仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 40 view

私のサラリーマン物語 ~初めての部下~

おはようございます。
水野です。
さて今日は、毎週火曜日恒例の、私のサラリーマン時代の
お話であります。
サラリーマン物語のバックナンバーは、こちらをご覧ください。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
では、早速参りましょう!
 
 


━━━━━
  ● 私のサラリーマン物語 ~初めての部下~
─────
コンピュータ業界から足を洗い、地に足のついた仕事をしようと
友人の働くコンビニ経営の会社に勤めようとしたものの、そこの
社長は採用に及び腰。
しかし、新規事業で始めたイベントビジネスを手伝い、
なんとか成功させることが出来、無事採用されました。
仕事は、友人の代わりを務めると言うことで、コンビニの店長。
学生時代にアルバイトもしたことはありますし、数ヶ月ほど
アルバイトという立場でそのお店で働きもしましたから、
多少は勝手がわかっていたつもりでした。
しかし、店長としての仕事は、早々に躓きます。
まず、アルバイトがちゃんと働いてくれない。
遅刻をしたり、急に休まれたり、サボられたり。
腕利きのアルバイトもいてくれて、助けてはくれるんですが、
それでも回せず、自分が売り場に立つことはしょっちゅうでした。
パートの平日の昼間を守ってくれるパートのおばちゃんたちも、
最初は気を遣ってくれていたようですが、徐々に不平不満を
ぶつけてくるようになりました。
仕事に慣れてない私は、売り場の仕事は彼らほどは出来る
はずもなく、かといって、それではなめられると思い、
陳列から清掃まで、なんとか一人前になろうと頑張るのですが、
やっぱりそう簡単には身につきません。
ということで、みんなになめられっぱなしのヘボ店長でありました。
しかし、一応自分も店長である、というプライドはあるし、
一番偉い人間なんだぞ、という姿勢は持ってないとと思って、
態度だけは突っ張っていたんですよね。
そんなわけで、アルバイト連中からは評判のよろしくない
店長で、前店長である友人が、ちょくちょくやってきては
バイトやパートの人たちのガス抜きをしていたんですよね。
その後、親会社がやってい多、小売り酒販店の店長も
掛け持ちすることとなりましたが、そこででも、社長の
お母さんであるおばあちゃんとの折り合いが悪かった。
小僧扱いするおばあちゃんに、自分は店長としてこの店を
任されているのだからと、突っ張ってしまい、結構険悪な
関係になってしまいました。
さらに、そこで働くパートのおばさんも、おばあちゃん側に
つくことにより、私の言うことをちっとも聞いてくれない
状態に。
社長からは、「酒販店を売れるお店に変えろ」という
命令が来ているので、なんとか頑張って改革しようと
するんですが、おばあちゃんとパートのおばちゃんとで、
徹底的に反対されてしまう始末。
そんな、アルバイトやパートたちとうまくいかない状態の中で、
24時間休み無しのコンビニ店長に加え、酒販店の店長として、
二店掛け持ちで面倒を見る生活が続きました。
朝の8時過ぎに出勤し、夜中の12時を回るまで働くようなことを、
土日も休まずにやり続けていたでしょうか。
自分なりには頑張っているのに、なんでみんな言うことを
聞いてくれないんだろう。
何で友人は、こんなわがままな人たち相手に、うまいこと
お店を回していたんだろう。
働けど、働けど、、思い通りにならないこの状況に、心底
へとへとになりながら、バイトやパートの人たちへの怒りを
募らせていったのでありました。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
         従業員は道具ではなく人間である
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今にして思えば、当時の私がみんなから総スカンを食らうのは
当たり前でありました。
そのときの私は、一言で言うなら、
 ■ 未熟なアルバイトの意識のまま店長職に就いてしまった
という状態でした。
だから、たいしたビジョンも持たず、お客様を満足させよう
という気持ちも薄く、当然ながら、アルバイトやパートたちの
教育方針もなく、うまくお店が回り、売り上げが伸びればいい、
ということしか考えていませんでした。
そんな意識で、店長の立場を振り回すのだから、そりゃあ、
働かされる側の人は、たまったもんじゃないですよね。
さらに、コンビニも酒販店も、ゼロから熱い思いを持って
立ち上げたお店ではなく、2代目として前の器を引き継いで
働き始めた訳です。
当然ながら、以前の流れで働く人は、極端な変化を嫌いますから、
それだけでも、結構抵抗には遭いますよね。
そんな中で、たいした方針やビジョンも持たず、それでもなお、
自分が新しい店長だから、自分流でやるよ、といって、今までの
やり方を受け止めた上で、新しいやり方に着手しようと言うことを
一切考えませんでした。
要するに、自分なりに頑張っているつもりだったのですが、
そのがんばりがすべて、
 ■ 下で働く人たちを否定することにつながっていた
ことに、結果的になってしまっていたんですよね。
当時の私は、そういうことに一切気づかず、
 言うことを聞かない奴らが悪い。
 店長の言うことは黙って聞けよ。
という気持ちでいっぱいでした。
こうして、従業員を人ではなく、道具のように扱ってしまった結果が、
24時間365日、休みなく働きづめになりながら、いつまでも
人のことで胃を痛める様な仕事ぶりにつながっていったんですよね。
人の上に立つ立場なら、ビジョンやミッションをしっかりと持ち、
その実現に向けて、メンバーたちを道具扱いせず、人として接して
行きながら、共に歩んでいく。
きれい事に聞こえるかもしれませんが、こういう組織を作ろう
という意識を持って取り組まない限り、いつまでも次元の低い
課題に悩まされ続けることになるでしょう。
中途半端に部下をコントロールする小手先テクニックを学ぶより、
根っこの部分から、しっかり考えて積み上げていく覚悟を決めた方が、
よっぽど効果があると、私は思うんですよね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20101123
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
  DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
      先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
このメルマガを書いている今、松本行きの列車に乗っている
ところであります。
私のメンターの一人でもある、横内会長の合宿セミナーに
向かっています。
今回は、仕事が詰まってしまい、遅れて夜に入るのですが、
それでも、学ぶことは多く、今晩と明日が楽しみであります。
ということで、そろそろ電波が入らないところにさしかかりますので、
配信手続きに入せて頂きます!
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup