仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 52 view

父親との確執があって悩んでいる人へ

◆───◆
       水野浩志の「自身力を高める思考のヒント」    
◆────────────────── 日刊発行 #0348 2016/03/30 ─◆
 
どうもです! 水野です。
本編の前にお知らせを
先週末に、号外のメルマガでもご案内しましたが、
4月より、個人セッションに本腰を入れるべく、
サービスと価格の見直しを行っております。
それに伴い、セッションの価格を値上げさせて頂く
こととなりました。
3月末までは旧価格でお受けしますが、それ以降は、
表記通りの金額となります。
なお、旧価格の摘要は、お申し込み時点で、という
こととなります。
セッションが4月以降でも、3月中にお申し込み頂ければ、
旧価格にて受付させて頂きます。
サービスの詳細はこちらをご覧下さい。
http://soulmission.jp/
ということで本編を。
上記のセッションでは、色々なテーマのご相談を頂くのですが、
ご相談内容を突き詰めて話をしていくと、かなりの確率で、
 ■ 親との確執
というのが、上がって来ることがあります。


特に、男性の場合、父親との確執によって、人生がよじれて
しまうこともあったりします。
そのうちの1つのパターンに、
 ■ 父を乗り越えられていない自分
という認識が問題になるということがあります。
こういう場合、ほとんどの方が、
 ■ 父親から離れ、父を越える力を身に付けようとする
んですよね。
で、それで問題が解決するか、というと、実はほぼ100%
事態は悪化していきます。
なぜなら、実の息子が牙を剥いて父親に襲いかかる以上、
最終的には、
 ■ 戦いの末の勝者と敗者
という関係となってしまい、どちらが勝にせよ、当然の
ことながら、力尽くで倒された敗者は、勝者に対して
気持ちの良い感情も持てないし、認めることも難しい
でしょう。
そして、勝敗を決めることによって、親子の本当の和解も
出来なくなってしまうんですよね。
こういうときの相談者の本音というのは、かつことではなく、
上にも書いたとおり、
 ■ 親に認めてもらいたい
ということなんですよね。
で、そこから先は、勝手に
 ■ 父親に勝てば、自分は認められるのでは
と思い込んでしまい、勝手に対立し、反発していって
しまうんですよね。
なので、この手合いの問題を解決するには、
いっそ逆の発想をした方が良いんです。
つまりどういうことかというと、
 ★ 父親に負けたことを認め、父から今一度教えを請う
ということなんですよ。
そうして、父親から、改めて色々なことを学ばせてもらい、
それを足がかりに、成長をしていく。
そのプロセスを経て、父を越えることが出来たとき、
 ★ 父親を乗り越えながら、父親と和解が出来る
状態になるんですよね。
まあ、父親への対立意識が強い人似、こういうことを言っても
受け入れがたいでしょう。
でも、自分の成長の阻害要因が、自分を苦しめている問題が、
いつまでもいつまでも残り続けているのならば、今までとは
全く真逆のアプローチをとっていかないと、ことの解決は、
ほぼ難しいでしょう。
だから、勇気を振り絞って、まずはいったん父親の軍門に
降ってみましょう。
特に、この話は、後継者の方たちなどに良く現れてきます。
受け入れがたい、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、
本気で自分を変えたいのならば、一度は本気で考えてみても
損は無いかも知れませんよ。
 
 
親という存在の乗り越え方
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20160330
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス
通常のコーチングに、深層意識やスピリチュアルな
アプローチを加えた、自身の生き方や使命を深く
読み解くセッションです。
弊社マイルストーンのビジネスとは若干毛色が違うので、
別のブランド名で行っております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

セッションメニュー


■□ 各リーディングのskypeセッションも始めました! ■□
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
12月24日~12月31日まで、前教材半額セール実施中!
http://www.mstoneshop.com/
 
 
━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立し他ものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
きっと、そのうちにR15指定とかになるに違いない。
子供の読めない昔話(笑)
591 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage]  投稿日:2016/03/28(月) 12:57:33.01 ID:f1jMxkst.net
 この絵本について父兄の方へ
  ・小さな男の子の性器が出てきますがポルノの意図はありません
  ・残った桃はお爺さんとお婆さんが全て食べています
  ・動物に人間の食べ物をやる描写があります
  ・暴力表現があります 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

popup