仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 12 view

ある教師の悲痛な叫びを聞いて思ったこと

どうもです! 水野です。
facebookを見ていたら、知人がこんなサイトを
紹介していました。
【先生の大変さを理解して!働き詰めの中学教諭が出した「悲痛なSOS」】
https://curazy.com/archives/150634
これを読んで、私はもうホントひと言、こう思いましたわ。
「そんなにしんどかったら、帰れよ!」
って。
まあ、ずーっと昔の私ならば、
「何を甘ったれたことを言ってる先生なんだ! もっとしっかりしろ!」
と言ってましたし、2,3年前なら、
「学校側の体制がおかしい! なんとかしなければ!!」
 
って言ってただろうけれど、今はもう、ただ、
「そんなにしんどかったら、帰れよ!」
って、そう思うだけです。
これね、学校だけじゃなくて、会社も同じですよ。
ほんとね、こういう状態になったらね、SNSで愚痴呟いてないで、
組織のことなんか考えず、さっさと帰ってゆっくり休むことですよ。
そこを踏みとどまって頑張って、心や体を壊して、長期的に
休んじゃったりしたら、そっちの方が迷惑だしね。
働きたかったら、それこそ、何時まででも残って働けば良いし、
しんどくて体壊しそうになったら、帰って休めば良い。
組織にどうこう言うんじゃなくて、自分の意志で決めれば良い。
もし、その意志によって、組織があなたをスポイルするなら、
その組織には、あなたにとっても、絶対にいない方がいいんですよ。
それは、組織がおかしいか、あなたが自分に向いていない仕事を
無理してしているかの、どちらかなんですから。
どちらにしたって、あなたがそこにいる意味、価値、意義、
ってものは、全くといって良いほどないんですからね。
でも、変に責任感の強い人だと、
「自分が休むと、他の人に迷惑がかかる!」
って思うかもしれませんね。
だけど、もし、あなたが休むことで、周りの人に迷惑がかかる、
という状態になっても、気にすることはありません。
周りの人だって、それで自分がしんどくなったら、
止めて帰れば良いだけの話なんですから。
そうやって、みんながやりたいことをやって、
やりたくないこと、出来ないことををやらずに
いても、結構組織というのは回っていくことだって
あるんですよ。
もし万が一、組織が回らなくなったとしても、それは、
あなた方の問題ではなく、経営者の問題。
彼らに解決を委ねましょう。
そうすれば、経営者の方が、考えを改め、職場環境も
変わるかもしれませんしね。
もし改まらなければ、それまでの組織、という事で、
消滅していきますが、それはそれで良いんじゃないか、と。
世の中に必要な組織ではなかった、と言うだけの
ことですから。
これ、かなり無茶なことに聞こえるかもしれませんが、
本来は、こういう考え方の方が、自然だし、当たり前
なんです。
自然で当たり前のことが出来なくなっている状態の方が、
おかしいんですよ。
自然で当たり前のことをやると回らなくなる組織って、
組織の方がおかしいんです。
でも、そのおかしい組織を、声高に責めながら、
結局自分は組織の言いなりになって、体壊れそうに
なるまで、働いている人は、おかしな組織以上に
おかしな状態になっているんですよ!
だから、もしあなたが、今回紹介した先生のような
状況に置かれ、先生のような気持ちになっていたとしたら、
「あ、今自分は、おかしくなってるんだな」
って、いったん冷静になった方がいいですよ。
その上で、自分をまずは大切にしながら、
自分が下すべき結論を、しっかりと下して
いってくださいね。
★☆イベントのお知らせ★☆
  
9月22日
 前者後者番外編
 自分と他人を理解するユング的タイプ論ワークショップ
 http://m-stn.com/seminar/bf/mbti/
 ※ 定員15名 残席5席!
9月24日 
 【第17回】自身力養成講座
  ~言いたいことをきちんと言える人になる方法~
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20160924/
 ※ 定員20名 残席14席!
 
10月8日
 前者後者勉強会 in 大阪
 http://m-stn.com/seminar/bf/
 ※定員15名 残席10席!
  
11月6日
 【第3回】性格改善トレーニング 
 http://m-stn.com/seminar/bf/manual01/
 ※ 定員6名 募集開始! 
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20160920
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションにご興味ある方はこちらへ

セッションメニュー


● 継続セッションの無料相談面談始めました
  詳しくはこちらへ

私、プチンと切れてしまいました。


━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立したものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
今日のはちょっと笑えないかな。本編ともかぶるし。
まあ、信じるか信じないかは、あなた次第ですが……
99 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]  投稿日:2016/02/04(木) 07:29:21.33 ID:aXh2QjMs0.net
 日本人の特徴である集団行動もアメリカの心理学者が
 考えたものらしいね。
 本当はアメリカでも国民を都合良く動かすために集団行動
 根付かせたいんだけど、個人主義が強いから無理だった
 それで実験的に日本でやってみたら上手くいったって、
 前読んだ本に書いてありました。

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. 科学的人材育成法 観察編

  2. どんな人でも育てられるようになる、重要な考え方

  3. ネガティブなことをを感じたときの正しい対処法4ステップ

  4. 間違った部下の信じ方

  5. リーダーは「頑張る」を過剰評価しない

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31