仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 29 view

行動を決めるときのクセを知ろう

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
研修講師の方たち向けに、選ばれ・リピートされる
ための成果を産み出す研修カリキュラム作成セミナーを
7月15日に開催します。
もしあなたが、今後の研修カリキュラムを
ブラッシュアップして、成果を産み出したいと
お考えならば、是非こちらをご覧下さい。
セミナーの詳細は、こちらからどうぞ
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=2607
 ※ 7月6日まで1万円引きの早期割引中!
 
 
━━━━━
  ● 人間力を鍛えに行ってまいりました
─────
先日の土曜日、友人であり、ビジネス書作家として活躍している
小倉広さんが塾長を務める「人間塾」に参加してきました。
これは、毎回、塾長の小倉さんがセレクトした、東洋哲学の
薫陶を受けた偉人たちの書籍をベースに、参加者同士が
ディスカッションをしていくなかで、
  共に学ぶ参加者同士の影響力により互いの人間力を高め、
  社会への貢献・ご恩返しを実践していく。
  また、そのことにより、私たち自身が悩みや苦しみから
  解放され「させていただく幸せ」を実感していく。
   ~ 人間塾 目的より ~
という勉強会であります。
今年の1月から、東京や大阪、名古屋などで月1回開催されて
いたのですが、なかなか都合が付かず、今月ようやく参加させて
頂きました。
今回の課題図書は、安岡正篤先生の「運命を作る」と言う本。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=2608
安岡先生は、思想家として活躍し、歴代の首相など、日本の
リーダーたちに大きな影響を与えたという大人物。
その方が、生前行った公演や講話を集めたもので、読みやすくは
ありますが、中身は非常に奥深く、簡単に読み解くことはできません。
それを、5,6人ごとに集まって、出されたお題に沿って、議論を
していきつつ、理解を深めていこう、というわけです。
今回は、こんなお題が出ておりました。
 1.「知識」を「見識」「胆識」「胆力」に高め「器量人」と
   なるためにはどうすればよいか。
 2.「宿命」的ではなく、主体的に「運命を創る」=「立命」
   するにはどうすればよいか。
そうでなくても難しいお題であるにもかかわらず、この
「どうすればいいか」を、具体的な行動レベルまで
落とし込んで考えよう、というのですから、大変です。
チームのメンバー同士で、侃々諤々、議論をしながら、
「どうしたらいいか」という事について議論をしていきました。
ディスカッションの後は発表タイム。
10グループの代表が、どんな話し合いが行われ、どんな
「行動すること」を決めたのかを発表していきます。
さすが、こういった高尚な事を自ら学ぼうという方たちですから、
発表される内容も素晴らしいものばかりでした。
ということで、本来であるならば、安岡先生から得た学びや
どんな行動に落とし込まれたのかということを、ここでお話し
しましょう、となるところなのですが。
私としては、この発表で出てきた「行動すること」を聞いていて、
人それぞれが持っている、ある考え方のクセというものに気付い
たんですよね。
それは何かと言いますと……
 
 


━━━━━
  ● 行動を決めるときのクセを知ろう
─────
ちなみに、その時にどんな行動が出たか、差し障りのない
範囲で書きますと、
 ・自分の失敗をメモに取る
 ・本を読む
 ・与えられた納期より前倒しで納める
 ・頼まれたことは断らない
といったものでした。
これらはすべて「行動」する事であることは
間違いありません。
しかし、最初の2つと、後の2つとでは、同じ行動と行っても
その意味合いは大きく違ってきます。
どういうことかと言いますと、最初の2つは、
 ■ 自分に向けた内向きな行動
であるのに対して、後の2つは、
 ■ 自分以外に向けた外向きな行動
であるということ。
同じ行動と行っても、両者の質には大きな違いがあります。
もちろん、どちらが正しく、どちらが間違っている、という
訳ではありません。
どちらの行動も、自身を成長させ、社会に貢献する人間となる
ためには、大切なものです。
ただ、面白いことに、「行動を決めろ」というと、この両者の
行動のどちらか一方ばかりに偏ってしまう人って、少なくない
んですよね。
そして、そういう人は、大抵思い通りの精かを手に入れる
事が出来ずにいるようです。
私自身も、今まで上手くいかなかったときのことを振り返ると、
大抵、この両者の行動の片方ばかりをやっていて、もう一方の
行動が疎かになっていたように思います。
でも、【自分を成長させ、社会に貢献する人間】となるためには、
 ★ 自分自身を見つめ、日々反省する行動
をしなければ、成長することは出来ませんし、
 ★ 社会に対して具体的な働きかけをする行動
をしなければ、社会に貢献することは出来ません。
つまりこの両者は、
 ★ 車輪のようにぐるぐると回し続ける事
が重要なんですよね。
……という事を、皆さんの発表を聞いているうちに気付かされ、
外向き行動ばかりにかまけていた私は、
「そういえば最近、きちんと自分を振り返っていなかったなぁ」
と、大いに反省させられたのでありました。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   内向きの行動、外向きの行動、両方を廻していくことが大切
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
とはいえ、ただ単に「両方バランス良く」といっても、
どうしても、自分が好きな方、ストレスがかからない方に
ウエイトを置いてしまう、と言うのが人間の性。
ですから、単なる心がけだけでは、なかなか両者をバランス良く
廻すことは出来ないでしょう。
では、どうしたらいいか。
心がまえとしては、
 ★ 他人を積極的に巻き込もう
と決めておくといいでしょう。
内向き行動に寄りがちの人は、他人を巻き込むことをせず、
自分だけの行動で自己完結させてしまう傾向が強いようです。
ですから、例えば、失敗をメモするのであれば、単にそれを
メモするだけでなく、他人にそのメモを見せ、アドバイスを
仰いだり、自分の改善案を聞いてもらう、という事に取り組む
事も、効果があるでしょう。
また、本を読む、という人も、その読んだ本から学んだことを
他人と関わるときに実践したり、学びを人に伝えるという事を
行うのも、非常に有益です。
逆に、外向き行動に寄りがちの人は、やりっ放しになってしまう
傾向が強いようですから、自分が行動した結果について、関わった
人たちからのフィードバックを求めるという事を心がけると、
それが自己の振り返りにもつながり、自分を成長させてくれる
事でしょう。
私は外に向けての行動に偏りがちであるがゆえに、どうしても
やりっ放しになってしまう事が多いので、常に行動したら、
すぐにフィードバックをもらう様に心がけております。
具体的には、セミナー修了後にはアンケートを採ったり、
相談事や質問に対応した場合は、終わった後に、きちんと
期待通りの答えが出来たかを確認したり、といったことを、
できる限りやるように努めています。
以前は、こういったことをやらなかったため、失敗が多く、
なおかつ、その失敗が繰り返されてしまったり、満足な
成果も出ていないくせに、やったことに満足してふんぞり
返ってしまうなど、かなりイタイ事をやっておりました。
ですので、是非皆さんも、自分の行動を決めるという状況に
立たされたときに、自分の決めた行動が「外向き・内向き」の、
どちらであるかを把握した上で、他人を巻き込みながら、
 ★ 内向き行動・外向き行動を短期間で繰り返していく
事に心がけてみて下さい。
きっと、成長のスピードと、自分が出せる成果の大きさが
変わってくる事を実感出来ますよ。
※ ちなみに、小倉さんの人間塾にご興味のおありの方は、
  こちらをご覧下さい。
  → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=2609
  こちらでは、小倉さんのメルマガも読むことが出来ます。
  私のメルマガがフィットする人ならば、きっと小倉さんの
  メルマガも、ファンになると思います。
  登録も、上のページからたどれますので、是非購読して
  下さいね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=2610
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● ライブセミナーのご案内
■ 2012年 7月15日 選ばれ、リピートされる研修カリキュラム構築セミナー
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=2611
■ 2012年 6月30日 「人の心を動かす文章の作り方 メルマガ事例編」
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=2612
┌────
● 各種教材
■【1分間自己アピール講座 DVD教材】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=2613
■【人の心を動かす文章の作り方 メールセミナー】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=2614
 
■【高品質セミナー作成講座 DVD教材】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=2615
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
こちらもまた、人間力が磨かれますね。
171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]  投稿日 : 2009/12/09(水) 18:43:19.28 ID:a4WvWxpd0
 インドの鉄道はすごい
 まず始発が遅れる。だから時刻表は概ねずれてる
 とある駅で接続待ちだったが2時間ほど遅れていた
 よくあることらしく、インド人は余裕で待ってる
 時刻表を確認に行ったら、ヒンドゥーと英語の2種類があり
 目的の列車はヒンドゥーでは6番ホーム、英語だと8番ホームと
 なっていた
 駅員に確認したら、英語版を信用しろと言われた
 そして2時間後、目的の列車は7番ホームに入ってきた

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事