仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 68 view

正義は必ず勝つのか?

本日のテーマ:【人生に活かす物語の読み解き方】
おはようございます! 水野です。
TBSのドラマ「半沢直樹」で、大きな注目を浴びた
堺雅人さん。
そのおかげで、彼が出演しているドラマが今注目されています。
その中のひとつ、フジテレビで放映されたドラマ「リーガル・ハイ」
を、昨日全部見終わりました。


このドラマは、訴訟で一度も負けたことがない敏腕弁護士なれど
人格が最低な小美門研介と、正義感が強い真面目な新米弁護士、
黛真知子の2人が繰り広げる、コメディ法律ドラマです。
実にフジテレビらしい、ポップな感じのコメディドラマで、
たぶん好みは分かれるであろうと思いますが、私はとっても
楽しんでみることが出来ました。
このドラマで堺雅人さん演じる小美門は、本当に人間として
クズの中のクズであり、金がない人間には容赦はしませんし、
一旦引き受けた弁護では、勝つために手段を全く選ばず、
そのために、時には非人道的なことすらします。
逆に、新垣結衣さん演じる黛弁護士は、正義感の塊で、なおかつ
弱者に優しい弁護士です。
被告を守るためには、大きなリスクも背負い、時には
自分の命すら投げ打つくらいの行動をしながら、法廷で
戦います。
そんな2人が、ひょんな事情でコンビを組んで仕事を
する事になるわけですが、当然のことながら2人は
激しく対立します。
しかし、最後の最後には、黛は小美門に、いとも簡単に
あしらわれてしまうんですよね。
私は、最初にこのドラマを見始めたとき、
「ひょっとしたら小美門が黛に影響を受け成長していく話か?」
と思って見ていたのですが、最後まで小美門はクズのままであり、
そして黛は、何度か小美門の窮地を救うことは出来たものの、
やはり最後まで小美門をやり込めることが出来ませんでした。
とまあ、コメディだからこそ笑ってみられますが、話そのものは、
何とも笑えないお話になっているんですよね。
実際に、現実の世界でも、大抵は正義が勝つことはなく、
逆側にいる人たちが幅をきかせているケースが多いですよね。
ということで、このドラマを見て学べる結論は、
 ■ 正義が勝つ、などということは無い
となるんでしょうね。
……なんて終わり方をすると、本当に身もふたもありませんので、
もう少し考えを深め、
 ■ なぜ、正義は勝てないのか?
という事について探っていきましょう。
なお、ここで言う正義とは、誰の目から見ても正しく
素晴らしいことであると定義しておきましょう。
人の数だけ正義がある、という話になってしまうと、
議論がややこしくなりますので、上記をお含み置きの上
読み進めてください。
誰もが正しく、素晴らしいことであると思っている正義。
悪いことをしている側の人間だって、自分が正義では無い
と自覚しているわけで、決して世間から支持を受けたり、
良い評価を受けることは無い、と知っています。
にもかかわらず、正義が勝てないケースが頻繁にあり、
悪ものさばれる世界となっている。
また、正義を御旗の錦に掲げて仕事に取り組んでいいる
人はかなり多いにもかかわらず、そういう人たちのほとんどが
大きな成果を上げたり、具体的により良い形へと世の中を変える
ような活動が出来ていない。
果たしてそれはなぜか?
私思うに、正義を持っているにもかかわらず、成果を出せない
人たちのほとんどが、
 ■ 正義で勝とうとしている
様に思うんですよね。
私自身も、正義を掲げ、理想を追いかけて生きていこうと
しています。
しかし、そんな私でも、ぶっちゃけ言って、こういった、
【正義を掲げて正義で勝とうとしている人たち】
っていうのが、何とも気持ち悪くて仕方が無い。
このドラマに出てくる黛弁護士など、まさにこの典型。
常に正義を振りかざし、正義の元で行動しない小美門を
常に批判し、正義で人を動かそうとする。
一見するとその姿は美しく、彼女の言葉に動かされない
人たちは、醜く映ります。
しかし、結果的には、小美門の思惑通りに事が進み、
結果も、黛の想いなど脇に置かれて無かったものにすら
されてしまう。
こういう、黛のような、正義だけで何とかしようとして、
結局どうにもならない人って、世の中にはたくさんいるん
ですよね。
私はその人たちを、
 ■ 正義依存症
と呼びたい。
悪を批判することによって、自分がやるべき事、果たすべき事も
せず、見たくないものから目を背け、やりたくないことを避け、
それでいて、折に触れて【正義】を口にしながら、まるで
麻薬中毒患者のように、
『今オレ良いこと言った』
感に酔いしれながら、世の中に何も価値を生み出さずに、
そして、価値を生み出せないことを悪のせいにして生きて
いく……
これが、黛弁護士の、そして、正義を口にしながら何も出来ない
正義依存症の人たちの実態なのだと、私は思うんですよ。
このドラマ「リーガルハイ」でも、
 【正義】なんていうものは、世の中を動かし、間違いを正すような
 力なんか、持ってませんからね。
 【正義】そのものは、全く無力なもので、こんな無力なものに
 依存して、いいことしている自分だと思っているっていうのは、
 実に愚かで嘆かわしいですよ~~~。
……という事を、まず言い切っている。
普通は面と向かって言うことを避けるこのことに、コメディの
フリをして油断させながら、思いっきり言い放っているのが、
このドラマの、実に面白いところなんですよね。
……と、ここで終わってしまうと、
「所詮この世は正義は通用しない、って事かよ……」
と、もの悲しくなってしまうでしょう。
でも、決してそんなことはありません。
という事で、明日のメルマガでは、「正義依存症」から
脱するための方法について、またしてもこのドラマから
学んでいきましょう。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20131016
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら感想を聞かせて
   下さいね。
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
この手のお約束は、守ってもらわないと軽くイラッとするよね。
236:名無し募集中。。。:2013/10/13(日) 09:17:26.84 ID:0
 こないだサウナ入ったら再放送の水戸黄門がやってたので
 印籠出すまで粘ろうと思ったんだが、40分過ぎても全然
 ちゃんばらが始まらないんだよ
 で、ほかの客がザワザワしだして俺も「まだか・・」と
 思いながら耐えてたんだが
 そしたら黄門様一行が蔵に閉じ込められて「つづく」だと
 酷い話だろ? みんな一斉にサウナ飛び出したわ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup