仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 16 view

人を動かす力とは

━━━━━
  ● 餃子の王将、最高!
─────
今日、mixiのニュース欄で、気になるものを見つけました。
タイトルが、
「“アメトーーク”効果で『餃子の王将』が大盛況」
というもので、ニュースの提供元はORICON STYLEさん。
詳細はこちら → http://www.oricon.co.jp/news/movie/57002/full/
記事を要約すると、先日放送されたアメトークで、餃子の王将好きの
芸人が集まって、餃子の王将のすばらしさを語る、という内容の
番組を放送したら、全国の餃子の王将が繁盛した、というお話。
私、この時の番組見ていたんですが、芸人さんたちが
みんな、楽しそうに、かつおいしそうに話すもんですから、
やっぱり餃子の王将、行きたくなったんですよね。
で、家の近所にないか、その場でネットで調べようとしたんですが、
その時には、すでにこの番組を見ていた人が殺到していたようで、
餃子の王将のサイトが、見られなくなってしまっていました。
この「アメトーク」という番組、私好きで、見られるときには
よく見ているんです。
とにかく、テーマがマニアックなものが多く、最近では、
家電ショップ、自転車、キン肉マンなど、好きな人には
たまらないんだろうけど、興味ない人には……というものばかり。
でも、なぜか興味ないテーマでも、聞いていると面白いし、
そのうちに、そのテーマに当たるものが、欲しくなったり
行きたくなったりしてしまうんですよね。
また、この番組、深夜枠でありながら、結構視聴率が良いようで、
家電ショップの時には、15.2%という視聴率を取ったとか。
この数字、今やっているフジの月9ドラマの平均視聴率と
ほぼ同じですよ。すごいですね。
しかし、何でまた、これほどにマニアックな番組が、こんなに
視聴率を取っているのでしょうか?
そして、さしたる興味もなくその番組を見ていた人たちが、
最後には、動かされてしまうのでしょうか?
私は、芸人さんたちの話芸というものだけではないものがあると
思うんですよね。


━━━━━
  ● 人を動かす力とは?
─────
先日の編集後記にも書きましたが、私、この間の研修で、
懐中電灯マニアという人にあったんです。
私は、懐中電灯には、もう全く興味なんてもんはなかったんですが、
彼の熱心な話しっぷりに、引き込まれ、結局家に帰ってからも
懐中電灯をサイトで探し回るような状態になってしまいました。
また、専門学校で講義をしていたときの生徒のひとりは、
何かにつけて、自分の好きなものを一生懸命私に語って来ました。
好きな女優さんの話とか、劇団の話とか。
私も、そちら方面は嫌いではなかったのですが、彼の話を聞いて
いるうち、やはり、彼の熱意にほだされて、普段だったら行かない
舞台劇に行くことになりました。
かくいう私も、結構好きなものを熱く語るタイプでして、
時々このメルマガで、本や映画を紹介したりしますよね。
そうすると、その発言に反応して、読者の皆さんが本を買ったり、
映画を見たりして、そのご報告を頂区ことがよくあります。
これらの話と、アメトークの話とでは、共通点があると思います。
それは何かというと、
 ★ 本気で好きなものを話す
ということ。
自分の好きなもの、愛してやまないものを、熱心に語る。
この本気の情熱が、人を動かす大きな要因になるんじゃないかと
思うんですよね。
私の場合、「人を動かす」ということは、自分のビジネスにおいても
大きなテーマとなっていますが、その原点はこの
 ★ 自分自身が本気になり、それを伝える
というもの。
これがベースにあって、初めて周りの人を動かすことが出来るのだと
思うんです。
研修などでは、部下が動いてくれない、と嘆く上司がいます。
そして、部下を動かすコミュニケーションテクニックを教えて欲しい
という人がいます。
しかし、そういった人の多くは、コミュニケーションの前に、
やるべきことがあるケースがほとんどです。
それが、この【自分が本気になる】という決意。
人を動かすには、コミュニケーションの技術も、
もちろん必要ではあります。
しかし、その技術を学んでも、うまくいかないという人は、
今一度胸に手を当てて、自分がどこまで本気で取り組んでいるか、
見つめ直してみてはいかがでしょう。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  人を動かす程の本気さを自分が持っているか、確かめてみよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ただし、ここで勘違いしないで欲しいのですが、
あくまでもここで言う本気とは
 ★ 自分が取り組むことに対して本気になる
ということであり、決して
 ■ 他人を動かすことに本気になる
という訳ではないことは、肝に銘じておいてください。
私も以前、これについては何度も失敗しているんですが、
相手を動かそうとすることに、あまりにも一生懸命本気で
取り組むあまり、相手にうっとうしがられたり、自分が傷ついたり。
まあ、目も当てられないような状態に陥ったことが多々ありました。
部下が言うことを聞かない、とか、思うように仕事に取り組んでくれない、
という気持ちが先走ってしまうと、どうしても
 ■ 相手を動かしてやろう
という気持ちになってしまいがちです。
しかし、こちらが思い通りに動かそうとすればするほど、
人は自分の思惑通りには動かないものです。
私がここで、というより、いつも言っている
「人を動かす」
という意味は、
   自分の人生に本気で取り組み、その行動・言動で、
   結果的に人を動かすような人間になろう、
という意味なんですよね。
だから、もし私がある人に対して、こうなって欲しいと思って
でもそうならないとしたら、
 ● 私が相手に望むことが間違っている
 ● まだ相手が動くタイミングではない
 ● 私自身の取り組みの本気さが足りない
の、いずれかなんだと思う様にしています。
自分自身の人生に、本気で取り組んでいるかということが、
人の行動に影響を与える。
人をどうこうしようということでなく、こんな風に思いながら
毎日を過ごしていくと、心安らかに自分を成長させることが
出来るかもしれませんね。
 
 
◆◆ 教材・セミナーのご案内 ◆◆
 ┌───
┌────
●コミュニティを主催したい方必見のセミナーです
 継続的なクライアント獲得・育成を行うために必要な、
 新しいこれからのビジネスモデル「コミュニティ」に
 ついての、企画から運営までの実践的ノウハウを学ぼう!
  ★☆ 水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー☆★
   →http://sp.m-stn.com/seminar/community/index.php?sid=3t
 ※ 定員20名 現在お申し込み者2名です!
 ┌───
┌────
●コーチ・講師・コンサルタント・カウンセラーの方必見のセミナー
 自分の商品・サービスの単価が倍増し、なおかつお客様が今まで以上に
 満足し感謝されるようになる、品質向上のための具体的手法を学ぼう
  ★☆ 水野式・自己分析によるゼロからの商品発掘セミナー☆★
   →http://sp.m-stn.com/seminar/analyze/index.php?sid=3t
 ※ 定員20名 現在お申し込み者3名です!
 ┌───
┌────
●なぜ、私が研修やセミナーの9割以上をクチコミやリピーターで集客でき、
 そして参加者の8割に成果をもたらす、そんな信じられない高品質セミナー
 を毎回創り上げられるのか?
 セミナー構築アドバイザー水野浩志が語る本物のセミナーメソッド。
 ただ今、【限定無料公開中】!
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/freesem/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 私に5時間ください。そうすれば私はあなたを、
  『参加者に確実な成果をもたらす講師・教育者』
  に大変身させることができます。
  セミナー参加者の8割に対し、48時間以内に行動を促すほど
  高品質なセミナー・研修構築術を今ここに公開します。
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ここ連日、凄い雨が降りますね。
昨日は、夕方から夜にかけて、バケツひっくり返したような
雨が降り、雷も、思いっきり近くに落ちていました。
ホント、ここ数日の天気は、異常な感じであります。
まあ、暑い日の夕立、ということでは珍しくはないのでしょうが、
なにやら、今日8月6日は、関東あたりに大きな地震がくるかも、
という噂が流れているようでして。
鵜呑みにしてパニックになるのはどうかと思いますが、
用心するに越したことないですよね。
ということで、私は今日は、何があっても大丈夫なように、
自宅で、家族一緒にいながら仕事をしようと思っています。
皆さんもお気をつけくださいね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup