仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 20 view

気合いと根性で物事に取り組め! と言われても取り組めない理由

どうもです! 水野です。
本編の前にお知らせを
3月13日に自身力養成講座の第10回、
   【自分の捨て方活かし方】
  ~ お蝶夫人の生き様に学べ! ~
を開催します。
人生の転機を迎えているにもかかわらず、その転機に
乗れず、自分を変えることが出来ない人や、立場や
役職が変わったのに、上手く気持ちや考えが切り替え
られない人、ぜひ来て下さい。
お蝶夫人の生き様に触れることで、きっと新しい
自分の生き方を見出すことが出来るでしょう!
ということで、詳細とお申し込みはこちらをご覧下さい
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20160313/
さて、本題を。
上でも紹介していますが、今回は、漫画を題材にして
セミナーをやることにしました。


私は、昭和のスポ根マンガも結構好きなんですよね。
今回取り上げる「エースをねらえ」もそうですが、
スポ根マンガの金字塔と言えば、ご存じ巨人の星。
また同じ原作者とちばてつや氏がタッグを組んだ、
「あしたのジョー」も、実に素晴らしい作品であります。
これらの漫画に出てくる主人公というのは、
みんな、非常に熱心に、スポーツに取り組んでいます。
いや、熱心などというものを通り過ぎて、今の時代から
見たら、ほとんどギャグのように思えるくらい、
「気合いだ! 根性だ!」
と言いながら、つらく苦しく過酷な状況に身を置き、
時に命すら落としそうになるくらい、死にもの狂いで、
そのスポーツに取り組むんですよね。
70年代を、そんな漫画を読んで育ってきた少年たちの
中には、この、すさまじいまでの生き方に憧れを感じ、
「オレもやる! やってやるぜ! 気合いだぜ! 根性だぜ!」
と、根性礼賛のような生き方を全肯定し、自分も
そう生きてやる、と思って頑張ろうとする子達も
少なくなく、その勢いで大人になっちゃった人も、
数は少ないけれどいます。
そして、そういう輩が、人の上に立つと、同じ情熱を
下の人間にも求め、それによって、多くの部下たちを
疲弊させてしまう、という残念な状態に陥っている、
というケースが今でもたまに見られます。
また、自分が気合いや根性で頑張れないことに対して、
落ち込み、自分を責める、と言う人もいる。
まあ、そこまで激しくはなくても、
「頑張ってやれ!」
と部下に言って、疲弊させる上司や、
「頑張ってやらなきゃ!」
と言いながら、頑張れなくて落ち込んでいる人、
というのは、世の中にはたくさんいます。
しかし、なぜ、あのスポ根マンガの主人公は、
あんなに気合いと根性で頑張ることが出来るのか?
根っからそういう人間だったのか、というと、
決してそんなことはありません。
最初は、いい加減な気持ちだったり、フワフワして
いたり、なんとも心許ない状態でした。
また、途中でも、何度もそのスポーツから逃げだそう
とすることだってあります。
それでもなお、結局は逃げず、あきらめず、過酷な
トレーニングを続けて、己を極めて行けたのは
いったいなぜか。
一言でいってしまえば、
 ★ 取り組んでいるスポーツが、好きでたまらなかったから
なんですよね。
皆さん、理由は違えど、その取り組んでいるスポーツが
心から好きで、その好きの深さゆえに、あそこまで過酷な
トレーニングも続けて行くことが出来るんですよね。
さて、こう考えてみると、頑張れない人に対して、
 「気合いだ! 根性だ!」
と言って、ハッパをかけることが、どれだけ意味が無いことか、
お分かり頂けるでしょうか。
取り組んでいることに対して、心から好きである、という
気持ちを持たない人間が、気合いや根性を出して頑張る
ことなど、絶対に無理なんですよ。
だから、もし、他人や自分自身に対して、頑張って
物事に取り組んでもらいたいと思ったら、まずは、
 ★ 取り組む事そのものに対して、好きになることから始める
ことが必要なんですよね。
それが出来ない状態で、他人や自分自身を頑張らせようとしても、
そりゃあ無理ってものなんですよ。
だから、もし本当に頑張らせたい、頑張りたいなら、
取り組む対象となるものを好きにさせたり、好きに
なったり、と言うところから始めないと、無理なん
ですよね。
嫌いなこと、気乗りしないことを、気合いと根性で
やらせたり、野郎としたりするのは、心を疲れさせ
いい仕事も出来無くさせてしまいます。
本当に、いいことなんてひとつも無いですからね!
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20160224
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス
通常のコーチングに、深層意識やスピリチュアルな
アプローチを加えた、自身の生き方や使命を深く
読み解くセッションです。
弊社マイルストーンのビジネスとは若干毛色が違うので、
別のブランド名で行っております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

セッションメニュー


■□ 各リーディングのskypeセッションも始めました! ■□
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
12月24日~12月31日まで、前教材半額セール実施中!
http://www.mstoneshop.com/
 
 
━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立し他ものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
なぜにその選曲(笑)
866 名前:名無しさん@HOME[sage]  投稿日:2016/02/21(日) 13:36:25.96 0
 さっきののど自慢、子供も産まれて
 周りのみんなへの感謝を込めて歌います~みたいな前置きで
 鬼束ちひろの「月光」歌ってる女性がいたけど
 「この腐敗した 世界に落とされた~ああ~あぁ~」って
 感謝の歌じゃないだろw
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup