えたい、と言ってたらしい。
そこでその日の夜に英語の先生に頼み込んで、比較的簡単と
思われるカタカナを練習して、飛行機が出る当日の早朝に
3人でやってきて、何度も何度も黒板に書き直したんだと。
英語で感謝の気持ちを言われたのも悪い気はしなかったけど、
黒板にカタカナで書かれた日本語の方がジーンときた。
 
 


━━━━━
  ● 感謝の意を示す方法
─────
人から何かをしてもらった場合、何らかの形で
感謝の気持ちを伝えますよね。
そのとき、お返しという気持ちで何かものを渡す
ということもよくありますが、純粋に、嬉しかった、
ありがたいという気持ちを伝える事も、とっても
重要です。
今回の留学生の子たちも、クラスメートが開いてくれた
送別会に感激し、今、自分たちが伝えられる、喜びの
気持ち、感謝の気持ちを、一生懸命伝えました。
おそらく、その言葉にウソはなく、本当に気持ちのこもった
メッセージだったのだと思います。
しかしながら、クラスメートたちの心を打ったのは、
次の日に、黒板に書き残した、留学生たちの、たどたどしい、
そして、簡単きわまりない、カタカナのメッセージでした。
きっと、前日に伝えたメッセージの方が、感謝の気持ちを
伝える内容としては、アリガトウの一言よりも情報は
豊富で聞き手も理解しやすかったでしょう。
しかし、出発の日であるにもかかわらず、飛行機に間に合う
時間の中で、片言の日本語を一生懸命に覚えて、黒板に
書き残していったメッセージの方が、数倍も感激することに
なるんですよね。
人から何かをしてもらったときには、感謝の気持ちを
言葉だけではなく、行動でも伝えていくこと。
そうやって
 ★ 相手のことをありがたく想いながら、手間をかける
ことが、相手に届く、感謝の伝え方になるのでしょうね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  感謝の気持ちを伝えるときは、言葉だけでなく、手間もかけてみよう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
最近のビジネスは、効率化が重要だと言われています。
確かに、短時間で高い生産性をたたき出さないと
いけない状況におかれていますから、結果を求めて
効率化を極限まで図る必要はあるでしょう。
しかし、
 ■ お客様の対処に関して、効率化を図る
こととなると、慎重になる必要があるでしょうね。
事実、いかに効率的にお客様を裁くか、ということばかり
考えている企業は、衰退してしまい、最近では、お客様に
手間をかけている企業の方が成功しているようですし。
お客様には、求められるニーズを満たし、より高い満足を
してもらうように手間をかけ、その時間を確保するために、
他のプロセスに対して効率化を図る。
これが正しい効率化なんだと思うんですよね。
企業は、お客様があって、初めて存在できるもの。
だからこそ、感謝の意を、手間をかけてあげることに
よって表現してみてはいかがでしょうか。
かくいう私も、最近忙しくなってきているせいか、
お客様にきちんと手間をかけていないところも
出てきており、今回の留学生たちの話を聞いて、
大いに反省したのでありました。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20101018
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
  DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
      先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ネットで見つけた、ひっくり返るほど驚いた映像。

パッと見、ただの特撮映像だと思うんですが、
実はこれ、リアルタイムで処理しているんだとか。
要するに、生放送中に、目の前にあるものを消してしまう
ことが出来ちゃうんだそうですよ。
ついにここまできちゃったか、という感じですね。
おもしろい時代に生まれたものです。
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup