仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 24 view

倒れている人を見かけたら

おはようございます。
水野です。
本編の前にお知らせを。
コーチ・講師・コンサルタント・カウンセラーの方
またはその業界を目指している方向けのセミナーです。
自分の商品・サービスの単価が倍増し、かつお客様が今まで以上に
満足し感謝される、品質向上のための具体的手法が学べるセミナー
 ★☆ 水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー☆★
が、12月25日のクリスマスに開催されます。
自分の強みは、自分一人で考えていても見つかりません。
他人の頭を借りて、お金を稼げる強みを見つけてください。
詳しい内容はこちらをご覧下さい。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/analyze/
  ※ 早期割引特別価格の申込期限は17日まで!
さて今日は、昨日の夜の小さな出来事で思い出したことを
お話したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 酔っぱらいが自転車置き場で……
─────
昨日は、都内でとある集まりに参加し、終電近い電車で
家まで帰ってきました。
平日とはいえ、かなりの人が駅で降り、皆それぞれ
家路に急いでいました。
私は、駅まで自転車で来ていたので、駅近くの
自転車置き場に向かったのですが、近くまでいくと、
人が寝そべっています。
自転車も横倒しになり、鞄も倒れた自転車の
下敷きになってる状態。
どうやら、酔っぱらって寝込んでしまったようです。
そこには、何人かの人が通り過ぎていき、
寝そべっている人がいることに気づいている
人もたくさんいました。
しかし、寝そべっている人に声をかける人は、
誰もいなかったんですよね。
私も、ただの酔っぱらいが寝込んでしまったん
だろうと思ったんです。
だから、しばらく寝てれば目も覚めるだろう、
寒いかもしれないけど、厚着をしているから、
風邪も引かないだろうし、と思って見過ごす
事も出来たかもしれません。
でも、その姿を見たとき、私は20年前の
ある出来事を思い出したのでした……
 
 


━━━━━
  ● 倒れている人を見かけたら
─────
それは、働き始めて間もない、23,4歳の頃。
仕事が終わった後の夜遅くに、地元の友人達と、近所の
ファミレスで話をしようということとなり、私の車に
数人乗り込んで道を走っていました。
車の通りが少ない道を通っていたところ、道ばたに
人が倒れている姿を見かけました。
不審に思って、車を止め、ドアの窓を開けて声をかけました。
「おじさん、大丈夫ですか?」
すると、そのおじさんは、
「#&%$#*+@¥#@$! 馬鹿野郎!」
と、最後の馬鹿野郎だけ聞き取れたものの、あとは
ろれつの回らない返答。
服装もきちんとしていない格好だし、馬鹿野郎と
言われたこともかちんと来たので、
「何だ、ただの酔っぱらいかよ!」
と吐き捨てるようにつぶやき、車を出してしまいました。
その後、そんなことはスッカリ忘れ、友人達と2時間ほど、
ファミレスで盛り上がり、そろそろ遅いから、ということで
家に帰ることに。
来た道を戻って走っていると、ちょうど、口の悪い
酔っぱらいが倒れていたところに、救急車やパトカーが
やってきていて、人だかりが出来ていました。
どうやら、あのおじさんは、ただ酔っぱらって寝転んで
いた訳ではなかったようなんです。
一体何があったのか。あのおじさんは無事だったのか。
気にはなったものの、もし最悪の状態だったらと思うと
怖くなり、何も聞かずにその場を走り去りました。
ひょっとしたら、酔っぱらいではなく、ひき逃げ事故に
遭って、道ばたに倒れていたのかも……
あのときに車から降りて、きちんと対応していたら、
もっと早く手当を受けることが出来ただろうに……
その後も気がつくと、そんな考えや後悔が襲ってきて、
私の心を鬱々とさせ続けたのです。
今もなお、そのおじさんの安否は分かりません。
でも、あのときに感じた
「あそこで見過ごさず、もっときちんと対応していたら」
という後悔のしこりは、20年経った今もなお、
心の一部を占めています。
そして、その後悔のしこりを、これ以上大きくしない
ためにも、道ばたで寝ている人を見たときには、声を
かけるようにしているのであります。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   心のしこりを大きくしないよう、出来ることをやっていこう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
これは別に、人が倒れているときの話だけではありません。
ちょっとだけ面倒だと見て見ぬふりをして何かをしない、
ということが、誰かにとって、意外と大きなダメージに
なってしまうことは、多々あります。
もちろん、相手が被ったダメージの原因は、自分には無い、
といいきることは出来るでしょう。
しかし、自分が関わることで、そのダメージを与えずに
済んだということも事実であったとしたら、本当に自分は
無関係だと胸を張って言えるでしょうか。
私は、そこで自分の心にしこりが生まれてしまう人間のようです。
だから、いまだに20年前の出来事を忘れられずにいます。
こういうしこりが大きくなると、考え方や性格にも
悪い影響を及ぼしてくるんじゃないかと思うんですよね。
そんなことを思いながら、私は、自転車置き場で
寝そべっている人の肩を叩き、
「大丈夫ですか?」
と声をかけました。
幸い、その人はすぐに目を覚まし、あたりをキョロキョロ
見回した後、
「あ……ああ、すいません」
と立ち上がりました。
「良かった。じゃあお気をつけて」
と言い、無事が確認できて良かった、という安堵感に包まれ
ながら、私は自転車でその場を走り去ったのでありました。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20101208
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
  DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
      先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ネットで見つけた、凄い動画。
こういうのを見ると、日本の技術力って素晴らしいなあと
思いますよね。
 → http://goo.gl/3FsK
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup