仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 35 view

それでも謙虚でいたいという人へ

どうもです! 水野です。
今月の、イベント情報であります。
まず、前者後者勉強会が、5月20日に開催されます。
自分と違うタイプの人同士が対話をし会っていくうちに、
自分の考え方や価値観があぶり出されてきて、他者を
理解すると共に,今まで気付かなかった自分も見えてくる、
非常に面白い勉強会です。
詳細はこちら
http://m-stn.com/seminar/bf/
 ※残席あと9席!
もうひとつ、毎月好例となっております、自身力養成講座の
第13回が、5月22日に開催されます。
こちらは、過去2回にわたって行ってきた,水野浩志の成長物語の
番外編であります、私とかみさんとの話であります。
結婚後事業が失敗し、どん底に落ちたとき、夫婦関係も
サイアクとなっていました。
そこから、どうやって夫婦関係を修復していったか、つまびらかに
語っていきます。
ということで、詳しくはこちらへ
http://m-stn.com/seminar/s20160522/
 ※残席あと13席!
ということで本編を。
昨日は、読者の方からの質問を受けて、こんなメルマガを
書きました。
【自分がのことを晴らしいと思ったら、傲慢になるのではないか?
 と心配する人へ】

自分がのことを晴らしいと思ったら、傲慢になるのではないか? と心配する人へ


今回のメルマガで私の質問にお答え頂き、ありがとうございます。
すると、質問して下さった方から、また質問を頂きました。
  「何が出来た。何をやった。という成果とは別に、
   ただ単に自分の素晴らしさを受け入れる」
   
   という事だと解釈しました。
   それは自分に対しても、他人に対しても。
  でも、他人から賞賛される時は、大抵は何かの成果に対して
  賞賛を得られるものだと思います。
  その際には、
  ・自分の存在の対する素晴らしさは受け入れる。
  ・でも、成果に対しては、より高みを目指すために謙虚に。
  という姿勢がいいのでしょうか?
とのこと。
まあ、この質問に対しては、一言でいえば、
 「知らんがな! もう好きにしてちょーだい!」
 
という、身も蓋もない返答をしておきます(笑)。
だって、こんなものに正解も何もないですからね。
思いたいように、考えたいように思えばいいと思います。
なので、この質問はスルーしようかな、とも思ったんですが、
あえて取り上げたのは理由があります。
それは、
 ■ 「謙虚」という言葉のとらえ方が不自然な人が目立つ
 
ような気がしたからなんですよね。
その不自然さがなんなのか、最初は解らなかったのですが、
あれこれ考えてようやく解ったことが、
 ■ 「謙虚」というものを、目的を達成する手段と捉えている
 
というところなんですよ。
例えば、今回の方は、謙虚になる理由が、自分を成長させるため、
という目的になっています。
他にも、生意気だと思われないために、とか、不用意に目立って
叩かれないように、といった目的を果たそうとするために、
謙虚になろうとする人たちもいます。
以前の私も謙虚というものを、そのように捉えていました。
しかし、今こうして考え直してみると、
「これって、本当の意味で謙虚って言えるのかな?」
と思っちゃうんですよね。
謙虚って、そういうもんじゃないでしょうね。
謙虚って、なろうと思ってなるもんじゃないんでしょう。
相手を敬い、色々な人やことに感謝する心の持ちようが、
謙虚というあり方に現れていくんじゃないかと思うんですよ。
そして、そういう心の持ちようになるためには、昨日のメルマガで
書いたような、自分と他人の素晴らしさをきちんと受け止めて
おかないと、ならないんだろうと思うんです。
まずはそこからスタートしないといけないんじゃ無いかと
思うんですよね。
だから、質問の中にあったように、もし自分が、何かの
成果を出して、人から賞賛されたとしたら、無理に謙虚に
なろうとなんかする必要ないんですよ。
成果を出せた自分の素晴らしさを,ただひたすら噛みしめれば
いいだけだと思うんです。
昨日のメルマガにも書いたとおり、「自分は素晴らしい人間である」
ということを受け入れるということは、
 ★ 自分を素晴らしい人間として産み落としてくれた親祖先に感謝
   しながら、自分の素晴らしさを大切にして生きると決意する
   
ことなのですから。
そういう感謝の気持を持てば、素晴らしい成果を出したのは、けっして
自分1人の功績だとは思わないでしょうし、そう思うようになれたら、
無理に謙虚になろうとなどしなくても、既に謙虚な姿勢になっているん
ですよね。
それなのに、「謙虚」と「自分は素晴らしい」を無理矢理切り分け、
やれ、成長するためには、とか、生意気に思われないように、
などといった、我に囚われた気持ちで,謙虚になろうとするなど、
本末転倒だと思うんですよ。
何度も言いますが、無理に謙虚になどなろうとする必要はありません。
それよりも、本当に自分も他人も素晴らしいということを、
徹底的に理解していくことにエネルギーを注ぎましょう。
その向こう側に、本当の謙虚さというものが,一緒にあるのですから。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20160511
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションにご興味ある方はこちらへ

セッションメニュー


● 継続セッションの無料相談面談始めました
  詳しくはこちらへ

私、プチンと切れてしまいました。


━━━━━
 ● 香港で公開ワークショップを行います!
━━━━━
今年の初めにも、香港で講演をさせて頂きましたが、
その時に招待して下さった、インテリジェンスSMC
コンサルティング様の主催で、1日の公開ワークショップを
開催する事となりました。
今回は、SMC様の会員企業の方以外でも参加できます。
香港在住の経営者またはマネジメント層の方で
私のワークショップにご興味ありましたら、
是非いらしてください。
詳細とお申し込みは、こちらをご覧下さい。
http://www.smcltd.com.hk/consult/seminarDetial.asp?id=310
※ お申し込み時に「水野の紹介」と書いて頂けましたら、
  特別価格にて受講できます!
━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立し他ものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
結婚前の女子必見の雑誌です!
http://blog-imgs-94.fc2.com/m/o/u/mousouteki/tumblr_o6swhrV66u1rp8y35o1_1280.jpg 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup