仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 22 view

教育者が陥る、教え子の心を折ってしまう典型的対応

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
「人の心を動かす文章の作り方 メルマガ事例解説編」
5月29日に開催されます。
「人に影響を与える情報を継続的に発信できる力」
を身につけるための考え方、方法をお話ししますので、
ご興味のある方は、是非いらして下さいね。
→ http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/
さて今日は、私自身も良くやってしまっている、
大きな間違いについて考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 恩師の素晴らしさとは、いったい何だろうか……
─────
今週月曜日と昨日の二日にかけて、私の高校時代の恩師について
メルマガで書きました。
5月9日【新刊に書けなかった恩師からのメッセージ】
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1536005.html
5月12日【人が生き続けるということ】
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1536989.html
両メルマガとも、宮田先生(仮名)の素晴らしさのせいか、
ことのほか評判が良く、多くの方たちから、「良かったよ」
といって下さいました。
しかし、それ以上に熱い反応をしてくれたのは、やはり
宮田先生を知る、高校生の同期たちでした。
先生にお世話になった方は皆、今回の一件で当時の事を
思い出し、しみじみされたり、涙を流したりされていた
ようです。
ある人は、どんなことがあったか分かりませんが、
在学中に何かしらの問題が起き、その時先生たちから
その人が疑いの目で見られたそうですが、唯一宮田先生
だけが、
「俺はお前の話を信じる」
といって下さったそうで、このことは一生忘れないで
いるとお話しされていました。
私も、教育という現場に身を置く人間として、この宮田先生の
素晴らしさというものを、是非見習いたいと思いつつ、この間
からずっと、先生の素晴らしさについて考え続けていました。
その中で、直接先生にお世話になった方たちの話を聞いていて、
親や教師などの、多くの教育者が陥っている、やってはいけない
ことについて思い至りました。
それは私自身も頻繁にやってしまう過ちであり、しかも
それを、よかれと思い込んでやってしまっていることに
気がつかされたのです。
それは何かというと……
 
 


━━━━━
  ● 教育者が陥る、教え子の心を折ってしまう典型的対応
─────
先生という字は「先」に「生」れる、と書きますよね。
確かに先生という人は、多くの場合、教え子よりも先に
生まれ、教え子の先を行く人生を生きてきています。
そのせいか、先生は教え子に対して、将来のことを
見据えながら接していくことが多いですよね。
しかし、その時の接し方が、あまりに将来のことばかりに
目がいきすぎてしまうことが良くあります。
非常に良く耳にする言葉として、
 「それじゃあ将来立派な大人にならないぞ!」
 「今頑張っておかないと、将来大変なことになるぞ!」
といったたぐいの言葉。
しかし、この言葉を聞いて、教え子たちは、果たして
どう思うでしょうか。
皆さん自身が教え子だったときのことを思い出してみると、
よく分かると思うんですが、まあたいていの人は、
 「うるせえセンコーだなぁ」
位にしか思わなかったんじゃないでしょうか。
私自身も、過去を振り返ってみるに、ほぼ100%こういう
ことしか思いませんでしたよね。
もちろん、大人になった今では、当時の先生たちが
言わんとしていたことが手に取るように分かりますし、
そう言って下さった先生方にも感謝する気持ちを
持っています。
でも、それは、あくまでも、大人になった今だからこそ
解ることなんですよね。
あくまでも、子供の頃の自分にとっては、先が全く分からない
【将来】のことより、自分がリアルタイムで生きている【今】
の方が、重要であり大事なこと。
だから、とても大事にしている【今】をないがしろにされたり
無視されてしまうのは、教え子としては納得いかず、時に腹を立て、
時に悲しみの気持に襲われてしまうんですよね。
その結果、生徒は先生に対して、言うことを聞かなかったり、
反発したりしてしまう。
これが、先生と教え子の間に生まれる、対立構造の
典型的パターンだと思うんです。
では、宮田先生はどうだったか。
一生懸命、記憶を掘り起こしてみるんですが、先生の口から、
「将来○○だからこうしろああしろ」
といった言葉を聞いた記憶が無いんですよね。
そんな未来の話ではなく、宮田先生は、
 ★ ただひたすら教え子たちの【今】を120%受け止める
ことばかり、やっていたように思います。
どんなに悪いことをやっても、勉強しなくても、教え子が
大切にしている【今】を、まずはしっかり受け止めてくれて
いたように、私は思うんですよね。
だからこそ、私たちは、宮田先生を慕い、尊敬し、
精一杯、今の自分たちが出来る事に取り組み続け
られたのだと思うのです。
あなたは、教え子に対して、今をないがしろにしたまま、
将来のことばかり考えて接してはいませんか?
それが、本当に、教え子にとって良いことになっているか、
今一度、冷静に考えてみませんか?
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 教え子たちの未来をどうこう言う前に、彼らの今を大切に受け止めよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
考えてみれば、教え子の未来というものは、先生が作るの
ではなく、教え子本人が作るものですよね。
であるにもかかわらず、先生の勝手な価値観で、生徒の
未来をとやかく言ってしまうのは、問題があるように思います。
少なくとも、宮田先生が特に手をかけてきたやんちゃたちの
多くは、今では結構立派なポジションに就いていて、社会に
貢献する仕事に取り組んでいるようです。
こうした姿を見るに、教え子の将来の人生をとやかく心配
するより、教え子たちが、今を精一杯生きていけるように、
きちんと受け止めてやり、サポートをしてやることが、
一番大切なことなのでしょうね。
そうすれば、教え子たちは、勝手にきちんと自分の向かうべき
先を見つけ、自分自身で未来を切り開いていくんでしょうね。
と、そんなことを思っていたところ、朋友でもあり、
研修講師としての大先輩である、上村光典さんから、
こんなメッセージを頂きました。
  胸の熱くなるメルマガをありがとうございました。
  教育に関わるものとして、ぜひ宮田先生のような
  「死してなお何かを遺せるような生き方」
  をしたいと思いました。
  でもきっと宮田先生はそんなこたぁ微塵にも思って
  おられず、ひたすら目の前の生徒さんたちに想いを馳せ、
  寄り添っておられたのでしょうね。
さすが、私にとって大先輩の講師の方ゆえに、含蓄のある
言葉だと思います。
おっしゃるとおり、先生自身ですら、ともすると、自分の
【今】をおろそかにして、夢見がちな【未来】に気持が
奪われ、浮ついてしまうことも、多々あります。
そうならないためにも、まずは先生自身が
 ★ 【今】の教え子たちを【今】全力で受け止める
という、
 ★ 今取り組むべき、当たり前のこと
を、まずは徹底的にやっていくことに、全力を傾ける
べきなのでしょう。
生徒や自分の未来をどうこう言うということは、これを
きちんとやっている人だけが出来ることなんでしょうね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20110513
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 個人ブランドを確立するために必要な情報発信力を身につけよう!
    ★ 相手をうならせ虜にする自己表現力を身につける ★
           人の心を動かす文章の作り方
           ~ メルマガ事例解説編 ~
             5月29日東京開催
  → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/index.php
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
     先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ときおり、読者の方から、
「メルマガが届かなくなりました。配信をして下さい!」
というメッセージを頂くのですが、頂いたメールアドレスで
お返事しようとすると、エラーとなって返ってきてしまう
ケースが結構あります。
もし、私宛にメールを送っているにもかかわらず、
私からメールが届いていない場合は、出来れば
他のメールアドレスをお知らせ頂くか、お電話等の
ご連絡先を教えて下さい。
特に、5月10日と12日に、「メルマガが届かない」
というメールを送ってきて下さった、メールアドレスが
pから始まるお方。
メールを送っても、エラーで返ってくるし、
お電話をかけても、つながらない状態であります。
私も、是非メルマガをお送りしたいのですが、連絡が
取れないことにはどうにもなりませんです。
どうか、ブログ等でこのメッセージを見ましたら、
別のメールアドレスをお知らせ頂くか、「042」から
始まる電話に出て頂けると助かります。
よろしくお願いします。
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
最新刊「口下手でもできる!人の心を打つトーク術」
4月14日より、全国書店にて発売中!
アマゾンでのご購入はこちら
 → http://goo.gl/9ojdd
「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
また、社会人になってから、独立するまでの私の足跡は
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup