仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 28 view

自己肯定感・自己重要感を高めるための方法は?

◆───◆
       水野浩志の「自身力を高める思考のヒント」    
◆────────────────── 日刊発行 #0429 2016/08/09 ─◆
 
どうもです! 水野です。
本編の前に8月のイベントのお知らせを。
まず、13日は前者後者勉強会の番外編として、
1DAYセミナーを開催します。
1DAYといいましても、90日間のグループフォローも
入りますので、実質、90日間のグループセッション
を行うものとお考えください。
自分を根本から変えたい方には、チャンスかもしれません。
詳細はこちら
http://m-stn.com/seminar/bf/manual01/
また、毎月恒例の自身力養成講座は、28日に開催となります。
タイトルは、「腹が立たない人になる方法」です。
感情のコントロールがなかなか出来ない人、と悩んでいる方、
または、そういう方が身近にいて困っている、という方は、
是非いらしてくださいね。
詳細はこちらです。
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20160828/
ということで本題を。
今日は、昨日のメルマガの続きであります。
未読の方は、こちらをご覧下さい。
【自己肯定感・自己重要感を持つ、とは、思い上がることではない】

自己肯定感・自己重要感を持つ、とは、思い上がることではない


さて、では、どうやって、自己肯定感・自己重要感を
持てば良いか、ということについてお話しましょう。
以前の私もそうでしたが、自己肯定感・自己重要感が無い、
または低い人は、まずは頑張って自分を成長させたり、
能力を高めようとします。
そして、その結果、世間から認められるような実績や
結果を出そうとします。
そういう実績や結果が出れば、自分のことを肯定でき、
自分のことを重要視できると信じているからです。
しかし、そういう人間に限って、自分が頑張って出した
実績や結果をまっすぐには受け止めず、
「こんな程度じゃダメだ!」
といいながら、自己肯定感・自己重要感を一切
持とうとしないまま、さらなる頑張りに走って行って
しまうんですよね。
まさに、負のスパイラルにはまり込んでいる、といった
状況であります。
では、なんでこうなるか、というと、一言でいってしまえば、
 ■ 自己肯定感・自己重要感が高まっていないから
  
ということに尽きるんですよね。
といわれると、自己肯定感・自己重要感を高めようとして
頑張っている人たちからは、ひんしゅくを買ってしまうかも
しれませんが、でも本当のことなんですよ。
この自己肯定感、自己重要感というものは、例えて言うなら
メガネのようなものなんですよ。
自分のことを肯定し、自分を重要であると感じている人は、
それを前提にして、色々な出来事や結果を受け止めます。
  
自分のことを肯定せず、自分を重要でないと感じている人は、
それを前提にして、色々な出来事や結果を受け止めます。
さて、その結果はどうなるでしょうか?
全く同じ出来事や結果が起きていたとしても、2人は
全く違う解釈をして、全く違う行動をし、結果、全く
違う人間になっていってしまうんですよね。
だから、自己肯定感・自己重要感を高めるためには、
まず最初に、
 ★ まずは自分を肯定し、自分が重要である、とする
 
という、マインドセットが必要なんですよね。
そういう前提条件で行き始めていくうちに、だんだん、
自分のことを肯定できるような、自分が重要である、と
思えるような証拠が、集まってくるようになるんですよ。
だから、まずは根拠も証拠もなく、自己肯定感・自己重要感が
高い、ということにして、人生を生きていきましょう。
そこからスタートしないと、いつまでたっても
負のスパイラルから抜け出せませんよ。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20160809
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションにご興味ある方はこちらへ

セッションメニュー


● 継続セッションの無料相談面談始めました
  詳しくはこちらへ

私、プチンと切れてしまいました。


━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立したものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
あいつら、戦隊ヒーローだったのか?!
537 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage]  投稿日:2016/08/08(月) 16:21:38.37 ID:2Xd84yjb
 「5人がタテに並べば、敵からは一人に見えるのだ!」
 とか言うナレーションが入って、一番後ろから一人ずつジャンプして
 敵に不意打ちをくらわす、という技を
 子供ながら「そんなバカな」と思いつつイキオイに流された
 記憶があるんだけど、あれ戦隊シリーズのどれだっけ?
538 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage]   投稿日:2016/08/08(月) 16:33:26.24 ID:DHwwLSUs
 エグザイル?
539 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage]  投稿日:2016/08/08(月) 16:42:05.34 ID:8+ZU66rm
 >>538
 ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup