仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 10 view

メンバー達に努力をさせたいリーダーがやるべきこと

どうもです! 水野です。
本編の前にお知らせを
3月13日に自身力養成講座の第10回、
   【自分の捨て方活かし方】
  ~ お蝶夫人の生き様に学べ! ~
を開催します。
「エースをねらえ」のお蝶夫人について、熱く熱く語ります!!
みんな、きっと感動して泣くぞ!(笑)
ということで、詳細とお申し込みはこちらをご覧下さい
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20160313/
さて、本題を。
昨日、努力についてのお話を書きました。


【努力は決して裏切らないか?】

努力は決して裏切らないか?


ひと言でまとめると、本当の努力というものは、
 ★ 魂が喜ぶことに、思いっきり取り組む事
なんですよ、と。
やりたくないことを、やらなきゃ行けないから
と言って、やることは、努力とは言わないんですよ、と。
こういうことなんですよね。
で、たまたまなんですが、今日、友人が紹介していた
サイトにも、昨日のメルマガと似たようなことが
書いてありました。
ぜひ、こちらも参考にして下さい。
【まだ”努力”で消耗してるの?そのままだと一生結果が出ないよ】
http://outward-matrix.hatenablog.com/entry/2016/02/23/133500
こちらでもまた、やりたくないことへの努力というものは、
当人が疲弊するだけで、成長には繋がらないんですよね。
さて、この話をベースにした上で、今回は、リーダーの立場に
ある人が、どうやってメンバー達に努力をしてもらうか、
と言うことについて、考えて見ましょう。
もう、半分結論は出ていますが、リーダーが勝手に、
やってもらいたいことに対して、努力を強要しても、
全く無駄なことなんですよね。
だから、超現実的で、結果重視で考える解決方法としては、
 ★ メンバーが努力しなくても成果が出る仕組み作りを考える
ということが、一番いいでしょうね。
まあ、身も蓋もない解決策ですが、それでも、不必要に
努力を強制して、心身を疲弊させてしまうよりは、
よっぽどメンバーに優しく、成果に繋がる解決方法
だと思います。
でも、メンバー思いのリーダーの方などは、
 「そんな作業レベルのことをさせて、仕事を通じての
  メンバーの成長機会を奪ってしまうのはいかがなものか!」
と考える人もいることでしょう。
もし、そういうことを望むのであれば、そのリーダーが
やらなければいけないのは、
 ★ メンバー一人ひとりの魂が喜ぶことを理解する
ということになります。
しかし、これがなかなか簡単にはいかない。
「お前の魂が喜ぶようなことはなんだ?」
と聞いたところで、まともな答えなど返ってくる
はずがありません。
なぜなら、そんなこと、当の本人だって知らない
ケースがほとんどだからです。
なので、リーダーは、メンバーに対して、
  例え口先だけでも本人がやりたい、と言う仕事を
  思いっきりやらせてみたり
  いろんな仕事に挑戦させたり、
  ひとつの仕事を丸々任せてみたり、
といったような試行錯誤を続けながら、その経験を通じて、
そのメンバーの魂が喜ぶようなことを見つけ出して行く
必要があるんですよね。
その際、決してぶらしてはいけない観察視点として、
その物事に取り組んでいるときに、
 ★ そのメンバーの魂が喜んでいるかどうか?
という視点で見守る、と言うことが重要です。
ちゃんとやってるか、とか、結果に繋がっているか、
と言ったような、行動監視や結果の判定、といった
視点で部下を見てしまうと、肝心なところを見落とします。
ということで、もしメンバーに努力を強いるのであれば、
リーダーであるあなたは、ここまでの意識を持って、
メンバー達と接していく覚悟を決めて下さいね。
もしそれが出来ないのならば、メンバーに対して、
努力を強要することは、あきらめましょうね。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20160223
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス
通常のコーチングに、深層意識やスピリチュアルな
アプローチを加えた、自身の生き方や使命を深く
読み解くセッションです。
弊社マイルストーンのビジネスとは若干毛色が違うので、
別のブランド名で行っております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

セッションメニュー


■□ 各リーディングのskypeセッションも始めました! ■□
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
12月24日~12月31日まで、前教材半額セール実施中!
http://www.mstoneshop.com/
 
 
━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立し他ものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
赤身肉の前のくだり、いらないんじゃね?(笑)
731 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage]  投稿日:2016/02/17(水) 10:33:36.75 ID:rEdd/cGN.net
 父が医者から
 「いつも、このありえないぐらい少ない赤血球の数ですね。
  貴方みたいな体質の人が、昔は西洋では吸血鬼、日本では鬼と
  呼ばれて、人の血を飲んでいたそうですが、現代ではとにかく
  赤身の肉食べてください」
 って言われて
 「俺…昔だと吸 血鬼や鬼だったみたい」
 って落ち込んでいた。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

popup