仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 22 view

根本的な問題解決法の事例

どうもです! 水野です。
読者のMさんから、こんなメッセージが来ました。
非常に面白そうなので、取り上げてみましょう。
  承認欲求を抑えるにはどうしたら?


  Aには負けたくない。
  なぜAが、その仕事をするの?
  なぜ自分じゃないの?
  またAが『私が!』ってでしゃばってくる。
  こんな承認欲求はどう抑えたらいいのでしょうか。
……といった内容。
おそらく、昨日のメルマガ、
【自分の頭で考えるから問題が解決しない】

自分の頭で考えるから問題が解決しない


に反応しての質問のようです。
ということで、今回は、この方の「問題」に対しての「解決」を、
皆さんと一緒に考えてみましょう。
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
次回の自身力養成講座は、9月26日 18:15~21:15です。
テーマは「第5回 自分の頭で考えない問題解決法」
お申し込みはこちらへ
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20150926/f20150926/
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
この場合の問題は何か。
Mさんは、どうやら、
 ■ ご自身の承認欲求
が問題であると思われているようです。
で、解決された状態というのが、
 ■ 自分の承認欲求が、何らかの形で抑えられている
ということのようですね。
この質問に対して、言葉通りに受け止めて答えようとすると、
感情のコントロール方法だとかテクニックを教えたくなります。
が、それではMさんの本当の問題は解決しません。
なぜなら、Mさんが求めているのは、対処療法であり、
その問いに答えているうちは、根本的な問題が解決
する事は無いからなんですよね。
ここでいきなり乱暴なことを言ってしまいますが、
根本的な問題解決方法として、一番効果的なのが、
 ★ 問題視していることを、問題だと思わないこと
なんですよ。はい。
つまり、今回のMさんの件で言えば、
 ★ 自分の承認欲求は問題となるものではありませんので
   自分の承認欲求を肯定的に受け入れてしまいましょう
ということなんですよね。
だって、人間誰だって、承認されたいという欲求は
あるものですから。
それは悪いものでも何でも無いんですよ。
なのに、その欲求を抑え込もうとするのは、
とっても不自然なんですよ。
だから、「自分が認められたい!」って思う気持ちが
湧いて出てくることを許してあげましょうよ。
そして、そんな承認して欲しいという欲求の強い
自分自身のことを、まずはあなたが承認して
あげましょうよ。
……というのが、私が考える、Mさんに対しての
「問題解決」の回答であります。
「おいおい、それじゃあ問題解決って言うより、問題放置だろ!」
って、ツッコまれるかもしれませんが、それはもう、
おっしゃるとおり。
でも、それで問題は無くなるでしょ?
だから、いじょーでおわり!!!
……と行きたいところですが、さすがにこれでは乱暴なので、
もうちょっと補足をしてみます。
そもそもMさんは、なんでこんな質問をぶつけてきたのか。
勘の良い方ならお分かりでしょうが、質問の中に出てくる
Aさんに、イライラしているからなんですよね。
だから、Mさんでなければ、今回のケースは、
  Aさんには負けたくないのに、自分より評価されて
  自分ではなくAさんに仕事がいくし、「私が!」
  と出しゃばってきてイライラするんですが、
  そんなAさんをおとなしくさせるためには
  どうしたら良いですか?
って質問が来てもおかしくないところです。
でも、Mさんは、他人であるAさんが問題ではなく、
自分自身に問題があると考えた。
そして、その苛立ちの原因が、自分自身の承認欲求に
ある、というところまでたどり着いた。
だから、上に挙げた質問になると思うんですよね。
これって、素晴らしい洞察だと思うんですよ。
ただ、惜しかったのは、この
 ■ 自己承認欲求を悪者扱いし、押さえようとしてしまった
というところにあります。
ここで、問題をこう定義してしまうと、本当の問題解決に
たどり着けなくなってしまうんですよね。
実は、自己承認欲求を悪とした段階で、そんな欲求を持つ
自分自身の事を承認できなくなってしまうのです。
それだけならば、自分の中だけの話で済みますが、
他人が自己承認を求める行動を取る姿を見たときに、
その他人に対しても、否定的な不快感を感じるように
なってしまうんですよね。
つまり、AさんとMさんは、まるで映し鏡のような
存在であり、Mさんが承認欲求を悪と断じて、それを
押さえよう押さえようとするほど、Aさんの承認欲求が
目についてしまい、苛立ちがますます高まってしまう、
という悪循環となってしまうのです。
だから、今回Mさんから頂いた質問は、
「問題を解決するための質問」
ではなく、
「問題では無いことを問題視して、よりこじらせていく質問」
になってしまっていたんですよね。
だから、私の最初の答えとなる、
「問題視している自己承認欲求は、問題じゃ無いから受け入れてね。
 そして、まずは自分で自分を承認してあげてね」
ということを本気でやってみると、結果的にAさんに対して
イライラすることも無くなってしまい、結果的に、問題など
無かったような状態になってしまう、というわけです。
ま、短いメッセージからの回答なので、どこまでヒットするかは
定かではありませんが、似たような事例は、自分自身の経験も
含め、結構見聞きしているので、ヒットする人にはヒットする
と思いますから参考にして下さい。
ということで、今回の問題解決のキモは、
 ★ 問題としていることを問題視しない、ということで問題解決する
というものでありました。
心や感情の問題を解決したい、という場合、
結構な確率で効果が出る問題解決方法なので、
今悩んでいる方は、是非アプローチの一つとして
取り入れてみて下さい。
※もちろん、全ての問題に対して使える考え方じゃ
 ありませんから、誤解無きように。
ちなみに、今回は事例を使ってのお話でしたが、
こちらでは、もっと多面的に、問題が起きる構造や、
解決のアプローチなどもお話しますので、
興味あったら来て下さいね。
「第5回 自分の頭で考えない問題解決法」
お申し込みはこちらへ
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20150926/f20150926/
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20150908
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス
通常のコーチングに、深層意識やスピリチュアルな
アプローチを加えた、自身の生き方や使命を深く
読み解くセッションです。
弊社マイルストーンのビジネスとは若干毛色が違うので、
別のブランド名で行っております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

セッションメニュー


■□ 各リーディングのskypeセッションも始めました! ■□
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
http://www.mstoneshop.com/
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
元々は悠木千帆という芸名で活動していたんだけど、
あるチャリティ番組のオークションでこの芸名を
出品して手放し、今の名前になったんだって。
これ豆な。
899 名前: 魅せられた名無しさん [sage]   投稿日: 2007/06/20(水) 13:41:58
 今日マックにて。
 大学生男二人の会話。
 A「あれ、『まさき』ってさぁ、どういう字書くんだっけ?」
 まさき「んぁ、俺ぇ?えっとね、田村正和の『正』に、
    樹木希林の『き』」
 A「どの『き』だよ!」
 マロンパイむせた
 
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup