仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 23 view

あなたが部下に見せる姿

こんにちは! 水野です。
毎月開催しています、自身力養成講座ですが、
1月の講座は以下の通りです。
第33回 本当に役に立つ目標の立て方2018
~やる気が生まれ1年が充実する目標作りの秘訣~
時間は、14:00~17:00(延長の可能性有り)、場所は、
東京都池袋駅周辺(お申込者には別途お知らせします)です。
詳細及びお申込はこちらからお願いします。

第033回 本当に役に立つ目標の立て方2018


※定員20名 残席11名!
さて、本題へ。
もしあなたが、メンバーをやる気にさせ、前向きに働いて
くれるようにしていきたかったとしたら、あなたの働く
姿というのは、大きな影響を与えます。
その姿とは色々あるかと思いますが、日常的に見せ続けていく
姿として、かなり影響が大きいと私が思っているのは、
 ★ いかに活き活きとたのしげに働く姿を見せられるか?
ということです。
自分たちが取り組んでいる仕事に対して、上に立つリーダーが
つまらなそうに、つらそうに、しんどそうに、苦しそうに
働く姿を、日常的に見せていたとしたら、そのリーダーの
そばで毎日働くメンバーたちの気持ちに、どのような影響を
与えてしまうかは、容易に想像がつくでしょう。
リーダーが見せるネガティブな姿がメンバーに与える
負のエネルギーは、相当なものになります。
チームの雰囲気もさることながら、彼らのやる気を奪い、
結果的に生産性を大きく下げてしまうことになってしまいます。
もちろん、リーダーが活き活きと働いたら、必ずみんなが
自発的に働くか、といったら、そんなことはないでしょう。
が、私自身の経験や、チームのメンバーを育てている人たちの
姿を見ていると、日常的な姿は、やはりたのしげだし、ポジティブに
前向きに仕事に取り組んでいますよね。
それが、いい影響をメンバーに与えているのは、間違いないと思います。
なので、もしあなたがリーダーであるならば、つらそうに、つまらなそうに、
苦しそうに、しんどそうに仕事に取り組むのではなく、是非、たのしそうに
仕事に取り組む姿を見せていって下さいね。
どうやったら、たのしそうに仕事に取り組めるか、については、また明日!
■□■□■□■□■□ 今日のひと言 ■□■□■□■□■□
たのしそうに仕事に取り組む姿を見せよう

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20180122
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
●毎月開催されている自身力養成講座の詳細とご案内はこちらへ

自身力養成講座〜自らの人生を切り拓く力を身に付けよう〜


● 個人セッションにご興味ある方はこちらへ

セッションメニュー


● 継続セッションの無料相談面談始めました
  詳しくはこちらへ

私、プチンと切れてしまいました。


━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立したものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
世代的には、問題ないと思いますが(笑)
221 国境なき名無しさん sage 2017/11/17(金) 04:18:17 QZPL7w9J0
 夕食後、テーブルの横でうたた寝をしていた父がうなされていたので
 私は母と、「悪い夢でも見ているのかな?」と話していると、突然
 「ライダー、助けてっ!」と父が叫んだ
 ちなみに父は56歳です
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup