仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 81 view

物事をなめる人たちの特徴

おはようございます! 水野です。
本編の前にお知らせを。
8月4日に、企業研修を行っている講師の方たち向けに
「選ばれ、リピートされる研修講師養成セミナー」
を開催いたします、
オリジナルコンテンツの研修カリキュラムを作りたい、
または、すでにあるご自身のコンテンツをブラッシュアップ
したい、という方は、是非いらしてくださいね。
詳細はこちらです。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8542&u=1882
 ※7月26日までは、1万円引き! 残りあと2日!
さて本日は、研修などでよく見かける光景について
考えてみたいと思います。
では、まいりましょう!
 
 
━━━━━
  ● レゴゲーム? チョロいっしょ!!
─────
私は研修講師をしていますが、その研修の中で、
時々レゴを使ったゲームをしています。
先日の研修でも、30歳前後の方たちに対して、
レゴを使ったゲームをやってもらいました。
ゲームの内容は、ある形に作ったレゴを、チームに分かれて
そのメンバーと一緒に再現していく、というもの。
ただ、その再現していく際に、いくつかルールがあって
そのルールの詳細については割愛しますが、そう簡単には
組み立てられないようになっているんですよね。
とは言え、そんなことはつゆ知らずの受講生たち。
レゴゲームだと聞いて、思いっきり遊び気分になる人や、
「レゴって、対象年齢何歳だよ」
と、軽く馬鹿にするような発言をする人たちが現れました。
そんな1人から、レゴゲームの説明をしているときに
こんな質問を受けました。
 「先生、制限時間は60分とのことですが、
  時間が余ったらどうするんですか?」
私は、その質問に対して、
 「早めに完成できたら、後は自由にして下さい」
やったね、じゃあ早く終わらせちまおうぜ、といわんばかりに
盛り上がる受講生たち。
私は、内心ニヤニヤしながら、ゲームスタートの
合図を出しました。
……そして、1時間後。
ゲームは制限時間を迎え、案の定、どのチームも完成させる
事が出来ないまま、終了しました。
予想外に手こずったことで、冒頭でのふざけた雰囲気も消え、
悔しがったり、残念がる人が増えた様子。
そしてその後、このレゴゲームをやってみての感想を
発表してもらいましたが、各チームから
「たかがレゴだと、なめていました」
という言葉が出てきたのでありました。
 
 


━━━━━
  ● 物事をなめる人たちの特徴
─────
そこで私は、こんな話を投げかけてみたのです……
「皆さんの発言の中には、『レゴだからといってなめていた』
 という言葉がたくさん出てきましたね。
 たしかに、レゴは子供のおもちゃと思われていますし、
 もう30歳前後の皆さんにとっては、たかが子供の遊び、
 と思ってしまうのも仕方ないかもしれませんね。
 ところで、ここで質問なのですが、皆さんの中に
 『自分はレゴゲームだからといってなめてはいなかった』
 という方はいらっしゃいましたか?」
私の質問に対して、2,3名の参加者が手を上げました。
「おお。素晴らしい。
 しかし、多くの人がなめていた中で、なぜあなた方は
 レゴゲームをなめなかったんですか?」
この質問に対して、全員の答えが全く同じで、
 「自分の子供と一緒にレゴで遊んでいるから」
というものだったんですね。
私は、この答えを受け、また質問を続けました。
「なるほど、レゴをなめなかった人たちは、最近レゴをきちんと
 遊んだ経験のある人たちなんですね。
 では、レゴをなめていた人たちに質問します。
 最近、レゴできちんと遊んだことのある人はいますか?」
今度は、誰1人として手が上がりません。
「なるほど。最近きちんと遊んだことが無い、ということは
 レゴを組み立てる、という事に対して、具体的な経験を
 したことがない、という事になりますよね。
 しかし、不思議ですね。まともに経験したこともないくせに、
 どうして、そのことに対して『なめてかかる』ようなことが
 出来るんでしょうか?
 満足にやったことも、出来たことも無いくせに、なぜ
 『なめて』取り組むんでしょうね?」
顔は笑顔、話し方も優しげでありながらも、チクリときつい
言葉を含ませつつ、私はこう問いかけました。
受講者は、皆うつむいてしまいました。
私は話を続けました。
「ちょっと厳しめの嫌な言い方をしてしまいましたが、
 実は、私も皆さんと同じで、やったこともないくせに
 なめてかかっていたい目に遭うことは、今でもあるんですよ。
 人間って不思議なもので、なめてかかるときのことって、
 大抵、まともな経験も学習もしていないケースが多いんです。
 で、よく知っていて、充分経験していることほど、
 なめることなどせずに取り組むんですよね。
 ということは、つまり、
 ★ なめてかかるというのは、それに対して無知であるというサイン
 だと思って、気を引き締めようと思っていた方が、
 足元をすくわれずに済むかもしれません。
 私自身も、いろんなことに対して、なめてかかって
 痛い目に遭ってきましたので、最近は、なめる、という
 気持ちが湧いて出たときは、
 『おっと、いかんいかん。自分が無知であることを自覚しないと』
 と考えられるようになって来たんです。
 私は、物事をなめてかかる人で、きちんとした仕事、立派な仕事を
 している人を見たことがありません。
 皆さんは、是非、今回の経験を忘れず、物事をなめてかかるような
 人にはならないようにして下さいね」
受講生の皆さんは、私の言葉に、うんうんと頷いたのでありました。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
ことをなめる気持ちになったら、そのことに自分は無知であると気付こう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
そしてその翌日、同じメンバーに対して、リベンジのチャンスを
与えるべく、レゴゲームの第2ラウンドを行いました。
前回とは条件とシチュエーションを変え、さらにはゲームを遂行
していく際の、他人への気配りが必要な要素も盛り込みながらの
ゲーム。
私は、今度はなめないでね、と念を押してスタートしました。
彼らも、一度経験もしているし、今度はきちんとやってやる!
と思っているせいか、全力で取り組んだ様子。
しかし、やはりまた完成することが出来ませんでした。
しかも、気配りが必要だと言っていたにもかかわらず、
全くその気配りをしないままゲームが終了。
その後、例によって、なぜ気配りをする必要があったのに
それをやらなかったのか、と聞いてみたところ、皆さん
口を揃えて、
 「ゲームだと思っていたのでなめていました……」
あれだけなめるなよ、といっていたにもかかわらず、
またしても、同じ過ちを繰り返してしまった彼らは、
そのことを気付かされ、がっくりと肩を落としたので
ありました。
……と、こう書くと、
「その参加者は学習能力が無いんだな」
と思ってしまうかもしれませんが、実は彼らだけでなく
私も含め、多くの人たちが、彼らと同じ状況に置かれたら、
きっと同じ間違いをすると思うんですよね。
実際に、このゲームを色々な企業でやっていますが、
どこの企業の参加者も、驚くほど同じ結果に陥って
しまうようです。
ということは、よっぽど気をつけていたとしても、
ほとんどの人は、足元をすくわれるのでしょうね。
ですから、もしあなたが、これを途中まで読んで、
「よし、解った。これで自分はもう、ことをなめたりしないだろう」
なんて思っていたとしたら、きっと彼らと同じように
足元をすくわれてしまうことでしょう。
こう考えると、ことをなめない、という事よりも、
人間の愚かさや忘れっぽさのひどさの方こそ、
なめてかかってはいけないのかもしれませんね。
お互い気をつけましょう。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8543&u=1882
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら感想を聞かせて
   下さいね。
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
            個人セッションのご案内
ひとつ上のステージを目指す人、自分の人生をもう一歩前に進ませたい人、
私と一緒に、成長を加速させませんか?
 詳しくはこちら
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8544&u=1882
 ※ 7月は、新規クライアント3名迄受け付けます。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
┌────
● 自分の知識や経験を伝えるセミナーをやりたいけれど、どうやって
  始めてたら良いのか分からない方へ、一歩踏み出す方法をお伝えする
      ★☆★☆  初めてのセミナー入門  ★☆★☆
 ダウンロード教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8545&u=1882
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8546&u=1882
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8547&u=1882
┌────
● 継続的な取り組みで、ビジネスにおける高い信頼を獲得できる
  ★☆★☆  メルマガ・ブログを毎日書き続ける技術  ★☆★☆
 ダウンロード教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8548&u=1882
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8549&u=1882
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
引越で物件探しをしている最中に、こんなもの見つけて
ブルッちゃいました。
という事で、たまには笑える話じゃなくて怖いお話の
編集後記も。
怖い話が苦手な人は、【閲覧注意】で。
212 :名無しさん@13周年
  :2013/07/21(日) 21:19:57.79 ID:RON0v93h0
 不動産関係者だけど出る物件はマジで出る。
 子供の霊が出ると言われる部屋に冗談半分で夜中の3時に行った。
 鍵を開けてドア開けようとしたらポストの投函口がガチャって開いて
 子供が覗いてきて「おじちゃんだれ?」って聞いてきた。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup