仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 22 view

林先生が見せた素晴らしい授業

おはようございます! 水野です。
本編の前にお知らせを。
8月4日に、企業研修を行っている講師の方たち向けに
「選ばれ、リピートされる研修講師養成セミナー」
を開催致します。
独立し、オリジナルコンテンツで講師業に取り組んで
いらっしゃるはもちろん、
 ・今は研修会社のコンテンツで講師をしているが、
  今後自分オリジナルのコンテンツで研修を行いたい方
 ・社内講師として、研修に取り組んでいらっしゃる方
 ・研修をプランニングする立場にいらっしゃる方
は、是非このセミナーに参加して、参加者に行動変容を
起こし、組織にとって無くてはならない人財に育てる
ための、考え方を方法を学んで下さい。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7203
※7月19日まで、期間限定2万円割引しています!
さて今回は、先日放送されたテレビ番組を見ていて
思ったことについてお話しましょう。
では、まいりましょう!
 
 
━━━━━
  ● 「今でしょ!」VSヤンキー生徒
─────
毎週日曜日、フジテレビで放送されている「あすなろラボ」
という番組があります。
この番組のコンセプトは、番組HPから引用すると以下の通り。
  『テレビシャカイ実験バラエティあすなろラボ』は、
  “ひのき”に似ているけれど“ひのき”にはなれない
  “あすなろの木”のように、
  「明日こそは“ひのき”になろう」
  というあすなろの精神で、今より暮らしを豊かにするかも
  しれないテレビ社会実験を行ない、社会にあふれる気になる
  ニュースを、カジュアルに楽しむ実験バラエティです。
という事で、テーマやジャンルにとらわれず、いろんなことに
チャレンジをしていくという番組のようです。
私はたまたまこの番組の存在を知ったのですが、そのきっかけと
なったのは、「今でしょ!」で一躍有名になった東進ハイスクールの
林先生が、ヤンキーたちに対して授業を行い、勉強をやる気に
させられるかどうか、という実験が放送されたことでした。
予備校でも絶大な実績と人気があり、今ではテレビで飛ぶ鳥を
落とす勢いといっても良いくらいな有名人。
ですから、林先生も、授業が始まる前までは、自信があるように
見えましたが、しかしやはりヤンキーたちは、一筋縄では
行きませんでした。
センター入試の問題を彼らに解かせたうえで、その問題を解説する、
という流れで、授業を進めていくはずだったのですが、ヤンキー
たちは、「わかんない」と全く関心を示しません。
林先生も、興味や関心を持たせる工夫をしながら、何とか理解を
してもらおうと頑張りますが、のれんに腕押し糠に釘。
結局、全くといって良いほど、その講義が理解されることは
ありませんでした。
結局、林先生は国語の講義をすることをあきらめてしまいました。
しかし、そこから流れは大きく変わります。
 
 


━━━━━
  ● 林先生が見せた素晴らしい授業
─────
国語の授業をあきらめた林先生は、その後、生きていくために
必要な考え方を伝えていく中で、本を読むことの大切さを
教えようとし始めたのです。
そして、その中で語った、歴史上の人物たちの生き方を
読み解いていく、という話から、
「敗者を見ていてわかった、敗因の3つの共通点」
を語ったとき、場の空気は大きく変わりました。
林先生は、敗因を
1.情報不足
2.慢心
3.思い込み
の3つを挙げました。
そして、具体的な事例として、まさに今、自分自身に起きた
出来事を語り始めたのです。
  今回の授業は、明らかに失敗であり、その失敗の原因は
  自分自身にある。
  受講生である君たちの情報を、もっときちんと確認しておく
  べきだったのに、それを怠ってしまった。
  そして、22年講師としてやって来た自分のキャリアと実力が
  あれば、そして、今の人気があれば、どうにでもなるという
  慢心があった。
  さらに、その慢心から、わかりやすい授業をすれば、君たちは
  きちんと聞いてくれるはず、という思い込みがあった。
  だから、この授業は負けだったんだ。
林先生は、さばさばした良い方をしながらも、自分が完全に
負けたことを、今まさに自分を負かした生徒たちの目の前で、
赤裸々に語ったのです。
ここから、生徒たちの雰囲気が大きく変わってきました。
多くの生徒たちが、林先生の授業を身を乗り出して聞き始め、
そして、質問も飛び交い始めたんですよね。
そして、最後には、全ての生徒というわけにはいきませんでしたが、
「本を読んでみようと思う」
「もう一度勉強してみたい」
と思う生徒たちが何人も出てきたんですよね。
自分の失敗を認め、そして、その失敗を自分の口で語った林先生。
わかりやすさでも、弁舌の旨さでもなく、この姿そのものこそが、
ヤンキー生徒たちの気持に火をつけたんですよね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  失敗し、負けた姿を見せることでも、やる気のスイッチを入れられる
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
たびたび書きますが、私のビジョンは、
「子供たちが憧れる様な大人でこの世を満たす」
というものです。
そのためには、輝かしい成功を収めた大人たちも、確かに
たくさん必要でしょう。
しかし、今回の林先生の授業を見ていて、痛切に感じたのは、
 ★ 失敗を見せる大人も、それ以上に必要だ
という事でした。
……いや、この表現は正確ではありませんでした。
正しい表現をするならば、
 ★ 失敗と真剣に向かい合う姿を見せる大人が必要だ
という事ですね。
子供たちや若者たちは、成功者からは、「将来の夢」という
人生の糧を受け取ります。
人間が生きていくには、このかては、とても大切です。
しかし、夢を目指しているときには、たくさんの失敗を
経験します。
そして、多くの人たちは、その失敗を経験するうちに、
夢をあきらめ、夢を失って生きていってしまいます。
私が思うに、その理由は、失敗に対して、真剣に向かい合う
大人の姿を、彼らが見ていないからなんですよね。
むしろ逆に、失敗を隠し、失敗を取り繕い、失敗から
目を背けるような大人たちばかりが目立ちます。
そんな大人たちの背中ばかり見ていたら、失敗を恐れ、
失敗を避け、結局、失敗する可能性が高いチャレンジを
することを避ける人間に育ってしまうのは当然でしょう。
だから、今回の林先生のように、自分の失敗を認め、
その失敗と真剣に向かい合う姿を見せることは、
非常に重要で、かつ貴重な行動であると、私は
思うのです。
なぜなら、そういう赤裸々な姿を見たときに、
多くの人は、
 ★ 自ら学ぼうという意志が産まれる
からなんですよね。
私自身も、人にものを教える立場にあります。
しかし、こちらがいくら頑張っても、学ぶ意志が
ない人に、ものを教えることなど出来ません。
だから、メルマガや研修・セミナーなどで、頻繁に
自分の苦悩や失敗をさらけ出しながら、それと
どう向かい合っているのかを語っているんだなあ、
と、改めて自分がやっている事の意味を思いしらされた
のでありました。
と、こういう考えていくと、
 ★ 失敗が自分にも他人にも有益な、とてもありがたい存在
であるという認識が持てるようになります。
こうなると、失敗から逃げなくなりますし、情熱を持って
失敗に向かい合うことが出来るようになります。
ですから、もしあなたが大人という立場にいるのであれば、
ぜひ、成功する姿だけではなく、失敗と真剣に向かい合う
姿を見せて下さい。
そして、若い世代の励みになりながら、あなた自身の成長も
併せてしていって下さいね。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7204
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら感想を聞かせて
   下さいね。
 
 
━━━━━
  ● 福島先生のセミナーのお知らせ
─────
以前のメルマガでも紹介しました、福島正伸先生が登壇するセミナー、
「超人気コンサルタント養成講座」
が、7月18日に開催されます。
友人の今井さんが年に2回開催しているもので、コンサルタント
だけでなく「人を育てることに関わる全ての人」に学んで欲しい
内容となっています。
私自身、現在も先生から学んでおりますが、その学びを、
研修カリキュラムやセッションに活用することで、
受講生やクライアントが、大きな変化を起こす確率が
格段に上がってきました。
さらに言うなら、仕事のストレスも無くなってきて、
嫌な疲れ方をしなくなったんですよね。
人を育てる立場に立った人なら解るかと思いますが、
一生懸命人を育てても、なかなか上手くいかず、
それで気持が折れて、嫌な疲れ方をしてしまう
ことって、ありますよね。
私自身、少し前までは、そういったしんどさを
ずっと経験していたんですが、最近はすっかり
楽な気持で受講生やクライアントと向かい合える
ようになりました。
それでいて、望む成果が出る確率が上がるのですから、
本当にありがたい話であります。
では、なぜそうなるのか。
それは、小手先のテクニックだけではなく、
 ★ 自分自身のあり方を変える考え方
を身に付けて行けたからなんですよね。
この考え方を身に付けられたら、もう鬼に金棒であります。
ですから、人を育てることに疲れた人、よりよい影響力を
発揮して組織を動かしていきたい人は、ぜひ、
福島先生のパワフルで楽しいお話を聞いていただき、
翌日からのあり方と行動のヒントを手に入れて下さい。
セミナーの詳細とお申し込みはこちらです。
 →http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7205
※今井さんのご厚意により、今回のこのメルマガをお読みの方は、
 15,000円のところ10,000円で参加できるそうです。
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
            個人セッションのご案内
ひとつ上のステージを目指す人、自分の人生をもう一歩前に進ませたい人、
私と一緒に、成長を加速させませんか?
 詳しくはこちら
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7206
 ※ 7月は、新規クライアント3名迄受け付けます。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
┌────
● 自分の知識や経験を伝えるセミナーをやりたいけれど、どうやって
  始めてたら良いのか分からない方へ、一歩踏み出す方法をお伝えする
      ★☆★☆  初めてのセミナー入門  ★☆★☆
 ダウンロード教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7207
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7208
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7209
┌────
● 継続的な取り組みで、ビジネスにおける高い信頼を獲得できる
  ★☆★☆  メルマガ・ブログを毎日書き続ける技術  ★☆★☆
 ダウンロード教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7210
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=7211
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
オレもよく、こういうこと言うから、モテモテだな。
714 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]  投稿日:2013/05/16(木) 03:12:12.52
 デブが言うとかっこいいセリフ
 「お前とは、取っているカロリーの量が違う」
 「痩せろ?何言ってんだよ。この体に幾らかけたと思ってるんだ」
 「どけ。俺が盾になる」
 「好きなもん頼めよ。余ったら俺が食ってやるからよ」
716 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]  投稿日:2013/05/16(木) 07:55:59.50
 >>714
 やばい惚れそう

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup