仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 18 view

お前がそう思うんなら

こんばんは!
水野です。
本編の前にお知らせを。
来月、7月23日に、ライブセミナー
「人の心を動かす文章の作り方 メルマガ事例解説編」
を開催いたします。
「人に影響を与える情報を継続的に発信できる力」
を身につけるための考え方、方法をお話ししますので、
ご興味のある方は、是非いらして下さいね。
→ http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/
さて今日は、昨日と一昨日のメルマガについて、
引き続き考えていきましょう。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 考えてはいけない職業
─────
一昨日と昨日にかけて、ある読者の方から寄せられた
メッセージを足がかりに、お話をしてきました。
6/27【訴求力の高いメッセージの作り方:実践編】
 → http://goo.gl/2oKGl
6/28【会社は、あなたを決して潰さない】
 → http://goo.gl/w3cBr
ということで、今日は、昨日のメルマガで予告した、
組織改革の方法について、考えてみようと思ったん
ですが、ちょうど昨日の夜、このメルマガの読者である
naotoさんから、非常に面白いメッセージを
頂いたので、まずはそちらをご紹介しましょう。
 あるところで、ちらっと読みかじった文章です。
 その文に、どこまで深い意味があったのかは
 覚えていませんが。
 「世界で一番つまらない職業は、原子力発電所の職員と、
  核ミサイル基地の保守要員である。
  なぜなら、「改善・改革」を行ってはいけないからだ」
 それもそうですね。原発でコストダウン・人件費削減を
 目標とすると、必要な手順まで削減しかねず、
 (原発じゃなかったけど)JCO臨界事故のような引き金に
 なりかねない。
 核ミサイル基地の保守要員も、(軍人であるけど)ミサイル
 発射手順の「改善・改革」を行っては大変です。
 つまり、決められたことを、文句も言わず、ただこなす
 ことを求められ、自分で考えてはいけない、と。
 もちろん、探せば他にもいくつか出てくるでしょう。
 ここ数日のメルマガを読んでいて、この話を思い出しました。
 やる気がある・無いとはちょっとずれているかもしれませんが……
 さて、水野さんは、このような
 「考えてはいけない職業」
 の人には、どういった言葉をかける・贈るのでしょうか?
 ちょっと聞いてみたいです。
さて、このメッセージに対して、どういう答えをすれば
良いのでしょうか?
 
 


━━━━━
  ● お前がそう思うんなら
─────
話がまったく変わりますが、日本橋ヨヲコさんという漫画家が
いらっしゃいます。
女性漫画家ですが、男性的な、太くてダイナミックな線を書き、
漫画の内容も、かなり骨太で、人間の内面をえぐり出すような
作品を書かれる人です。
私は、「G戦場ヘヴンズドア」という作品しか読んだことがない
のですが、息が詰まるようなストーリーに、身もだえしながら
読んだことを思い出します。
さて、その日本橋ヨヲコさんの作品に、現在も「イブニング」で
連載されている、「少女ファイト」というものがあります。
実は私、この作品は未読なのですが、この漫画の中で使われている
セリフが、ネット上で頻繁に取り上げられているんです。
そのセリフとは、
「お前がそう思うんならそうなんだろう。お前ん中ではな」
というもの。
いやはや、実に含蓄のある、深い言葉であります。
一昨日、昨日に取り上げたFさんのお話も、今回のnaotoさんの
お話にしろ、あくまでも、そういっている人たちは、
 ■ 自分が置かれた環境を解釈した、その人の内面世界の話
なんですよね。
やる気を持って働いているのに、潰されてしまう会社だ
ということも、原子力発電所の職員と、核ミサイル基地の
保守要員が、考えてはいけない職業ゆえに、世界で一番
つまらない職業だと判断するのも、全て、当人の内面世界
だけの話なんです。
実際には、潰されてしまうような会社の中で、活き活きと
働いている人もいることでしょうし、原発職員やミサイル
基地の保守要員の仕事に、やりがいや生き甲斐を感じている
人だっているかもしれません。
まあ、それもすべてその人の内面世界の話ではありますが。
さらに言うと、おもしろいことに、この内面世界というモノは、
 ★ 解釈次第で、どうとでも変化させることが出来る
んですよね。
実際に起きた出来事そのものは、変化させることは出来ません。
例えば、上司が自分がやろうとしていることに対して、
「余計なことをしなくても良いんだよ」と言われたという
事は、起きた出来事として変えることは出来ません。
しかし、その言葉を受けて、「会社が自分を潰そうとする」
と解釈するか、「自分を育てるための厳しさだ」と解釈するのは
その人の選択次第、というわけです。
原発職員が、「改革/改善をしてはいけない」といわれた
からと行って、「考えてはいけない」と解釈する必要はなく、
「書く手順のクオリティを上げるために、自分自身を成長
させよう」と解釈したって、別にかまわないわけです。
起きた現象はひとつ、でもその現象をどう解釈し、自分の中で
自分の周りの世界観を作るかは、あなたの解釈の選択次第。
ですから、もし、今あなたが置かれている状況が納得いかず、
不満や不平を感じていたら、ぜひ
 ★ 今までと、これから起きる出来事を、違った形で解釈する
事に取り組んでみて下さい。
きっと、心象風景が変わって、今までの仕事に、やりがいや
生き甲斐を感じるようになるでしょう。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  今までと、これから起きる出来事を、違った形で解釈してみよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ということで、すいません、昨日お約束した組織改革の方法、
については、紙面が尽きてしまいましたので書くことは出来
ませんでした。
ただ、今日の話と、組織改革の話とでは、つながっている
お話があります。
それは何かというと、
 ■ 組織を改革する人が持つ内面世界はプラスイメージである
ということなんですよね。
組織改革、特に、トップダウンではなく、現場からのボトムアップ
型の組織改革を行おうとすると、ついつい、
「今の組織は間違っている!」
という内面世界のままでスタートしてしまいがちですが、
この考え方で、組織改革が平和的にうまくいくことは
まずないでしょう。
最終的に、その組織を活性化し、社会に貢献できるような
活動にしていくためには、不満や怒りというモノではなく、
夢や希望、というものが動機になる必要があると思うのです。
だからこそ、改革を謳い、立ち上がる人は、不平不満の
内面世界のままを外に向けてはき出すのではなく、夢や
希望というプラスイメージの内面世界を外に向けて
出していく必要があるんですよね。
それに人は影響され、そして共に行動を変えていくわけです。
成功する組織改革とは、まずは、そこからが第一歩だと
私は思うのです。私の中では。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20110629
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● 個人ブランドを確立するために必要な情報発信力を身につけよう!
    ★ 相手をうならせ虜にする自己表現力を身につける ★
           人の心を動かす文章の作り方
           ~ メルマガ事例解説編 ~
            次回開催は7月23日です!
  → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/index.php
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t
     先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
卵アレルギーであることが判明しました。
大好きだった、ラーメン、粉モノ系、ケーキやクッキーなどが
しばらく食べられなくなってしまいました。
うーん、残念。
▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲
最新刊「口下手でもできる!人の心を打つトーク術」
4月14日より、全国書店にて発売中!
アマゾンでのご購入はこちら
 → http://goo.gl/9ojdd
「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!
お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
また、社会人になってから、独立するまでの私の足跡は
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/
★☆ アメブロも始めました
 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/
★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 
★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事