仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 14 view

人に嫌われないように生きたい人へ

こんばんは! 水野です。
チト大きなイベントがあり、その準備に追われてしまって
すっかりメルマガをサボってしまいました。スイマセンm(_ _)m。
ということで、今日からまたぼちぼちメルマガを発行していきますね。
さて、今日のお題は、
「人に嫌われないように生きるには?」
であります。


自分以外の全ての人が、自分の事を好いてくれるようになる、
という願いが、いかに無茶なものであるか、ということくらい、
誰もが知っていますよね。
なので、自分がしっかり立っている人などは、
「人に嫌われることを恐れずに生きよ!」
なんてことを言ったりします。
それはそれで、本当にその通りだと思う。
でも、それを知りながらも、他人から嫌われることは、
出来るだけ避けたい、というのも本音の気持ちですよね。
しかし、嫌われないようにと、他人の顔色をうかがって
生きていくのも、何とも生きにくいですし、そう生きても
やっぱり、嫌われる人には嫌われる。
では、いったいどうしたらいいか。
私自身も、結構身勝手に生きている割に、人から嫌われたくない、
という、図々しい考えも持っておりまして、この
 ■ 好き勝手に生きながら、人に嫌われないように生きるには?
ということを、ずっと考えていました。
で、この問いに対して、最近たどり着いたひとつの答えがあります。
完全にパーフェクトな答えではありませんが、結構効果的で
精神衛生上もよろしいものなので、この考えを皆さんにお伝え
しましょう。
答えは実にシンプルで、
 ★ 関わる人全てを好きになる
というもの。
人というのは、自分の事を好きでいる人のことを、
本気で嫌いになることって、なかなか出来ないものです。
また、他人からみて、あなたに嫌なところがあったとしても、
好きである、という意志を見せてくる人に対しては、その
嫌いな部分を許して付き合ってくれるケースも多いでしょう。
だから、嫌われる前に、相手のことを好きになってしまう。
もし仮に嫌われたとしても、相手が嫌う以上に、相手のことを
好きでいれば、そのうち、相手もあなたを嫌う気持ちが薄れて
行くことでしょう。
ちなみに、ここで言う「相手を好きになる」ということを、
もう少し明確に表現すると、
 ★ 相手を尊敬し、相手の存在に感謝すること
という事になります。
単に「好き」といってしまうと、
「好きになっても嫌われることもあるじゃないか!
 私は好きになった異性に嫌われたことがあるぞ!」
などという反論も出てくるかと思いますが、いわゆる、
男女の好き、みたいな、下心のある「好き」の意味とは
違いますので、誤解無きよう。
もっと、本質的な意味での「好き」であり、私の考えるに
それは、尊敬と感謝、なんですよね。
他人に嫌われないようにしたい、と考える人の多くは、
言葉遣いや振る舞いを気遣って、人に嫌われないように
します。
でも、それはあくまでも、表層的なテクニックでしか有りません。
もちろんそれもないがしろにしては行けませんが、やはり、
一番大事なのは、相手に対しての想いがどうであるか、
ということでしょう。
だから、相手を尊敬し、相手の存在に感謝する気持ちをベースに
お付き合いをする事が出来れば、自分の気持に嘘をつきながら、
小手先のテクニックで相手に嫌われないようにするよりも、
よっぽどより良い人間関係が作れることでしょう。
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
自分の器を広げ、自分の本当の使命を受け止めていきたい人へ
【本当の使命に出会うための自己改革ワークショップ】
http://m-stn.com/seminar/realmission/
 11月13日 満席になりました!
 11月29日 残席9席
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20141114
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス移行のお知らせ
2014年9月8日より、株式会社マイルストーンの
水野浩志として、個人セッションをお受けすることは
終了しました。
今後は、私のもうひとつの活動で行っていきます。
ただし、精神世界に対して、拒否反応やアレルギーがある方は、
お勧めいたしません。
そうでない方に取っては、非常に価値あるサービスであると
自負しておりますので、もしご興味ある方は、こちらのサイトを
ご覧下さい。
http://soulmission.jp/
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
http://www.mstoneshop.com/
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup