仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 20 view

そもそも問題はどこにあるのか?

どうもです! 水野です。
今週は、問題解決について、あれこれ書いております。
今回は、問題解決において一番重要である、
 ■ そもそも、問題とはどこにあるのか?
について考えてみましょう。


多くの人たちは、問題であると思われる対象者、または
対象となる出来事を指さし、
「問題はこの人、また箱の出来事であり、そこに問題がある」
と考えています。
が、実は、これが大きな間違いなんですよね。
なぜなら、その人や、その出来事に対して、全ての人が、
あなたと同じ問題として認識しているわけでは無いからです。
つまりどういうことかというと、問題そのものは、実は、
自分の外にあるのではなく、
 ★ 自分がそれを問題だと認識した瞬間に問題が生まれる
ということなんですね。
問題解決をする際は、まず、これをきちんと認識して
受け入れる必要があるんですよね。
とすると、問題を解決するためには……
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
次回の自身力養成講座は、9月26日 18:15~21:15です。
テーマは「第5回 自分の頭で考えない問題解決法」
お申し込みはこちらへ
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20150926/f20150926/
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
上記のような認識をしたことが無い人は、問題を解決する
ためには、
 ■ 自分の外にある他人や環境を変える
ことが必要であると考えるでしょう。
しかし、問題が自分の内側にある、ということを
前提に考えると、むしろ、
 ★ それを問題視している自分自身を変える
ということも、視野に入れる必要があるということが
お分かり頂けると思います。
まあ、このメルマガをお読みになっている方でしたら、
自責思考も持ち合わせていらっしゃる方も多いでしょうから、
問題解決の際に、こういう考え方をしている方も、結構
いらっしゃるでしょうね。
しかし、さらに一歩進めて考えてみましょう。
真の問題解決とは、あらゆる視点からその問題を検討する
必要があると言われています。
だとすると、そのあらゆる視点の中に、
 ★ そもそも自分がそれを問題視していることが問題である
ということも、きちんと吟味検討しなければいけないんですよね。
つまり、自責思考による事後変化の極であります、
 ★ 自分がこの問題を問題とせずに受け入れてしまう決断をする
ということも、問題解決の一つの選択肢となることを、
きちんと受け止めるべきなのです。
で、面白いことに、特に人間関係の問題などは、結構な確率で、
この決断をすることによって、解消されたりするんですよね。
これは、一見すると、問題に負け、問題をあきらめてしまい、
結果として、現状が全く変わら無くなってしまうのでは?
と思われる方も多いでしょう。
しかし、問題視することを止め、受け入れたことによって、
問題視していた相手にも変化が起きるということは、
何人もの方が経験しています。
最近では、「お前には社長を継がせない!」というワンマンな
父親経営者を受け入れたことで、結果的に2代目の社長を継いだ
という話をメルマガに書きました。

自分が変わると相手も変わる、という、奇跡みたいな事例


もちろん、どんな問題も、自分が問題視せずに受け入れてしまえば
理想的に解決する、などとはいいません。
しかし、問題を問題視したまま、他人や自分を変えようとして、
それでもうまくいかないのならば、
 ★ 今のこのままの状況を、前向きに受け入れてしまう
ことで、大きく自体を変えることが出来るかもしれません。
これも一つの、立派な問題解決手法なんですよね。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20150909
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス
通常のコーチングに、深層意識やスピリチュアルな
アプローチを加えた、自身の生き方や使命を深く
読み解くセッションです。
弊社マイルストーンのビジネスとは若干毛色が違うので、
別のブランド名で行っております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

セッションメニュー


■□ 各リーディングのskypeセッションも始めました! ■□
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
http://www.mstoneshop.com/
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
この事故に遭うという問題を、自分を変えることで、
部長は解決したんだね。
望んでそうなったかどうかは知らんけど。
764 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[]   投稿日:2015/08/23(日) 10:25:40.56 ID:gzL6rotz.net
 うちの職場に前屈みになって作業する際に
 気をつけないと必ず髪の毛が引っ掛かる
 バーみたいなのがあるんだが新人が
 お約束通りに引っ掛かった。
 するとスキンヘッドの部長がこれまた
 毎回お約束通りに
 「俺もしょっちゅう引っ掛かるんだよね」と
 返すんだがもう何十回と聞いてるけど毎回笑ってしまう
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup