仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 21 view

グーグルが批判される記事の共通点とは

おはようございます。
水野です。
本編の前にお知らせを。
コーチ・講師・コンサルタント・カウンセラーの方
またはその業界を目指している方向けのセミナーです。
自分の商品・サービスの単価が倍増し、かつお客様が今まで以上に
満足し感謝される、品質向上のための具体的手法が学べるセミナー
 ★☆ 水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー☆★
が、12月25日のクリスマスに開催されます。
自分の強みは、自分一人で考えていても見つかりません。
他人の頭を借りて、お金を稼げる強みを見つけてください。
詳しい内容はこちらをご覧下さい。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/analyze/
  ※ 早期割引特別価格は本日一杯!
さて今日は、昨日に引き続き、グーグルについての
ことを取り上げてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● グーグル社に対しての賛否両論
─────
昨日のメルマガで、グーグルのことについて取り上げました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1326955.html
かいつまんで言うと、グーグルでは、企業理念が
日常的に使われているので、その点は見習うべき
ものがありますね、というお話でした。
その後、関心も芽生えてきたので、色々とグーグルの
ことを調べてみたんですが、やはり誰もが知る企業
ゆえか、賞賛の声はもちろんありますが、批判的な
意見も少なくありません。
例えば、ストリートビューについては、プライバシーの
侵害ではないか、という声があちこちから上がりました。
また、昨日のメルマガでも触れましたが、中国で検索サービスを
始めたときも、中国政府の検閲を受けていることについて
多くの人が、批判的なコメントを寄せていました。
他にも、アクセス制限の是非についてや、スパムサイトなどを
グーグル独自が判断し,データベースから排除する、いわゆる
村八分ならぬ「グーグル八分」という問題などなど。
このほど左様に、様々な批判を受けているグーグルでありますが、
私が面白いなあ、と思っているのは、この批判のコメントや
記事には、他社の批判ものとは違い、あることに言及している
ケースが少なくないことだったんです。
それは何かと言いますと……
 
 


━━━━━
  ● グーグルが批判される記事の共通点とは
─────
早速答えを書いてしまいましょう。
グーグルの批判記事の多くに書かれている共通点。
それは、
 ■ グーグルの企業理念に言及している
ということなんですよね。
昨日のメルマガでも企業理念を取り上げましたが、
現在、多くの企業が、企業理念を掲げているものの、
それがきちんと現場で活用されているケースは
少ないようです。
以前のメルマガでもご紹介しましたが、2008年5月に
ソリューションの調査による
「企業理念について一般社員がどのように考えているか」
というアンケート結果が発表されました。
そのアンケートによると、企業理念を憶えているか、という
質問に対しては、「憶えている」と「だいたい憶えている」を
合わせて、約8割の人がYESと答えたそうです。
しかしながら、その企業理念が社員のモチベーションが上がる
要因になっているか、という質問に対しては、YESが7.2%、
また、社員の行動の指針になっている、という質問も25.5%
の人しかYESと答えなかったそうです。
つまり、7割以上が、企業理念を覚えていたとしても、
お題目だけ、ということになってしまっているんですよね。
しかし、グーグルは、社員が理念を理解しながら活動している
だけでなく、
 ■ グーグルを取り巻く人々すら、企業理念を理解している
訳です。そして、理解した上で、
 「その行為は理念に反しているんじゃないか!」
とか
 「理念に沿っているのは分かるけど、それはやり過ぎだ!」
といった批判をしているわけですよ。
これって、考えてみると凄いことですよね。
企業理念が、社内だけでなく、社外にも浸透している、
ということになる訳ですから。
ではここで質問です。
あなたの会社の企業理念は、あなただけでなく、あなたのお客様や
取引先などにも知られていますか?
もし、知られていないのならば、それは、企業理念が現場で使い
込まれていない、ひとつの証なのかもしれませんよ。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   あなたの会社の企業理念は、社外の人にも知られていますか?
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
グーグルの場合、サイトにも企業理念はもちろん掲載して
いますが、それだけでなく、ことあるごとにトップ層が
その理念を、社内・社外を問わず、口にしているから
何だろうと思うんですよ。
だから、彼らにとっては、企業理念とは額に入れて
飾るものではなく、日常的に持ち歩き、使い倒す
ものになっているんでしょうね。
だから、もしあなたの会社の企業理念が、立派な額に
入って、社内に飾られているだけだったら、すぐにそんな
額は外して、日々身につけて持ち歩いて下さい。
そして、日常的に理念を口にし、世間話や飲み屋の雑談でも
気軽に理念を肴に語り合ってみて下さい。
そうやって、日常会話の中に、ちょくちょく理念が顔を出し、
当たり前のように理念と一緒に生活しているような状態に
なりましょう。
そうなったときに、初めて、大きな判断から小さな判断までを、
理念に沿って自然に意思決定することが出来るようになると
私は思うんですよね。
企業理念というのは、本来、それくらい身近なもので、
体にすり込まれているものであるべきなんですよね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20101217
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
  DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
      先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ここでは今まで色々とロボットを紹介してきましたが、
これはまた意外とありそうでなかったやつ。
お好み焼き焼いてます。パフォーマンス付きで(笑)
 → http://goo.gl/S5fB3
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup