仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 22 view

某幼稚舎の試験問題に思う

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
年末のセールで在庫切れになってしまい、販売を
中止していた
「高品質セミナー作成講座 DVD教材」
ですが、ようやく、増刷が出来、本日より
販売を再開することになりました。
参加者に行動変容を起こし、成果を生み出すセミナーや
研修カリキュラムを構築したい方は、まずはこちらの
サイトをご覧ください。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=968
さて今回は、facebookで紹介されていた、ある問題を
ご紹介しましょう。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 幼稚園児って、こんなに頭が良くないと駄目なの?
─────
昨日、facebookで、面白い問題を見かけました。
某幼稚舎の入試問題で、解答時間制限が5分だそうです。
まずはこちらの図をご覧下さい。
→ http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=969
この4人にはあらかじめ次のことを知らされています。
 ・部屋に入っているのは全部で4人であること。
 ・黒いキャップを被っている人は2人。
 ・白いキャップを被っているのが2人。
 ・自分が何色のキャップを被っているかは知らされておらず、
  自分で自分の頭のキャップを手にして見るのは駄目。
また、A君とB、C、D君との間は壁で仕切られて相手が見えず、
B、C、D君たちは、全員後ろを振り向いて見ることも
禁じられています。
さて、ここまでの条件をこの4人に話した上で、自分が何色の
キャップを被っているかわかった人は声を出して答えてください、
と部屋の外から先生が問いかけるのです。
ここからが問題。
しばらくの沈黙があった後、自分のキャップの色を当てた
少年がいます。
それはA、B、C、D4人のうち誰で、その理由はなぜでしょう?
せっかくですので、あなたもせめて5分間は考えてみたうえで
続きをお読み下さいね。
 


━━━━━
  ● 某幼稚舎の試験に思う
─────
……いかがでしたでしょうか?
facebook上でも、かなりの盛り上がりを見せ、
皆さんそれぞれチャレンジしながら、一喜一憂
していたようです。
これについては、非常に私も気持ちが分かるんですが、
この問題に取り組んでいた人たちの多くが、これを、
 ■ 論理思考を試す問題
と見ているようなんですよね。
確かに、この問題はジャンルとしては論理思考に
くくられると思います。
しかし、私が疑問に思うのは、
 「この幼稚舎は、幼稚園児に論理的思考力を試したのか?」
ということなんですよね。
facebookでは、かなりの大人たちが、5分以内にこの問題を
解くことが出来なかったようで、答えが分からないという人も
少なくありませんでした。
その人たちの理由を見ていると、
 ■ 論理的な思考だけで答えを導き出そうとしていた
ように思えるのです。
しかし、幼稚園に上がる前の子供に、それほど論理的な思考が
出来るかというと、私は個人的には難しいと思うのです。
ちなみに、私はこの問題を2分で解くことが出来ました。
でも、そのときに私は、「論理的思考力で答えを導き出した」
という感覚は、あまりなかったんですよね。
では、どうやって答えを導き出したか。
そのときの脳内を時間軸に沿って再現してみると、
 1.前提条件を理解する
 2.4人それぞれの立場に立って考える
 3.最後に、少々の論理を使って答えを導き出す
というものでした。
このプロセスを経れば、知識が乏しく、論理的な思考力を
後天的に身につけた人でなくても、簡単に答えが出る
はずなんですよ。
しかし、この問題を解けなかった人、または解くことに
5分以上時間がかかった人の書き込みを見ていると、
 ■ プロセスの1および2を疎かにしていた
ように思えるのです。
で、ここまで考えたとき、この幼稚舎が改めて
何をこの試験で問うているのかを考えてみると、
おそらく 論理思考力を試したいのではなく、
 ■ 人の話をきちんと理解し、相手の立場に立って考えられるか
ということなのだろうと思うんですよね。
そのうえで、自分が10年前にこの問題と出会ったらどうだったか
考えると、とても時間通りに答えられなかっただろうと思うのです。
何せ、人の話は聞かなかったし、相手の立場に立って考えることが
全く出来ませんでしたからねぇ……
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
某幼稚舎は、人の話を理解し、相手の立場に立って考えられるかを試していた
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ということで、この問題に対しての回答のひとつを
付記しておきます。
1.白い帽子と黒い帽子がそれぞれ2個あり、自分の帽子の色が
  確信持てたら答えるという条件である。
  また、その条件が提示された後、だれもすぐに答えなかった。
2.4人の立場、それぞれに立って考えると、
   A:だれの帽子も見えず、情報不足で分からない
   B:上に同じで分からない
   C:一人の帽子しか見えず、分からない
   D:もし、前の二人の帽子が黒黒または白白のであれば、
     すぐに答えられる。
     しかし、白黒の帽子が見えていたら、自分の帽子の色は
     分からない。
     自分がDだったら、分かったらすぐに答えるはずだから、
     きっと白黒の帽子が見えているんだろう。
3.その上で、さらにABCの立場に立って考えると、ABは
  Dが答えられないという状況を知ってもまだ答えは分からない。
  しかし、CはBの帽子の色が見えているので、もう一方の
  色を自分がかぶっていることを知る。
ということで、答えはC君でありました。
まあ、こうやって書くと、やたらと難しい感じになってしまいますが、
上に挙げた力をもっている子だったら、さほど考えることなく、
むしろ、感覚で答えを導き出せるんでしょうね。
「Dがすぐに答えないなら、Bの帽子と
 違う色なんだろってCがすぐ気づくよ」
って、一言語って終わりだと思うんですよねぇ。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=970
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● ライブセミナーのご案内
■ 2012年 3月 3日 新習慣獲得セミナー in 博多
■ 2012年 4月20日 メルマガ読者勉強会 in 大阪
■ 2012年 4月21日 初めてのセミナー入門in 大阪
※ いずれも、現在告知準備中です。
  今しばらくお待ちくださいませ。
┌────
● 各種教材
■【1分間自己アピール講座 DVD教材】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=971
■【人の心を動かす文章の作り方 メールセミナー】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=972
 
■【高品質セミナー作成講座 DVD教材】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=973
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
父親がベビーフードを買いに行くと、こういうことになる
http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=974

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup