仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 36 view

なぜ人を育てようとする人の多くがストレスを感じるのか?

こんにちは! 水野です。
前回のメルマガでは、人を育てるストレスから解放されなければ
いけない理由についておはなししましたが、今回は、もっと根本的な
問題について考えてみましょう。


それは何かというと、
 ■ なぜ人を育てようとする人はストレスを感じるのか?
ということです。
これについて、はじめの方で言及をしておく必要を感じて
いるのですが、実は、このことを書くと、かなりの数の
人が、がっかりしてしまうかもしれません。
しかし、本当のことなのだから仕方が無いので、
思い切って書いてしまいますね。
まず大前提として、絶対的な真実があります。
それは、
 ■ 人は、人を育てる事は出来ない
ということです。
だから、人を育てようとしてストレスを感じている人は、
一言でいってしまえば、
 ■ 出来ない事を出来ると勘違いしているからストレスになる
ということなんですよね。
だから、人を育てるストレスから解放されるためには、
出来ない事を受け入れて、出来ないことをやろうとするのを
あきらめれば良い、と、それだけのことなんですよね。
ということで、人を育てるストレスから解放される
究極の方法をお伝えしましたので、これで皆さんはもう、
人を育てると言うことで、悩み苦しむことはなくなり
ましたよね!
……と、こう簡単にいけばいいんですが、多分ほとんどの
人が、納得行かない気持でいっぱいになったでしょうね。
でも、私も長年講師として人材育成業に携わってきましたが、
結局たどり着いた結論は、人は人を育てる事は出来ない、
ということでありました。
人は、その人自身が、自らの意志で育つことを決めたときに、
はじめて成長するんですよね。
ですから、もし仮に、あなたが人を育てたことがある、という
自覚があったとしても、それは単なる錯覚で、その人が勝手に
育つと決め、自分の力で育っていっただけ。
あなたがやったことは、せいぜい、その育つと決めた人に
多少なりの関わりがあった、ということだけなんですよね。
なので、「こいつはオレが育てた!」なんてことをもし本気で
思っていたのなら、それは不遜なる勘違い以外の何ものでも無く、
「こいつはオレが育てる!」というのも、傲慢な思い違いでしか
ないのです。
ですから、人を育てようと思ってストレスを感じている人は、
 ■ 人は人を育てる事は出来ない
という言葉を、まずは肝に銘じておきましょう。
では、育って欲しい人に対して、あなたは何も出来ないのか、
というと、決してそんなことはないんですよね。
人を育てる事は出来ませんが、
 ★ 人が育ちやすい環境を整える
事は、あなたにも出来る事です。
実は、人を育てる事が上手に見える人って、人を育てて
いるんじゃなくて、この、「人が育ちやすい環境を整える」
事に長けている人がほとんどなんですよね。
今その人が育つために必要な環境は何か。
それを見極めて、それを提供する。
それができるようになると、結果的に人が育っていくのです。
しかし、人が育つ環境を整える、といっても、
そう簡単にはいかないことが多いでしょう。
職場の環境や会社の制度など、そんなに気軽に変えていく
事など出来ませんからね。
しかし、お金もかからず、あなたの意志で自由自在に
変える事が出来る環境がただひとつあります。
そして、その環境は、あなたが育てたいと思っている
人にとって、おそらく一番大きな影響を与えるものである
とも言えるでしょう。
では、あなたの意志で変えられる、影響力の高い環境とは
いったい何か。それは、
 ★ その人の成長に関わろうとしているあなた自身
なんですよね。
あなたが、どういう考え、どういう感情、どういう意識で
育てたいと思う人と接していくかで、その人に大きな影響を
与えることになるのです。
理想的には、素晴らしい影響を与えられれば良いのですが、
実際の現場では、その人の成長を押さえ込んだり、間違った
方に進ませてしまうような影響を与えてしまう人が、
少なくありません。
ですから、人を育てるストレスから解放され、人を立派に
成長させたいと思っているのであれば、まず一度、
人を育てられるという間違った思い込みを捨てて
しまいましょう。
その上で、人が育つ環境として一番影響力があるのは、
自分自身のあり方であることを自覚し、そのあり方を
どのように立てていくのかをしっかり考えていきましょう。
そうすれば、自ずと、人を育てるストレスから解放され、
育てたい人との関係性も良くなり、結果として、
その人達は立派に育っていくことになっていきます。
ということで、7月26日に行う
「ストレスフリーの部下指導セミナー」
では、このあたりの誤解を解き、人が育つ環境要因の
ひとつである、
 ★ 育つ人に関わる自分のあり方をどのように立てていくか
ということについての考え方を、お伝えしていきますね。
告知サイトはまだ出来ていませんが、申込フォームは
先行して完成しましたので、もしご興味ある方は、
下記urlよりお申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/seminar/sfreeb/form.php
また、こちらのメルマガでも、あなたが、育つ人へ良い影響を
与えられるような考え方のヒントをお伝えしていきます。
ということで、まずは「人は育てられる」という思い込み、
この機会に、きっぱりとあきらめて捨て去って下さいね。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20140704
  ※コメントも書けるようです。もし良かったら感想、
   または、人の育成についての悩みや質問などを
   ぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、できる限り、メルマガ紙上で
   お答えさせて頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 各種セッションを受け付けております。
水野とマンツーマン、または組織メンバーとでセッションを
行うサービスです。
テーマはご自由ですが、主に以下のテーマをお持ちの方たちが
私のセッションを受けて下さっております。
フリーランスの方々
 ・ご自身の専門スキルを活用して起業したい方の
  ビジネスモデル構築コーチング
 ・セミナーや研修カリキュラムの構築コンサルティング
経営者の方々
 ・組織を成長させ、社会への貢献力を高める、
  事業ビジョン・ミッションの策定サポート
 ・理念/ビジョン/ミッションを日常の業務レベルにまで
  落とし込むためのプロセス構築サポート
 ・メンバーたちが自発的に行動し、全員で成果を生み出す
  力を身に付ける、チームビルディングとメンバー教育の
  プログラム立案
水野とのセッションをお考えの方は、まずはこちらから、
ご相談のお申し込みをお願いします。
http://sp.m-stn.com/order/coach/index.html
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
http://www.mstoneshop.com/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup