仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 30 view

仕組みを定着させるためには

おはようございます!
水野です。
いつものメルマガの前に、お知らせを。
今度の3月12日に、ライブセミナー
「人の心を動かす文章の作り方 メルマガ事例解説編」
を開催いたします。
「人に影響を与える情報を継続的に発信できる力」
を身につけるための考え方、方法をお話ししますので、
ご興味のある方は、是非いらして下さいね。
→ http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/
※ 2千円の早期申込割引は3月4日まで!
さて今日は、ある会社がとった、業務改善について、
あなただったらどうするか、考えてみて頂きたいと思います。
発行したメールマガジンをご紹介しましょう。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 左折で起きるトラブルを避けるために……
─────
株式会社武蔵野の小山昇社長といえば、勉強熱心な中小零細企業の
経営者ならば、おそらくご存じの方だと思います。
ダスキンのフランチャイズ店をメインとしながらも、その経営手腕が
高く評価され、多くの中小企業経営者の方たちから師と仰がれ、
多くの企業をコンサルティングしている方でもあります。
著書も多数お持ちで、私も何冊か拝読させて頂いておりますが、
非常に具体的でわかりやすく、何をどうしたらいいかが明確に
書かれていて、勉強になります。
小山社長は、仕組みを使って、経営を回していこう、と提唱
している方ですから、これらの教えは、精神論的なものではなく
常に具体的であり、かつ実践的なんですよね。
こちらの会社は、自社内の見学会というものを定期的に
開いていて、社内で、一つ一つの業務を、どうやって
仕組み化しているか、ということを会員企業の方たちに
見せているそうなんです。
その見学会に行かれた人の話を以前聞いたことがあるのですが、
その中で、非常に興味深い話がありました。
武蔵野は、営業車を多数保有しているのですが、その車が
一時期、近所で事故を頻繁に起こしていたそうです。
会社の前の道を左折し、その先のT字路をまた左折していくと、
本通りに早く出られるのですが、その左折した先にあるT字路の
所にある酒屋さんに、年に数回、曲がりそびれた自動車が
突っ込んでしまい、酒屋の主人から怒られてしまう、ということが
起きていたそうです。
そのたびに、小山社長は、社員に対して厳重に注意するように
していたそうですが、同じようなトラブルはなかなか無くなら
なかったのだとか。
そこで、二度と同じような事故を起こさないようにするために
小山社長がとった方法とは、
 ★ 会社の前の道を左折禁止にする
というもの。
左折した先にあるT字路で事故が起きるならば、
そのT字路を通らないような仕組みを作ってしまえばいい。
こういった、至極単純な考え方で、会社の前の道を「左折禁止」
としたおかげで、あれだけ続いていた酒屋に車が突っ込んでしまう
事故が、当たり前ですが、ぴたりと無くなったのだそうです。
まあ、種明かしをされてしまえば、当たり前ではあります。
しかし、実際は、会社の目の前は左折禁止という交通ルールは
無いわけですし、本通りに出るには、右折経由でいくと、そこそこ
遠回りになってしまいます。
であるならば、普通に考えれば、そういうルールを作ったとしても、
素直に守る社員ばかりとも言えないんじゃないか。
少なくとも、私だったら、言うこと聞かずに、社長に内緒で
左折をするけどなあ、と思い、その知人に、素直にこの疑問を
ぶつけたのです。
友人も、同じようなことを思ったらしく、その社長に対して、
ストレートにその質問をぶつけたのだとか。
その質問に対する社長の答えを聞いて、なるほど、やっぱり
すごい人はすごいんだなぁ、と思い知らされたのでありました。
 
 


━━━━━
  ● 仕組みを定着させるためには
─────
多くの企業で頻繁に起きている悩み事のひとつに、
 ■ 仕組みを作ったもののそれが定着しない
というものがあります。
理論的には完璧で、水も漏らさぬようなルールや
マニュアルを作ってみたものの、その仕組みが
全く使われないまま、うやむやのうちに、今までの
ルールややり方がまかり通ってしまっている。
こういう経験って、リーダークラスの人なら、
一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
このとき、おそらく多くのリーダーたちは
こう思うでしょう。
 「何で決めたことを守らないんだ!」
 「この程度のことなら、子供だって守れることだぞ!」
 
と。
しかし、現実では、大の大人が、あなたの決めたルールや
仕組みを、あざ笑うかのごとく守らないでいるわけです。
この状況をいったいどう解決したらいいでしょうか。
先ほどのお話で上げた、小山社長も、実は全く同じことで
悩んだことがあるそうです。
左折禁止、と言うルールを決めた当初も、いくら言っても、
面倒がって左折をしてしまう車が、後を絶たなかったのだとか。
そこで小山社長が取った行動とは、いったい何だったのか。
それは、極めて簡単で、なおかつ確実な方法でした。
つまり、どうしたかというと
 ★ 毎朝車が出る時、小山社長自らが左折しないよう出口を見張った
というものです。
はあ? と思った人や、ばかばかしい方法だ、と思った人も
いらっしゃることでしょう。
わざわざ、社長がそこまでのことをやる必要があるのか、と。
しかし、私はこの方法、大変すばらしいものだと思うんですよね。
なぜなら、これほどわかりやすく、全社員に対して、
 ★ この仕組みを徹底させる、という社長の意志を知らしめる
方法は無いと思うからです。
翻って、仕組みやルールが上手く回らない、と悩んでいる
人たちは、この至極単純で簡単なことをやっていないケースが
ほとんど。
だから、もしあなたの組織で、同じような問題が起きているならば、
小山社長を見習って、
 ★ 仕組みやルールが徹底されるまで、体を張って守らせる
事をやってみてはいかがでしょう。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
    仕組みやルールは、トップが体を張って守らせるもの
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
こんなことを言うと、
 「会社の出口で待ち伏せして車を右折させるなんて、
  社長のやる仕事じゃないんじゃないか」
と思う人も出てくるかもしれません。
確かに、その行為だけをピックアップして評したら、
社長がやるようなことではないように思います。
私も、数年前だったら、同じようなことを思い、
自分だったら、もっと生産的なことに時間を
使うだろうなあ、と思っていたことでしょう。
しかし、大元に立ち返って、社長の仕事について
考えて見ると、
「目的とする結果を生み出す最高責任を背負うもの」
と言えるのではないかと思うんです。
その考え方から立ってみると、小山社長の行為は
きわめて正しく、社長としての責務を果たしている
と思うんですよね。
普通に考えたら、社長がやるべきではないことすら、
結果を出すためならばやってやるという姿勢を、
末端の従業員までにも見せきること。
言葉を超えた行動によって、自らのメッセージを
伝えきるという覚悟を見せる、小山社長の行動が
あるからこそ、あの会社は仕組みやルールが定着
するんですね。
こうしてみると、仕組みやルールが徹底できないのは、
従業員が悪いのではなく、リーダーに問題がある、
ということを思い知らされます。
私も、この話を聞き、改めて襟を正さねば、と
思ったのでありました。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20110221
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 3月21日に久しぶりにライブセミナーを開催します!
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
  DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
      先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
中国の伝統芸能のような映像なんですが、顔のお面が
鬼のような早さで何度も変わるんですよね。
仕掛けはいろいろと想像できるような気がするのですが、
それでもこのパフォーマンスは素晴らしい。
 → http://goo.gl/VWIIW
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. ~公開セミナーのご案内~ リーダーは、人を育てる事に時間とエネルギーを奪われてはいけない

  2. 部下が発達障害ではないか? と疑いの気持ちが芽生えたときは

  3. 適切な答えを引き出す、簡単でシンプルな質問の方法

  4. 愛情を持って見守るということ

  5. それは愛情ではないし、それは非情でもない

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930