仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 24 view

本当に理解するということとは

おはようございます!
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
自分自身の強みを活かしてビジネスを展開していきたい、
講師やコーチ、コンサルの方向けのセミナーです。
自分の商品・サービスの単価が倍増し、かつお客様が今まで以上に
満足し感謝される、品質向上のための具体的手法が学べるセミナー
 ★☆ 水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー☆★
を、2月20日に開催されます。
自分の強みは、自分一人で考えていても見つかりません。
他人の頭を借りて、お金を稼げる強みを見つけてください。
詳しい内容はこちらをご覧下さい。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/analyze/
さて今日は、ちまたでよく耳にする言葉について、
考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● ツトムくんのギブ・アンド・ギブ
─────
私が参加しているメーリングリストで、ちょっと素敵な
話が送られてきました。
ちょっと長いので、私なりに手を入れてご紹介すると……
小学5年生のツトムくんという子供がいました。
彼は、お父さんから人生を生きていく上で大切な考え方として、
「ギブ・アンド・ギブ」という言葉を繰り返し教えられました。
「ギブ」とは「与える」という意味。
つまり、与えて、また与える、ということが大切なことなんだ、
と教わったわけです。
しかし、ツトムくんは、この言葉の意味が、もうひとつ
理解できなかったんですよね。
で、何となく「困った人に寄付をすること」と理解し、
お小遣いから50円を募金したりしました。
それをお父さんに報告すると、
「ギブ・アンド・ギブは、お金だけじゃないんだよ。
 白い杖をついている人を見かけたら、
 『お手伝いしましょうか』
 と声をかけるとか。
 公園に落ちている空き缶を拾うとか」
とお父さんからのアドバイス。
でも、ツトム君にとっては、とてもハードルが高い内容
だったようで、そんなことは出来ないなあ、という気持ちに
なってしまったそうです。
そんなある日、ある事件が起きました。
それは何かというと……
 


━━━━━
  ● 本当に理解するということとは
─────
ここからは原文を引用してご紹介しましょう。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
ある日のことです。
近くのスーパーにチョコを買いに行きました。
レジで並んでいると、僕の前に並んでいた怖そうなお兄さんが、
「おい、ボーズ!」
と見下ろして声をかけてきました。
サングラスをかけ、耳には金色のピアスをしています。
ドキドキしていると、
「チョコ1個だろ、先に行けよ」
と言いました。
緊張していたので、とっさに何を言われたのか
わからなかったけれど、そのお兄さんに背中を
押されて順番を交代してもらったとき、なんだか
嬉しくて身体が熱くなりました。
お兄さんのカゴは山盛りいっぱいでした。
僕は小さな声で、「ありがとう」と言うのが精一杯でした。
そのとき、わかったのです。
ギブ・アンド・ギブっていうのは、
「自分がしてもらったら嬉しいこと」
を人にもしてあげることじゃないかなって。
難しい算数の問題が解けたときのように、なんだか心が
スッとしました。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
それ以来、ツトムくんは、自分がしてもらったらうれしいことを
探しては、それを人にすることをやり続け、とても楽しくなった
そうです。
それをお父さんに報告すると、
「ツトムが今やっていることは、お返しを求めない行為。
 これをギブ・アンド・ギブというんだよ。
 そして、そういうお返しを求めない小さな親切をすることを
 『プチ紳士』と言うんだよ」
と話してくれたそうです。
ツトムくんは、その話を聞いて、
「世界中のみんながプチ紳士になれば、すばらしい社会になるだろう」
と思い、ますますプチ紳士の行動に取り組みながら、周りの
人たちの良いところを探すようになりました。
すると、周りの人が、みんないい人に見えてくるようになった
と言うことも発見したそうです。
ツトムくんの生き方と考え方、学ぶところがたくさんありそうですね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
           ギブ・アンド・ギブとは、
   「自分がしてもらったら嬉しいこと」を人にもしてあげること
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
さて、今日のお話を読んで、真っ先に私が思ったことは、
 ■ 大人の私は、ツトムくんの感性を持ち合わせているだろうか?
ということでした。
「ギブ・アンド・ギブ」
と言う言葉を聞いたとき、私は真っ先に
「ああ、与えて、さらに与えることでしょ」
と理解し、それで納得してしまいました。
しかし、ツトムくんは、それだけでは理解出来なかった。
いや、もちろん、頭の中では理解したのでしょう。
だから、とりあえず募金などもしていた訳ですから。
しかし、腹に落ちたかのように具体的には理解出来ていない。
だからこそ、お父さんからのいろいろなアドバイスも、
「そんなこと出来ない」
という抵抗を感じ、受け止めきれなかった。
このでのツトムくんのもやもや感は何かというと、
 ★ 頭で理解は理解出来ても、納得して実践出来ない戸惑い
が起きているということなんですよね。
しかし、見かけのおっかないお兄さんに、レジの順番を譲って
もらったとき、ツトムくんは、うれしくて心が熱くなりました。
そして、ギブ・アンド・ギブの本質に、たどり着いたんですよね。
だからこそ、次々とギブ・アンド・ギブを実践し、そして
その実践する喜びにも目覚めていけたのです。
翻って、中途半端に知恵がついた私たち大人は、こういった
ものの考え方が出来ていないケースが殆ど。
だから、「ギブ・アンド・ギブ」という言葉も、表層上の
理解に留まってしまい、たいしてありがたくもないことや、
むしろ迷惑なことを人に施しては、
「オラオラ、与えてやってんだから感謝しろや!」
とか、
「見返りは求めないよ。でもほら、なんか言うことあるだろう?」
みたいな態度を取ってしまう人が少なくないんですよね。
これは、ギブ・アンド・ギブの本質からほど遠い、
きわめて浅はかな理解と言わざるを得ないでしょう。
ツトムくんは、言葉で与えられたことに対して、うわべの
理解で納得したりしなかったこと、そして、小さな経験から、
この言葉を体全体で理解したことが、私はとってもすばらしい
ことだと思うんですよね。
そして、こざかしく情報を身にまとい、大切な言葉を、表層的に
理解しているばかりの大人である私たちは、このツトムくんの
 ★ 血肉が通った物事の理解の仕方
を、大いに参考にすべきではないか、と思えてならないのです。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20110204
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
  DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
      先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
飲み物をアクロバティックに注ぐ、というパフォーマンスは
よく見ますが、これは、アクロバティックに熱い飲み物を
さますパフォーマンスだそうです。
でも、ちょっとおっかないぞ……
 → http://goo.gl/PNXfr
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup