仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 37 view

ダメな自分を成長させたい人へ ~第2成長期~

こんばんは! 水野です。
本編の前にお知らせを。
夏期特別セールも終わり、引越もすっかり落ち着きましたので、
9月より、改めて個人セッションの募集を積極的に再開します。
以前のように、都心から離れた八王子ではなく、
新宿からバスで15分ほどの場所にセッションルームも
構えましたし、希望があれば、新宿までは出向きますので、
都内にお住まいの方は、対面セッションも行いやすく
なったと思います。
今月は、5名の方をお受けできますので、水野との
セッションにご興味ある方は、こちらをご覧の上
まずは、無料お試しセッションにお申し込み下さい。
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=8059
さて今日は、自分を変えたい! と思っている人に向けて送る、
昨日のメルマガの続きであります。
では、まいりましょう!
 
 
━━━━━
 ● 自己否定こそ成長の源泉!! と思っていたけれど……
─────
昨日のメルマガで、こんな記事を書きました。
【ダメな自分を成長させたい人へ ~第1成長期~】
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=8060
要約すると、ダメな自分が大きく成長したきっかけとなった
考え方は、「自分を100%否定すること」であり、今までの
自分と正反対の思考や言動を取ったり、避けたり逃げてきた
ことに取り組む事で、大きく成長するよ、というお話で
ありました。
ただ、この考え方が正しいと思っていたのは、その考えが
自分を成長させてくれていた間だけでした。
その時は、とにかく自分の至らないことを見つけ、それを
改善してやろうということにばかり目の色を変えて取り組んで
いました。
「今の自分を変えよう、そして、もっと素晴らしい自分になろう」
こう考えながら、自己否定が楽しくて仕方が無かったんですよね。
そんな感じだったので、
 「そのままの自分で良いんだよ」
とか
 「今の自分を好きになろう」
なんてこと言っているような輩を見ると、
「成長を放棄させるようなミスリードをするな!!」
と腹を立て、また、その言葉を受けて喜んでいるような
連中を見ては、
「自らの成長をあきらめた負け犬どもめ!!」
と毒づきながら、彼らを見下していたのでした。
しかし、自己否定しながら成長に取り組み始めて
数年経ったあるときから、自分が成長しているという
実感を感じられなくなってしまったのです……
 
 


━━━━━
 ● ダメな自分を成長させたい人へ ~第2成長期~
─────
まず、どうにも変える事が出来ない欠点が出てくる。
何かとめんどくさがったり、すぐに感情が乱れたり、
気乗りのしない仕事に集中できなかったり……
こういったことは、いくら努力しても、根本的には
全くといって良いほど良くなってはくれません。
だから、取り組めば取り組むほど、疲弊してきて
しまったんですよね。
さらに、欠点を探して直すだけでは、対処療法にすぎず、
さらに大きく成長しようとするためには、この対処療法
だけではダメで、もっと大きなことを考え、そして、
それにチャレンジをしていかなければいけないんですよね。
それはなんとなく分かってはいたのですが、どうしても
それが出来ずに、行き詰まってしまったのです。
そんな状態が、1年以上続き、自分自身非常に生き方が
息苦しくなってしまったとき、以前からお付き合いがあった
心屋さんと話をすることにしたんですよね。
正直、彼と話すのは、最初は気乗りがしませんでした。
なぜなら、私が受けていた彼の印象というのは、
先ほど書いたように、「ありのままでいいんだよ」的な、
非常に生ぬるい、負け犬を生み出すメッセージに見えて
いたからなんですよね。
しかし、自分を否定する成長戦略に行き詰まっていた私には
気持の上では受け入れがたいものの、心屋さんのメッセージが
必要なときであるというのを、ほんのうてきに察知していた
のでしょう。
で、心屋さんとお話ししてどうなったか、というのは、
ちょっと長くなりますが、こちらにまとめてありますので、
良かったら読んで下さい。
【独白シリーズ】
http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=8061
で、結局心屋さんと話をしていて分かったことは、
今の自分のステージから脱して、次の大きな
ステージに行くためには、今までの自己否定的
成長をしていてはダメだ、という事でした。
自分を否定しながら成長してきた私には、そもそも
大きなことを考えることも出来ず、また仮にそれが
考えられたとしても、そんなことにチャレンジをする
ことなど、自分を否定している自分には無理なわけです。
そのためにも、今の自分をきちんと受け入れ、認めて
あげることが大切なことであり、そしてそれがきちんと
出来たとき、初めて次のステージに上がるための準備が
整う、というわけです。
これはこれで非常に大きなチャレンジでありましたが、
その結果、今まで縛られていた自分の鎖がほどけたように
感じ、今までとは違った活動にも、積極的に取り組めるように
なっていったんです。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
      今の自分をさらに飛躍的に成長させたいのならば、
     今の自分をきちんと受け止め、そして認めてあげよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
第1成長期の時の私は
 ■ 成長とは、自分自身を改善・改革していくこと
だと考えていました。
この考え方は、能力や考え方、習慣など、努力によって
変えられるものについては、功を奏しました。
しかし、この考え方は、非常に大きな弊害も
産んでしまいました。
それは、
 ■ 自分はダメな人間であるという自己否定感
が、強烈にすり込まれてしまった、ということ。
だから、その時の自分は、常に
「自分はダメだ、自分は至らない人間だ」
と自らに言い聞かせながら日々を過ごし、ダメな自分を
変えてやろうと思いながら、努力を重ねてきたのです。
でも、人間というのは、自分の描くイメージ以上の
人間にはなれないといわれています。
つまり、自分を信じ、今の自分を越えるようなチャレンジ
というものは、こういう自己否定感を持ったままだと、
出来なくなってしまうのです。
その後、心屋さんとのセッションにより、第2成長期に
入りましたが、その後私の成長の概念は大きく変わりました。
それを分かりやすくイメージできるように言うならば、
 ★ 成長とは、大木が年輪を重ねていくようなもの
だということ。
自分を否定するのではなく、自分のいい所も悪いところも
ありのままに認めて受け入れ、それはそれで変えようとせずに
残しておく。
その上で、
 ★ その自分を包み込むように、
   新しい考えや能力、習慣を身に付けていく
といったように考えて行くわけです。
自分の気に入らない欠点や短所を否定せずに、それもまた
自分であると受け入れつつ、理想の自分に向かって、
新しい自分を、幾重にも幾重にも、重ねていくようにして
包み込んでいく。
そうすることによって、結果的に、あたかも木が年輪を重ねて
大木になっていくかのごとく、自分も大きく成長していく。
今の自分は、そんなイメージを持ちながら、自らを成長
させることに取り組んでいるんですよね。
で、そうやって成長していくと、不思議なことに、
自分が持っている短所や欠点をことさら否定せずとも
まっとうに成長してくれるものなんですよね。
そうやって、自分を否定しながら成長するのではなく、
自分を肯定しながら成長することが出来るようになった
ことで、
 ★ 人に対しても、肯定的に関わって成長支援が出来るようになった
んですよね。
今までは、
「それじゃダメだ! もっと頑張れ!!」
という気持で、他人の成長に関わっていましたが、これでは
お互いがしんどいですし、まあたいていの人は、辟易と
してしまいます。
でも、今は、
「キミなら出来る! だから、なりたい自分を目指そう!」
という気持で、人の成長に関わることが出来るように
なったので、以前とは比べものにならないくらい、
目の前の人たちが大きく成長していくようになったん
ですよね。
ですから、もしあなたが、自己否定を足がかりに成長している
状態であったとしたら、出来るだけ早めに、自分を認めて
受け入れる成長にシフトして下さい。
特に、人の成長に関わる立場にいる方は、その人たちを
潰してしまう前に、早めのシフトをお勧めします!!
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=8062
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら感想を聞かせて
   下さいね。
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
            個人セッションのご案内
ひとつ上のステージを目指す人、自分の人生をもう一歩前に進ませたい人、
私と一緒に、成長を加速させませんか?
 詳しくはこちら
 → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=8063
 ※ 9月は、新規クライアント5名迄受け付けます。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
┌────
● 自分の知識や経験を伝えるセミナーをやりたいけれど、どうやって
  始めてたら良いのか分からない方へ、一歩踏み出す方法をお伝えする
      ★☆★☆  初めてのセミナー入門  ★☆★☆
 ダウンロード教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=8064
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 ダウンロード教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=8065
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=8066
┌────
● 継続的な取り組みで、ビジネスにおける高い信頼を獲得できる
  ★☆★☆  メルマガ・ブログを毎日書き続ける技術  ★☆★☆
 ダウンロード教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=8067
┌────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!
      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆
 DVD教材はこちら
   → http://www.mizunohiroshi.net/milky/cs.cgi?m=biz_mag&c=8068
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
単なる反対運動は意味が無い、という好例か。
216 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage]  投稿日:2013/09/10(火) 23:33:09.50 ID:HLc9V8js
 >>211
 それに近い例で、私が通っていた高校での話だが
 何年も前の先輩たちが、生徒一丸となって制服廃止って
 運動をして、みごと服装自由を勝ち取ったはいいが、
 どんな服で来たらいいかわからなくなって
 結局、また生徒一丸となって
 「元に戻してくれ」
 ってなったということがあったらしい

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup