仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 22 view

完璧を求め、万全を期す人へ

おはようございます! 水野です。
本編の前にお知らせを。
8月4日に、企業研修を行っている講師の方たち向けに
「選ばれ、リピートされる研修講師養成セミナー」
を開催いたします、
オリジナルコンテンツの研修カリキュラムを作りたい、
または、すでにあるご自身のコンテンツをブラッシュアップ
したい、という方は、是非いらしてくださいね。
詳細はこちらです。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8520&u=1882
 ※7月26日までは、1万円引き!
さて本日は、タイトル通り、完璧を求め、万全を期す人に
向けてお話ししたいと思います。
では、まいりましょう!
 
 
━━━━━
  ● 完璧を求め、万全を期す人へ
─────
セミナーを受講して下さった方や、セッションを受けて
下さる方たちとお話をしていると、かなりの割合で、
 「完璧なものにしたいのです」
 「万全を期したいのです」
といわれるお話が出てきます。
私のセミナーやセッションを受けて下さる方たちは、
基本的に皆真面目な方たちばかり。
私も、普段は結構おちゃらけているんですが、どうも
根はかなり真面目なようで、基本的には、やることは
完璧でありたいと思うし、何かをやろうとするときは、
万全を期したいと考えようとするクチであります。
ですから、こういう方たちの気持ちが、とっても良く
わかるんですよね。
しかし、この完璧を求め、万全を期そうとする人たちの
多くは、その想いの強さゆえに、物事の完成・完了を
ともすると先送りにしてしまったり、せっかく取り組んだ
プロジェクトを、最後にはお蔵入りにさせてしまったり
することが結構あるようです。
そういう人たちを見ていて、経験と実績がある人たちは、
「本当の完璧や万全なんて、無いんだよ」
「拙速も大切だよ」
などとアドバイスをしてきたりもします。
ただ、ある程度のビジネス経験がある人にとっては、
「こんなことは言われなくても解っとるわい!」
と思ってしまうでしょう。
解ってはいるけど、完璧、万全を求めてしまう。
それが、完璧主義者の心情なのであります。
とは言え、私自身もその気があり、でもそれではダメだ、
という考えも合ったため、自分のスタンスをどうやって
変えていこうかと悩みました。
そんなとき、たまたま出会った言葉が、チャップリンが
発したと言われる有名な言葉だったのです。
 
 


━━━━━
  ● 完璧主義のチャップリンが語った言葉の意味
─────
チャップリンもまた、激しいまでの完璧主義者でした。
しかし、彼はそれでも、生涯でたくさんの作品を生み出し、
そして、たくさんの人々を感動させてきました。
そんな彼に、ある人が、
「今までの自分の映画の中で、一番最高の作品はなんですか?」
と聞いたところ、彼は一言、
「Next one.」
つまり、「次に作る作品だよ」と答えたんですよね。
このエピソード、ずいぶん前から知ってはいたんですが、
完璧・万全主義の思考を変えたいと思っていたときに、
この言葉に触れたときは、
「おお! そう考えれば良かったのか!!」
と膝を打ったんですよね。
つまりどういうことかというと、チャップリンほどの
完璧主義者であっても、
 ★ 完璧で万全なものを作ることは出来ないと考えていた
ということです。
そして、おそらくは、決して小さくはないであろう
「完璧・万全ではなかった」という心残りを持ちながら、
作品を公開していたんだな、と。
でも、その「完璧・万全ではなかった」という心残りが
あるからこそ、
 「次の作品こそ、もっと良いものにしていこう!」
という情熱のエネルギーが産まれ、それがさらに
良い作品を作ることにつながって行くのだ、と。
だったら、私も、チャップリンに倣って、
 ★ 完璧や万全は、目指すけれども求めない
というスタンスで取り組み、そしてその結果、
心残りがあるようなことがあっても、やったことは
世に送り出したうえで、
 ★ その心残りのエネルギーで、次にもっと良いものを作ろう
と考えることにしようと決めたのでありました。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
完璧・万全は目指すが求めず、心残りがあればそれを次のエネルギーとせよ
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
そうすると、不思議なもので、完璧・万全で無いものも、
世に出すことが出来るようになりました。
で、面白いことに、そうやって、完全に納得して
世に出したものは無いのに、世間はそれなりに
良い評価をしてくれる事も多いんですよね。
でも、その評価に甘んじてしまうか、というとそんなことはなく、
ちゃんと心残りがありますから、
「周りの評価はどうあれ、もっと良いものを世に出そう」
という気持で、次の仕事に取り組んでいけるんですよね。
ということで、この考えになってから、今までより、
アウトプットの行動が多く取れるようになり、また、
試行錯誤のサイクルも、今までより早くなりました。
で、結果的に、自分の成長のスピードも、以前とは
比べものにならないくらい早くなっていったんですよね。
ということで、もしあなたが、完璧・万全主義者で、
それ故に自分の成長や進歩のスピードが遅いと感じて
いる方は、チャップリンの考えに倣ってみてはいかがでしょうか。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8521&u=1882
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら感想を聞かせて
   下さいね。
 
 
━━━━━
  ● 出版セミナーのご案内
─────
私の友人である、吉江勝さんと後藤勇人さんの
ジョイントセミナーが、今週末に開催されます。
テーマは、「出版」。
おふたりとも、何冊も著書を発行されている方で、
なおかつ、その出版を足がかりに、ご自身のステージを
上げてきた方たちです。
私自身、出版をすることで、今のビジネスの足場を
作る事が出来ましたので、出版というものの意味の
大きさというのは、肌で実感しています。
とは言え、まだ本を出したことがない人にとっては、
出版というものは敷居が高いと感じることでしょう。
しかし、そんな人ほど、こういったセミナーに参加して、
 ★ 本を出すことを身近に感じてみる
ことが重要だと、間違いなく言えるでしょう。
以前のメルマガでも書きましたが、「自分は出来る!」
という、セルフエフィカシーを上げるためには、
敷居が高いことを身近に感じる環境に身を置くことが
非常に有効なんですよね。
このセミナーでは、そう言った環境を提供してくれる
と同時に、出版をするまでのプロセスやノウハウはもちろん、
出版後のビジネスをどのように展開していくか、という
ことまで、2人が面倒を見てくれることでしょう。
既に20人以上の著者が誕生し、参加者の90パーセント以上が
収入も幸せも参加後は飛躍的にアップしているとのこと。
ですから、出版に興味がある方は、今すぐ下記をクリックして
詳細をご確認くださいね。
【復活!伝説の箱根出版&ブランディング合宿2013】
⇒【http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8522&u=1882
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
            個人セッションのご案内
ひとつ上のステージを目指す人、自分の人生をもう一歩前に進ませたい人、
私と一緒に、成長を加速させませんか?
 詳しくはこちら
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8523&u=1882
 ※ 7月は、新規クライアント3名迄受け付けます。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
┌────
● 自分の知識や経験を伝えるセミナーをやりたいけれど、どうやって
  始めてたら良いのか分からない方へ、一歩踏み出す方法をお伝えする
      ★☆★☆  初めてのセミナー入門  ★☆★☆
 ダウンロード教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8524&u=1882
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8525&u=1882
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8526&u=1882
┌────
● 継続的な取り組みで、ビジネスにおける高い信頼を獲得できる
  ★☆★☆  メルマガ・ブログを毎日書き続ける技術  ★☆★☆
 ダウンロード教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8527&u=1882
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=mag_biz&c=8528&u=1882
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
引越に合わせていくつか家電を買い換えているんだけど、
最近の電話やエアコンて、すごいんだねぇ~!
でも、ここに書いてある機能のものは見当たりませんでした。
529 名前:可愛い奥様[sage]  投稿日:2013/07/13(土) 08:43:00.76 ID:aHgGkS940
 最近のエアコンにはいろいろな機能がつくようになったけど
 次世代エアコンにはリモコンをなくしたとき「どこー?」って
 叫べば「ココダヨ?」と返事する機能をつけてください。
 それかコンパクトにせずむしろでかくする方向でお願い。
 いっそキューブ型にして。
 ベッドと壁の隙間に落ちてるとか難易度高すぎて探すの疲れました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup