仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 38 view

事業計画書を作るときに気をつけること

おはようございます!
水野です。
本編の前にお知らせを。
10月7日に、講師の方たち向けに
【選ばれ、リピートされる研修カリキュラム構築セミナー】
が開催されます。
もしあなたが、講師業を行っていて、今後の研修カリキュラムを
ブラッシュアップして、成果を産み出したいとお考えならば、
是非こちらをご覧下さい。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=3528
 
 
━━━━━
  ● この計画書を見て、どう思いますか?
─────
先日、知人の川谷さん(仮名)から、急に会いたい
という連絡が入りました。
なんでも、今度独立することになったので、独立自営で
やっている先輩として、意見を聞きたい、とのこと。
それならば、という事で会いに行ってきたんです。
話を聞くと、川谷さんは某フランチャイズの
本部で働いていていたのですが、このたび
そのフランチャイズ店のオーナーとしてする
という事にしたのだとか。
彼は、そのフランチャイズ店の出店から運営まで
全国を飛び回りながら、オーナーさんたちの指導に
あたり、かなりの成果を出してきたという経歴の持ち主。
今回の独立に関しても、すでに、出店場所も決まっていて、
収益の予測計画もばっちり出来上がっていました。
そんな川谷さんの話を聞いて、私は正直対応に困りました。
今の私と畑違いの業種で、しかもご自身はその立ち上げ運営の
専門家なのに、いったい私がなんの意見が言えるんだろう。
「事業の計画や、実際の運営については、すでに川谷さんは
 店舗指導をされてきているのですから、門外漢の私には
 何もアドバイスなんか出来ないと思うんですが……
 いったい私に、何を聞きたいんですか?」
私は、ストレートにそう聞くと、川谷さんは、
「いやあ……この計画書を見て、すでに独立されている
 水野さんから見て、甘さや抜け落ちが無いかどうか見て
 頂きたくて……」
そこで私は、こんな質問を川谷さんにしてみました。
 
 


━━━━━
  ● 事業計画書を作るときに気をつけること
─────
「今後川谷さんは,どのようにビジネスをやっていきたいんですか?」
「そうですね、まず1年間は1店舗を軌道に乗せることに
 注力していこうと思います。
 2年目以降は2店舗目を展開していけるようにし、
 3年目あたりには2店舗目を、そして5年目には
 3店舗を運営していきたいと思っています」
「なるほど、素晴らしいですね。
 では、もしそれが計画通りに行かなかったらどうしますか?
 事業計画書には、月単位での売上・経費予測を立てて
 書いていますが、この通りに行かず、思うような売上や
 利益が出なかったとき、川谷さんはどうされるおつもり
 ですか?」
川谷さんは、首をかしげて
「いやあ、それは……
 でも、その時は、目標を達成するまで、頑張る
 しかないですよね……」
と、歯切れの悪いお返事。
「しかし、なんのために頑張るんですか?
 上手くいかなかったときに、頑張りきれる、
 その根拠はどこにあるんですか?」
「それはやはり家族のためですよね。
 それなりにまともな生活をしていましたから、
 その生活を維持するためにも、頑張らないと
 いけませんからね」
「なるほど、それではちょっと角度を変えた質問をします。
 川谷さんにとって、お客様ってどんな存在ですか?」
「え? お客様ですか? 私にとって?
 うーん、うちのサービスを使って頂く存在……でしょうか?」
「なるほど、解りました。
 今までの話を伺って、私が感じたのは、川谷さんのビジネスを
 始める理由や、今後の事業計画の中に、
 ■ 具体的にお客様にどう貢献するか
 という考えが、全くないことです。
 ビジネスの本質は、
 【お客様に喜ばれ、その結果として対価を頂く】
 ことだと私は考えています。
 であるならば、事業計画や今後のビジネスを語るときには
 ★ お客様にこんな貢献をして喜ばれたい
 という話が出てこないはずがないんですよね。
 今、川谷さんのお話をずっと伺っていました。
 その中には、自分の売上や利益、店舗展開の話や、
 自分の家族を 守るという話は出てきましたが、
 お客様にどう貢献し どうやって喜んで頂くか、
 という事については、全く具体的な話が出て
 きませんでしたよね」
「……確かにそうですね。フランチャイズビジネスなので
 すでにやることも決まっていましたから、自分であまり
 その部分については考えていませんでした」
「それが、フランチャイズビジネスの恐ろしいところですよね。
 仕組みだけでなく、商品やサービスまで、本部がお膳立てを
 してくれるものだから、一番大切な【お客様にどう貢献するか】
 という点を考え無いままビジネスをスタートしてしまう人も
 結構いるように、私には見えます。
 しかし、フランチャイズを運営しているオーナーさんでも、
 成功している人とそうでない人が出てきますよね?
 その違いは、ビジネスで一番大切にしなければいけないことを
 本当に大切にしているかどうかだと思うんですよね。
 今回川谷さんが作られた事業計画書は、フランチャイズ店舗が
 過去に実績として作り上げてきた数字でしょう。
 それはそれで、参考にはなる数字だと思います。
 でも、この事業計画書は、川谷さんのビジネスを表した
 ものではありません。
 お客様不在の事業計画書は、まさに絵に描いた餅です。
 だから、もう一度、お客様への貢献をベースに、事業計画書を
 作り直してみてはいかがでしょうか」
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  お客様をどう喜ばせ、そのためにどのようにお客様に貢献するのかを
     ベースに作り上げるのが、本当に意味のある事業計画書
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
川谷さんは、私の話を聞きながら、腕組みをして考え込んで
しまいました。
そして、しばらくするとゆっくりと口を開きました。
「……忘れていましたが、成功しているオーナーさんは皆、
 水野さんと同じ事を言ってました。
 この間も、店舗の運営が上手くいかなくなり、廃業寸前まで
 追い込まれたオーナーさんが、お客様にきちんと尽くすことの
 大切さを 忘れた結果がこれである、と気がついて、その時から
 徹底的に お客様にいかに喜ばれるか、という事に取り組み続け、
 奇跡的なV字回復を遂げた、と言うお話を、講演してもらった
 ばっかりだったんですよね。
 そんな話はずっと聞いていたはずなのに、いざ自分が独立を
 しようと思った時には、すっかり忘れていました……」
 でも、今気付けてよかったです。
 危うく、間違った考えのままで起業してしまうところでした」
「ちょっと厳しい言い方をしてしまいましたが、受け止めて
下さってホッとしました。ありがとうございます」
「しかし、会社に勤めていたときには、成功するオーナーさんの
 考え方など、たくさん聞いていたにも関わらず、なんで自分が
 独立しようとしたときには、こんなに大切なことを忘れて
 しまうんでしょうね?」
「なるほど、確かにそうですよね。
 でも、それにはそうなってしまう理由があるんですよ……」
と、話はまだ続いたのでありますが、今日は長くなって
しまったので、ここまでにしておきましょう。
続きは、明日のメルマガで。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=3529
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌────
● ライブセミナーのご案内
■ 2012年10月 7日 10:00-18:30
  選ばれ、リピートされる研修カリキュラム構築セミナー
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=3530
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=3531
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=3532
     先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=3533
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
かみさん曰く、私も結構ハキハキと話すらしい。
怒って説教してるっぽいケースが多いらしいけど。
545 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage]  投稿日: 2012/09/07(金) 23:46:05.74 ID:r2VsJHuS
>>541
 俺も寝言でよく謝りながら説明したりしてるらしい。
 余りにもマジで説明してるらしく、何人かから起こされて
 「ほんとそういうふざけかた止めて」って言われたが、
 全くやめられんどころか嫁が言うには、年季が入ってきたらしい。
 最近は説明がスマートだと言ってた。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup