仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 35 view

効率化を図り、便利になればなるほど、あなたは自分を失っていく

どうもです! 水野です。
本編の前にお知らせを。
今月のセミナー、募集を開始しました。
人を育てる立場にいる人は、是非来て下さいね!
詳細はこちらです!
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20150720/
さて、本編を。
効率化を図る、というのは、ビジネスの世界に限らず、
素晴らしいこととされていますよね。
また、便利になる、ということについても、良いことであり、
ほとんどの人々は、今まで以上に便利似なることを求めて
います。
私は、研修の中で、よく「理想的な未来を描こう」という
ワークを行います。
制約条件を全て取っ払って、こんな世界になったら良いな、
と思えるような、理想の未来を、グループのメンバーと
自由に話し合ってもらうんです。
そうすると、ほぼ99%、どこのグループでも出てくるものが、
あります。
それは、マンガ「ドラえもん」でおなじみの「どこでもドア」。
本当に、面白いほどに、この名前が、必ずと言っていいほど
上がるんですよね。
で、なぜ理想の未来に、どこでもドアがあるといいのか?
と聞くと、皆さん口を揃えて、
「移動に時間がかからず、効率化が図れる」
とか、
「満員電車に乗らずに移動できるから便利だ」
といったような内容の返答をするんです。
しかし、本当に、どこでもドアが出来て、便利で効率化が
図られると、皆さんにとって、理想的な未来になるのでしょうか?
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
次回の自身力養成講座は、7月20日です。
テーマは「ノンストレスで人を育てる」です。
詳細及びお申し込みはこちら

自身力養成講座〜自らの人生を切り拓く力を身に付けよう〜


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
もしですね、どこでもドアが出来たら、どうなるか。
ちょっと考えてみましょう。
FAX、メール、携帯電話、スマートフォン、どれもみな、
便利で効率化が図られる道具でした。
これらは、登場してまもなく、企業に取り入れられ、
個人に持たせられるものは、携帯必須のものとなりました。
ですから、どこでもドアも、世に登場したら、直ぐに企業は
それを取り入れ、社員全員に持たせるでしょうね。
そして、移動時間が限りなくゼロになることを良いことに、
顧客や取引先に、頻繁に活かせることになるでしょう。
おそらく、勤務時間後も、何かトラブルがあったら、
スマホに連絡がとんできて、
「おい、水野! 客先でトラブルだ!
 どこでもドアで、直ぐに現場に行ってくれ!
 準備含めて、5分もあればいけるだろ。急げ!!」
なんて指示を受けて、私は家でくつろいでいたにもかかわらず、
素早くトラブル先まで駆けつけなければいけなくなるでしょう。
さて。
果たして、これが、
 ■ 自分の求める理想的な未来の姿
になるのでしょうか?
おそらく、こんな姿は望まない! という人も多いのでは
ないでしょうか。
しかし、世の中か便利になり、効率化が図られるように
なっていけば行くほど、本来自分が望まなかった状況に
ドンドン追いやられていく人は、実はたくさんいます。
私は、これからの時代は、さらなる格差社会になっていくと
思っています。
その格差とは、
 ■ やりたいことが出来る人と、やりたくないことしか出来ない人
です。
そして、この両者の溝の広がりが、今後ドンドン進んでいくでしょう。
  便利になればなるほど、効率化が図れれば図れるほど、
  やりたいことが出来る人は、
  よりやりたいことが出来るようになり、
  便利になればなるほど、効率化が図れれば図れるほど、
  やりたくないことしか出来ない人は、
  ますますやりたくないことばかりヤラされるようになる。
これが、世の中が便利になること、効率化が図られることで
生み出される、格差社会です。
でもこれは、社会の問題でも、政治の問題でもありません。
実は、これは個人の問題なんですよね。
自分がどう生きたいか、そのために何をやっていきたいのか、
明確にして信念をもって生きていく人には、これからの時代は
ますます暮らしやすくなっていくでしょう。
しかし、時分の生き方が定まらず、何のために生きて
行くのかを明確にしないままに生きてしまう人には、
これからの時代は、便利さや効率化によって、その人の
人生がどんどん侵されていってしまうのです。
誤解して欲しくないのですが、私は、世の中が便利になるのも、
効率化が図られていくのも、否定は一切しません。
むしろ、個人的には、大歓迎であります。
そして、そういう方向に世の中がこれからも進んでいくことは、
別に悪いことでも無いと思っています。
でも、社会で生きていく多くの人々を俯瞰してみると、
それが幸せにつながっては行かない、という人も、
実際はたくさん出てくるだろうな、と思うんですよね。
でも、何度も言うように、これは、個人の問題。
もっといえば、各個人が、自分の人生に主導権を持ち、
自分の人生を自分の意志で生きていく、と決断できるか
どうかという問題です。
すでに、この格差社会は始まっています。
あなたは、自分の人生をどう生きていきたいのか。
何を受け入れ、何を手放すのか。
何にYESといい、何にNOというのか。
便利さと効率化で生まれた忙しさに流され続けないで、
どこかで立ち止まり、しっかり考えてみて下さいね。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20150630
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス移行のお知らせ
2014年9月8日より、株式会社マイルストーンの
水野浩志として、個人セッションをお受けすることは
終了しました。
今後は、私のもうひとつの活動で行っていきます。
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://soulmission.jp/
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
http://www.mstoneshop.com/
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
これは!! 6億の宝くじに当たるほどの奇跡だ!!
26 :名無しさん@おーぷん :2014/10/12(日)21:02:14 ID:4zgJ6egqF
 今日バイト先のお店に来た外国人に「これはペンなの?」と聞かれて 
 ついにこの時が!
 ドクンドクン鼓動が高鳴る
 そして言った
 「This is a pen!」
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

popup